スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

香港スイーツ・スペシャル!!

ナビ特選の香港スイーツの数々を、とくと御覧あれ!!これであなたもスイーツが食べたくなる…

こんにちは、香港ナビです。 香港のスイーツは、数あるアジアンスイーツの中でも美容によかったり健康によかったりで大人気!おまけに貿易自由港だから世界中からあらゆる食材が集まるので、その種類の多さにはびっくりです!どんなにおなかいっぱいでも、甘いものは別腹って言いますが、その通りだと思いませんか? 不思議と食べれるのですよね、これが。太るのは嫌だけど、香港スイーツは香港に来たら絶対はずせない!香港ではいろんな種類のスイーツのお店がいたるところにあるので、お買い物で疲れたときの一休みに是非立ち寄ってください。日本のようなしゃれた喫茶店がほとんど無いので、スイーツで休憩しましょう。今日はナビの選んだおすすめベスト5のスイーツをご紹介します。どれもこれも美味しそうでしょう?いっそスイートの食べ歩きって言うのはいかがですか?

1.牛乳プリン 

香港でプリンといえば、マンゴープリンが有名ですが、この冬場にぜひとも試していただきたいのが牛乳プリンです。特におすすめは生姜入りの牛乳プリン(HK$20)、体が内側から温まります。ここのスイーツは全般的に甘さは控えめ、量も多くも無く少なくも無く、ちょうどいい感じです。もちろんプリンは作り置きしてあるので、注文からすぐに出てきます。一口ほおばると暖かくてなんだか懐かしい味がするのです。やっぱり生姜のせいでしょうか。生姜は体を温めるので、女性にとっては嬉しい味方。さっぱりしてて控えめな甘さなので、ナビは一度に3つくらいペロッといっちゃいます。消化がいいので、夕食前に食べても大丈夫です。マンゴープリンの陰に隠れた存在の生姜いり牛乳プリン、ぜひ一度お試しあれ。
牛乳プリンで有名な義順牛奶公司はチェーン店で、どちらかというと下町に多く出店してます。ナビが行ったのは銅鑼湾の波斯富街(Percival Street)にある義順牛奶公司です(この支店は2008年6月に閉店しました)。 このお店、口コミで日本人のお客さんが増えてきたのでメニューも簡単な日本語版が用意されてます。日本人価格じゃないから安心してくださいね。実はナビは週に最低でも2回、ここの生姜いり牛乳プリンを食べに行きますが、結構日本人のお客さんが入っているのを目にします。特に綺麗なレストランじゃなくて、どちらかというと食堂みたい。でも店内は明るいし、働いているおばさんも明るいです。でも混み合ってくると相席になるので、嫌な人は比較的空いている時間帯を狙って行ったほうがいいでしょう。

2.ドリアンのプリン(榴連[木ヘンに連]布甸)

香港では、日本ではあまりお目にかかることのできないトロピカルフルーツがたくさん手に入ります。そんなトロピカルフルーツの中でも「果物の王様」といわれているのがドリアン。その独特な匂いもあって、敬遠する人も多いみたいです。かく言うナビも、ドリアンはまだ食べたことがありません。というか、あの臭いは正直…という感じで、生ドリアンにはとてもチャレンジできないです。そこで、香港ならではのデザート、ドリアンプリンの登場です!これなら、生ドリアンよりも臭みを感じずに、抵抗なくドリアンにチャレンジできちゃう気がするでしょう?それでは、食べてみましょう!!
出てくる直前から、ドリアンのあの臭いが漂ってきました。さすがに臭いばかりはどうしようもないですね。フタつきで出されてきたのはそのせいかな!?といっても、街市で売られている生のドリアンと比べれば、臭いもだいぶ抑えられている気がします。
フタを開けるとこんな感じ。ドリアンの果肉が真ん中のくぼみに入っています。食べてみると、その臭いからは想像できない、独特の上品な甘みが広がります。ちょっとだけ口の中に臭みを感じるのは確かですが、しかしそんなことよりもドリアンの味のほうがクセになりそうな感じ。なんというか、ドリアンのあの臭みが、口の中でうまみに変わるような不思議な感じです!食べてみると思ったよりくせはないし、これなら臭いが…なんて二の足を踏んでいる人にもチャレンジする価値ありの一品です!
このお店、そもそもは西貢(サイクン)という、新界の東側にある海鮮で有名な海辺の町で始まった、香港デザート界でも有数の有名どころなんです。西貢の女性たちが、デザート好きが高じてお店を開いた、というだけに、なかなかオリジナリティの高いデザートが揃っているのが特徴です。そんな満記も、今や西貢だけでなく、香港各地に9つもの支店を持つデザート界の大御所となっています。 このお店は、ドリアンもそうなのですが、マンゴープリンやマンゴーパンケーキでよく知られているお店なので、そちらの方も是非食べてみてはいかがでしょうか。また、余裕があれば、西貢の本店まで行ってみるといいでしょう。
今回お邪魔したのは、上環(ションワン)の西港城(ウェスタン・マーケット)にあるお店です。ここだけのオリジナルメニューとして、満記薑汁雪糕 Ice Ginger Souffle(ショウガのアイスクリーム)もありましたので、ナビも食べました。ショウガの味はかなり強いながらも、口あたりがさわやかなのが特徴です。ジンジャーというくらいですから、ジンジャーエールに似た感じの味わいがアイスクリームによくマッチしています。さすが、変わり種デザートに強い満記ならではの一品です。

行き方
MTR港島線 上環(ションワン)駅A1出口を出て、電車通りぞいに歩くと、レンガ造りの建物が見えてきます。徒歩で5分程度。
※ トラムの場合は、上環(西港城)行きのトラムなら終点下車。その他堅尼地城(ケネディタウン)行き、石塘咀(セットンツイ)行きも経由します。

上環徳輔道中323號 西港城地下4-8舗
4-8 G/F Western Market , Des Voeux Road Central,Sheung Wan. Hong Kong
本店:西貢普通道
Po Tung Road , Sai Kung , Hong Kong

3. 子イノシシ型卵黄クリーム揚げ饅頭 (奶密炸刺猪Deep Fried Bun filled with Egg Custard

原型は「奶黄包」ライ・ウオン・バオ(Steamed Bun filled with Egg Custard)という名前の蒸した卵黄クリーム入りのお饅頭で、それを揚げたのが「炸奶黄包」ジャー・ライ・ウオン・バオ。飲茶のデザート・メニューによく登場します。ただの真ん丸い形で出てくるところもありますが、やっぱりウリ坊(いのししの赤ちゃん)の方がダントツに可愛い!揚げたての熱々を食べるのが一番。外はパリパリで、中はクリームがトロリ。
3匹で肩を寄せ合うウリ坊たち。

3匹で肩を寄せ合うウリ坊たち。

「僕を食べるの?」そんな顔で見つめないで。

「僕を食べるの?」そんな顔で見つめないで。

かわいそうだけど、お尻をガブリ。

かわいそうだけど、お尻をガブリ。

「一人ぼっちになっちゃったよー。僕も早く食べて。」

「一人ぼっちになっちゃったよー。僕も早く食べて。」

映月楼(Serenade Chinese Restaurant)
住所:尖沙咀香港文化中心1楼
1F Hong Kong Cultural Centre, Restaurant Block, Tsim Sha Tsui
Tel: 2722-0932
URL: http://www.maxims.com.hk
営業時間:午前11:00~午後23:30 (月~金)
午前09:00~午後23:30(土・日・祝)
クレジットカード:Visa, Master, JCB, Diners, Amex

行き方:
チムサーチョイのペニンシュラ・ホテルの向かい側、ビクトリア・ハーバーに面した香港文化センター(Hong Kong Cultural Centre)の1階。最寄駅は地下鉄尖沙咀(チムサーチョイ)駅E出口から出てまっすぐ進行方向へ進み、丸いドームが見えたらその隣が香港文化センター。路面では渡れないので、ペニンシュラホテルの横の地下道を通って向かい側へ。ここまで駅から徒歩約5分。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2005-12-30

ページTOPへ▲

その他の記事を見る