スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


香港街市(ホンコン・ガイシー)

香港街市香港街市

閉店・移転、情報の修正などの報告

ランタオ島の東涌にある普通の公団住宅の中に現れた1960〜70年頃の懐かしい香港の街並み!香港ファン悶絶必至の名所が新たに誕生しました。

こんにちは香港ナビです。
ここ数年、香港独特のレトロなアイテムを取り入れたレストランやショップが増えていますが、香港人の生活にはなくてはならない街市(Fresh Market/市場)にまで、アミューズメントパークのようなレトロデザイン・マーケット「香港街市」が登場しました!

場所はランタオ島の東涌駅からバスで10分弱のところにある、ごくごく普通の公共団地「逸東邨(Yat Tung Estate)」にあります。
2016年8月に観光で訪れることはまずないであろう、普通の団地内にあった街市(市場)「逸東街市」が1960-70年代の九龍城をコンセプトに「香港街市」と名前を変えて生まれ変わりました。ごくごく普通の香港の団地内にできた「香港街市」ですが、デザインの面白さだけではなく衛生面も向上し、街市初心者でも安心して楽しめる場所です。
「観光地」としての発展を目指すランタオ島、東涌の新しい観光名所としても活躍しそうな「香港街市」をご紹介します。

香港街市への行き方

MTR東涌駅

MTR東涌駅

MTR東涌駅B出口、昂平(NGONG PING)360方面から出てまっすぐ進んだところにあるバスターミナルへ向かいます。38番の「逸東邨(Yat Tung Estate)行き」に乗車し、終点で降ります。バスを待つ人の長蛇の列ができている時もありますが、利用者が多いこともありバスは絶え間なく来るので心配いりません。乗車時間は約10分弱です。

逸東邨があるランタオ島は、香港国際空港をはじめディズニーランド、香港のベネチアと呼ばれる「大澳」や有名ブランドが揃うアウトレットーモール「Citygate Outlets」、世界最大の屋外大仏で有名な「寶蓮寺」、そこまでの足となるケーブルカー「昂平(NGONG PING)360スカイレイルSkyrail」、昨今のアウトドアブームで香港人の週末アクティビティで人気の「北大嶼山郊野公園」など、近年国内外問わず多くの人が訪れるエリアになりました。
ランタオ島観光の行きや帰りに寄ってみるのもいいかもしれませんね。
改札を出たところには地図があるのでバス停の場所を確認!

改札を出たところには地図があるのでバス停の場所を確認!

昂平360方向のB出口から出ます

昂平360方向のB出口から出ます

2017年1月現在、Citygate Outletsが一部改装中でこのような外観ですが、まっすぐ進むとビルの下がバスターミナルになっています

2017年1月現在、Citygate Outletsが一部改装中でこのような外観ですが、まっすぐ進むとビルの下がバスターミナルになっています

38番のバス停は広いバスターミナルの向かい側

38番のバス停は広いバスターミナルの向かい側

38番逸東邨と確認したら乗車しましょう!

38番逸東邨と確認したら乗車しましょう!

ところで街市(ガイシー)って?

街市(ガイシー)とは香港内各地に多数ある生鮮食料品などを小売りする市場の総称です。
食を大切にする香港人の生活には欠かせない存在で、大きな団地や居住区の近くには必ずあり、朝から晩まで多くの人で賑わっています。街のいたるところにスーパーマーケットもある香港ですが、まだまだ街市で買物をすることを好む人が多い香港、街市は新鮮さと安さで香港人の胃袋を支えています。
近年は衛生上の面からも屋内のものが増え、街市によっては熟食中心(フードコート)を併設しているところもあります。

逸東邨に到着しました!

帰りも同じバス停の場所から東涌へ帰ります

帰りも同じバス停の場所から東涌へ帰ります

逸東邨(Yat Tung Estate)に到着したらバスの進行方向前方左手に進むと、KFCの向かいに「香港街市」と生まれ変わった街市があります。建物外側にも昔の香港を想わせる装飾や、テイクアウト専用のお店が並んでいたりで、すでにここからワクワクしてしまうこと間違いなし。
バス停すぐのところに広場があり、左方向へ進みます

バス停すぐのところに広場があり、左方向へ進みます

ショッピングセンターにあるKFCの向かいに位置します

ショッピングセンターにあるKFCの向かいに位置します

入口は狭めですが、ネオン看板があるのでわかりやすい

入口は狭めですが、ネオン看板があるのでわかりやすい

レトロなポストはカラフルに色付けされてポップなオブジェに

レトロなポストはカラフルに色付けされてポップなオブジェに

イギリス植民地時代のポスト!すごい!

イギリス植民地時代のポスト!すごい!

旧天星埠頭で見たのが最後の人力車に再会!

旧天星埠頭で見たのが最後の人力車に再会!

外にある飲食店の上にも唐樓風装飾で雰囲気を出しています

外にある飲食店の上にも唐樓風装飾で雰囲気を出しています

反対側の入口横には香港の庶民の食堂「茶餐廳」!

反対側の入口横には香港の庶民の食堂「茶餐廳」!

懐かしい香港がここかしこに

約3ヶ月の大改造を経て、オープンした「香港街市」は広さ約26000スクエアフィート(約2,415㎡)あり、見応え十分です。昔懐かしいアイテムの多くは当時のものをアンティークショップから仕入れてきたものも少なくないとか。
入口を入った途端、60〜70年代の香港にタイムスリップした感覚になること間違いなし。店舗の上部は唐樓と呼ばれる古い住居の様子を再現しています。
突き出た物干し竿に無造作にかけられた洗濯物や飛び出た看板、英語と広東語並記の通り名まで、つくりが本当に細かい!
昔の香港が大好きだったナビにとっては、「きゃぁ〜!きゃぁ〜!」の連続です。

啓徳空港時代の名物、九龍城上空をまじかに飛ぶ飛行機

啓徳空港時代の名物、九龍城上空をまじかに飛ぶ飛行機

約11mの紙でできた飛行機が頭上を飛んでいます

約11mの紙でできた飛行機が頭上を飛んでいます

唐樓の窓ひとつひとつが細かい!

唐樓の窓ひとつひとつが細かい!

昔は多かった質屋の看板も今では懐かしいものへ

昔は多かった質屋の看板も今では懐かしいものへ

昔の九龍バス!

昔の九龍バス!

レトロ広告なども細かく見てみると面白い

レトロ広告なども細かく見てみると面白い

どうも、お薬の広告が多い気がします

どうも、お薬の広告が多い気がします

こちらもお薬

こちらもお薬

今でも使えそうなリアリズム

今でも使えそうなリアリズム

有名な「九龍皇帝」風です(内容は違うけど)

有名な「九龍皇帝」風です(内容は違うけど)

思わず王家衛ごっこをしたくなるようなコーナー

思わず王家衛ごっこをしたくなるようなコーナー

コスプレしてセルフィ撮る人とかいるかもしれませんね

コスプレしてセルフィ撮る人とかいるかもしれませんね

普通の街市より豊富な品揃えかも?

海外卵も取り揃える卵屋さん

海外卵も取り揃える卵屋さん

典型的な街市に比べて、欧米、韓国、日本などの野菜や果物も揃っている印象がありました。

観光で香港に来ている場合は、生鮮食料品を買う機会はないかと思いますが
中華調味料や乾物、香港スイーツ、香港式パンなどで街市ショッピングに挑戦してみてはいかがでしょう?
新鮮な野菜がてんこ盛り!

新鮮な野菜がてんこ盛り!



街市といえば生鮮食料品

従来の街市は、日本人にとって衛生的に少し苦手...という人も多かったと思いますが、香港街市は通路のスペースを広めにとり照明も明るく、とても衛生的に運営されているので、街市独特のにおいなどもまったく感じませんでした。これはびっくり。

道幅が広く床が濡れていることもない!

道幅が広く床が濡れていることもない!

豊富な野菜の種類には驚かされる

豊富な野菜の種類には驚かされる

スーパーより新鮮な果物が並ぶ

スーパーより新鮮な果物が並ぶ

通路が広く、明るいので高齢者の方たちも買い物がしやすそうだ

通路が広く、明るいので高齢者の方たちも買い物がしやすそうだ

魚の種類も多いが、他にカエル、スッポンなんでもござれ。

魚の種類も多いが、他にカエル、スッポンなんでもござれ。

いけすでお魚がピチピチしています!

いけすでお魚がピチピチしています!

苦手な人が多い鶏肉専門店...

苦手な人が多い鶏肉専門店...

Before

Before

After

After

豚肉屋さん

豚肉屋さん

ねり物系のお店を通ると、お鍋にしたくなります

ねり物系のお店を通ると、お鍋にしたくなります

入口すぐのパン屋さん

入口すぐのパン屋さん


その他のショップ

各店舗ともレトロなインテリアが印象的です。以下の写真はほんの一部です。実際に足を運んで、ぜひ探索してみてください!
菠蘿飽、雞尾包などの香港ローカルパンが並ぶ!

菠蘿飽、雞尾包などの香港ローカルパンが並ぶ!

スタッフ募集にも少しレトロ調...

スタッフ募集にも少しレトロ調...

香港スイーツ(駄菓子系)のお店

香港スイーツ(駄菓子系)のお店

めでたい系饅頭

めでたい系饅頭

亀ゼリーのチェーン店「海天堂」

亀ゼリーのチェーン店「海天堂」

お米も昔ながらの量り売りスタイル

お米も昔ながらの量り売りスタイル

乾物も揃います

乾物も揃います

香港といったら焼味は絶対ですね!

香港といったら焼味は絶対ですね!

鶏の足も山盛り...

鶏の足も山盛り...

仏具と縁起物のお飾りが一同に揃う店

仏具と縁起物のお飾りが一同に揃う店

金魚屋さん

金魚屋さん

お花屋さん

お花屋さん

引いてみると、本当に昔の街並みのようです

引いてみると、本当に昔の街並みのようです

香港式接骨院のような「跌打」

香港式接骨院のような「跌打」

印尼(インドネシア)のグロッサリー

印尼(インドネシア)のグロッサリー

東南アジアの調味料や食材、日用品が売っていました

東南アジアの調味料や食材、日用品が売っていました

スナックやお惣菜もインドネシア本場の味です!

スナックやお惣菜もインドネシア本場の味です!

床屋さんもインテリアだけではなく、ちゃんと営業中

床屋さんもインテリアだけではなく、ちゃんと営業中

番外編

古い映画館のような入口は駐車場への入口

古い映画館のような入口は駐車場への入口

チケット売り場は街市カスタマーサービスになっている

チケット売り場は街市カスタマーサービスになっている

トイレはこちらのドアの先

トイレはこちらのドアの先

トイレに壁の装飾にも

トイレに壁の装飾にも

最近「女界」の文字も見かけなくなった気が...

最近「女界」の文字も見かけなくなった気が...

洗面台が可愛い。わざと汚れた感じにしているらしい

洗面台が可愛い。わざと汚れた感じにしているらしい

買い食い編

ひと回りしたら、お腹を満たしたくなりますよね!

街市の前や団地の広場にはベンチがたくさんあるので、天気の良い日には外で食べるのもよし、隣接する茶餐廳や、ショッピングセンター内にある飲食店でお腹を満たすのもいいかもしれません。

せっかく香港人の日常生活が垣間見られる団地に来たのだから、団地に住んでいるかのように時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

水餃麺 HK$25

水餃麺 HK$25

粉果 HK$10

粉果 HK$10

豆腐花 HK$8

豆腐花 HK$8

もうひとつの入口側には茶餐廳がある

もうひとつの入口側には茶餐廳がある

こちらにも美味しそうな焼味が〜!

こちらにも美味しそうな焼味が〜!


いかがでしたか? 香港レトロ・懐古ブームが定着しつつある最近の香港。以前は文化的、歴史的なことに無頓着だった香港人も、欧米化や中国化と目まぐるしく変わり続ける中、「香港らしさ」「香港のアイデンティティ」を大切に守っていきたいとする気持ちが強くなってきているのかもしれないなとナビは感じました。
以上、香港ナビがお伝えしました。


記事登録日:2017-01-24

ページTOPへ▲

関連タグ: 街市 レトロ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-01-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供