スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


オフィーリア

OpheliaOphelia

閉店・移転、情報の修正などの報告

クジャクをテーマにしたバー。おしゃれなバーは世界中どこにでもありますが、細部まで徹底的にこだわったことで根底からバーのイメージを覆しました

みなさんこんにちは、香港ナビです。バーでお酒を飲みながら会話をするのは楽しいものですが、雰囲気が良ければよりお酒も美味しく感じられます。今回ご紹介するOpheliaはクジャクをテーマにした幻想的なバーです。

湾仔駅から徒歩数分の距離にあります

店の入口

店の入口

行き方は非常に簡単です。MTR湾仔(Wan Chai)駅A3出口に出ます。目の前の交差点を渡ったらすぐ右向かい、まっすぐ進みます。3つ目の交差点を左に曲がると突然、お洒落な通りが現れます。まっすぐ進むとすぐ右手にレンガの壁と白いフレームで囲われた入口があり、そこに入ります。エレベーターに乗り、左に曲がると正面に入口が現れます。駅の出口から数分で到着できます。
MTR湾仔駅

MTR湾仔駅

A3出口

A3出口

A3出口を出たらまっすぐ進みます

A3出口を出たらまっすぐ進みます

交差点を渡ります

交差点を渡ります

渡ったらすぐ右に曲がりまっすぐ進みます

渡ったらすぐ右に曲がりまっすぐ進みます

しばらくすると左手にきれいな通りが現れます

しばらくすると左手にきれいな通りが現れます

まっすぐ進むと右手にこのような建物があります

まっすぐ進むと右手にこのような建物があります

中に入ってエレベーターに乗り込みます

中に入ってエレベーターに乗り込みます

降りたら、左手に行けば店の入口です

降りたら、左手に行けば店の入口です

クジャクがテーマの幻想的な世界

店に入った瞬間からこの店は、従来のお洒落なバーとは一味違う事が分かります。クジャクがテーマですから、受付の上には多数の鳥かごがぶら下がっているのです。さらに中に入っていくと、クジャクのはく製2羽とその間に天井からつりさげられたハンギングチェアがあります。照明がいろいろな色に変わるだけでも雰囲気があるのですが、クジャクのはく製及び羽がそもそも緑や青の不思議な色なので、それがあわさって不思議な色合いを醸し出しています。
いくつかの空間に分かれているのですが、その境目の上の部分はアーチ状にすることで中華庭園を意識した作りにしています。周りをみるとクジャクのワールドが全開で、クジャクの羽根の模様を描いたタイルがなんと60万個という膨大が壁などに張られています。床のタイルは翡翠がはめられるなど豪華絢爛。バーテンダーがカクテルをつくるカウンターの後ろには2つのベッドのようなものがあり、21時になるとチャイナドレスを着たダンサーによるショーが繰り広げられます。バーカウンター向かいの奥に、鳥かごを意識したケージがある部屋があります。そこにもブランコがぶらさがっていて、そこでもダンサーによるパフォーマンスを観る事ができます。ちなみにパフォーマンスをする女性は常時6人いるそうで、ローテーションを組んでパフォーマンスをするそうです。
入口直後の鳥かご

入口直後の鳥かご

ここで記念撮影をする人も

ここで記念撮影をする人も

クジャクの羽根をイメージしたタイル

クジャクの羽根をイメージしたタイル

バーカウンター

バーカウンター

カウンターの後ろでパフォーマンスをするダンサー

カウンターの後ろでパフォーマンスをするダンサー

鳥かごをイメージした場所

鳥かごをイメージした場所

デザイナーはバンコク在住オーストラリア人

店の大きさは4800平方フィートで座席数は130。立つ人を含めると収容人数は300人になります。テーブルにはクジャクの足の足あとの模様をつけるのなど細部のこだわりっています。水曜日や週末はDJによる音楽も流されます。この店を設計したのがオーストラリアの西海岸、パース出身で、現在はバンコク在住のアシュリー・サットンさん。タイではすでにユニークなバーをデザインしていることで有名です。アシュリーさんは「Iron Fairies」という違うコンセプトのバーを香港、バンコク、東京に開いているので、行く機会がる人はこちらも訪れてみて下さい。
ソファ

ソファ

テーブル席

テーブル席

このブランコでもパフォーマンスが行われます

このブランコでもパフォーマンスが行われます

個性的なカクテル

バーですから、お酒から紹介していきましょう。見た目が派手なのは「Uncaged」(120ドル)です。カクテルが鳥かごに入れられています(混雑時には運ぶのが障害になるのでカクテルのみのサービス)。テキーラベースで、オレンジリキュール、グレープフルーツジュース、サクランボなどで作られていて、氷の上にはドライフラワーがまぶされています。美しい赤い色をしていますがテキーラベースなので、あまり甘くはない大人の味。マティーニとも違いますが、ドライな味です。
「Hisbiscus Fizz」(135ドル)はシャンペンにナシ、ハイビスカスウォーター、ピーチリキュールが入ったカクテルです。シャンパンが入っているので金色がかった色で、グラスの上にはハイビスカスの花が載っています。少し甘めでピーチの味がする女性向けのカクテルです。名前が忘れられない「Paparazzi」(140ドル)は、黒色のカクテルなので、これまた強烈な印象を与えてくれます。オレンジジュース、バナナリキュール、ラム、シャンペンなどが入っています。写真ではわかりにくいですがグラスの下にサングラスがデコレーションとして一緒に運ばれてきます。これはお持ち帰り出来るそうです。ラムの香りが効いていて、ほんのり苦みを感じさせてくれる大人の味です。
鳥かごに入ったUncaged

鳥かごに入ったUncaged

ハイビスカスの花がきれいなHisbiscus Fizz

ハイビスカスの花がきれいなHisbiscus Fizz

大人の味のPaparazzi

大人の味のPaparazzi

フードも充実

料理ですが、料理に名前つけず、素材をそのまま名前にしているパターンです。「Marinated beef, green mango, sesame dressing」(98ドル)は牛肉のマリネに、グリーンマンゴとセサミドレシングがかかっています。ごまの風味とマンゴペーストのソースが牛肉の味を引き立てます。「6 Oysters, cucumber, lemongrass granite」(168ドル)は新鮮なカキが6つ運ばれてきます。そのまま食べるのですが、塩味がしっかりついていますし、かつレモンの味もするのでさっぱりしています。キュウリも味のアクセントになっています。定番といいますか、安心して注文できるのは「Fish cake, chips and sweet chili sauce」(118ドル)です。魚のだんごを上げたものとフライドポテトを甘辛のチリソースで食べるのですが、これがお酒にあうことは言うまでもありません。
お酒がすすむMarinated beef, green mango, sesame dressing

お酒がすすむMarinated beef, green mango, sesame dressing

みずみずしさがにじみ出ている6 Oysters, cucumber, lemongrass granite

みずみずしさがにじみ出ている6 Oysters, cucumber, lemongrass granite

しっかり食べたい人にぴったりのish cake, chips and sweet chili sauce

しっかり食べたい人にぴったりのish cake, chips and sweet chili sauce


Alessioマネジャー

Alessioマネジャー

いかがでしたか? この店のデザインはアシュレーさんですが、実際にお店を切り盛りしているのはAlessio Gurrieriマネジャー。イタリア人の彼でも「こういったバーはイタリアでもほとんど見かけません。我々はスタイリッシュなーバーですが、高いクオリティーのサービスも提供していきますので、ぜひ来店してください」とメッセージをくれました。もし、お店で見かけたら、Alessioさんに話しかけたり、注文をお願いしてみるのもいいでしょう。以上、香港ナビがお伝えしました。








記事登録日:2016-12-27

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:HK$

Hisbiscus Fizz

img 135

Paparazzi

img 140

Uncaged

img 120

Marinated Beef, green mango, sesame dressing

img 98

6 Oysters, cucumber, lemongrass granite

img 168

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-12-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供