スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

香港の昼ごはん ~ローストご飯を食べよう!~

ボリュームたっぷりでほとんどはずれなしのローストご飯は香港庶民の強い味方。

こんにちは、香港ナビです。今回は香港の典型的かつ伝統的昼ごはんとして、ロースとご飯をご紹介します。広東語では焼味飯(シュウ・メイ・ファン)といいます。どこで食べても、プレゼンテーションに多少の差はあるものの、まず当たり外れなく美味しい正統派B級グルメ。香港に来たら、是非試していただきたいメニューのひとつです。

店先に肉がぶらさがっていたら、間違いなくローストご飯が食べられます。
このように、高級レストランから、茶餐廰(香港式大衆食堂)まで、香港ではローストをぶら下げてディズプレイしているのをよく見かけます。このローストだけをテイク・アウトして晩御飯のおかずにするということも可能です。
ローストの最高峰といえば、パリパリの皮だけをスライスして食べる贅沢な北京ダックですが、

ローストの最高峰といえば、パリパリの皮だけをスライスして食べる贅沢な北京ダックですが、

それを肉の部分までしっかりご飯に乗せてたべるのが、ローストご飯といってしまうのは、ちょっと強引でしょうか…。

それを肉の部分までしっかりご飯に乗せてたべるのが、ローストご飯といってしまうのは、ちょっと強引でしょうか…。

チャーシュー(焼き豚)も蘭の花なんかが添えられて出てくるとなんだか、高級料理っぽいですが、

チャーシュー(焼き豚)も蘭の花なんかが添えられて出てくるとなんだか、高級料理っぽいですが、

ご飯のうえに乗っけると、たちまちB級グルメに様変わり。

ご飯のうえに乗っけると、たちまちB級グルメに様変わり。

ローストご飯には、たいていプラス数ドルで中華スープをつけることができます。こうなると、もう完全に満足の一食となります。
応用編。ご飯ではなく、瀬粉(ライ・ファン)という透明の太い麺の上にローストがのっているメニューも一般的です。とくに焼鵝瀬粉(シュウ・オウ・ライ・ファン)は人気のスタンダード・メニュー。
テイク・アウトもイート・インも両方ポピュラーなローストご飯。
ナビで以前ご紹介した青空市場にあるロースト屋さんは、レストランではなく、テイク・アウトのみ。ローストだけ、あるいはご飯つきでお弁当として購入できます。

どこでも食べられるローストご飯ですが、やはりどうせなら専門店で食べるのがおすすめ。

昔ながらの個人店もあれば、チェーン展開している店もあります。店構えやお皿などの見た目に若干の差はあるものの、ローストご飯はまさに飾りっ気なしの素材本位メニューなので、だいたいどこも同じです。でも、味にこだわるグルメな方の中には「~のチャーシューはやっぱり違う」などとおっしゃる方もおられるので、食べ比べしてみて格別のローストを見つけるのも面白いかもしれません。ご飯はお茶碗2膳分ぐらい入っているので、かなりのボリューム。お店にもよりますが、値段は大体どこでも25ドル~30ドルぐらいで、5ドルほどの追加料金で飲み物やスープがセットになって付いてくる場合もよくあります。

龍華焼臘茶餐廰
(Lung Wah Roated-meat Restaurant)
住所:銅鑼湾登籠街41号地下
GF, 41 Tang Lung Street, CWB
Tel: 2576-6549
営業時間:午前7:00~午後23:00
店先でおじさんが金華ハムや中華ソーセージを切ったりしているかなりローカル度の高い老舗。それだけに、味は保証付き。生き残るにはそれなりの理由があるのです。ナビの個人的意見としては、ローストだけでなく、白いご飯の炊き方が絶品で超おすすめ。
太興焼味(Tai Hing Roast Restaurant)
住所: 銅鑼湾利園山道49−57號 寶明大厦地下J舗
G/F Shop J, Po Ming Bldg., 49057 Lee Garden Road, Causeway Bay
Tel: 2576-8961
営業時間:午前7:00~午後23:30
チェーン展開しているお店。コーズウエイ・ベイの他にも、セントラル、チムサーチョイなど、香港中で現在19店舗。

お店で食べる場合:

焼肉 (シュウ・ヨック) ロースト・ポーク(皮付き)
ここでは5星級焼肉飯というすごい名前がついていました。でも、一皿HK$28。
ローストご飯の付け合せの野菜の定番は菜心(チョイサム)という中国青菜。
叉焼 (チャーシュー)ハニー・ロースト・ポークと油雞(ヤウ・ガイ)ロースト・チキン(皮の茶色いもの)の2種類のせ。一皿HK$30。
チキンに必ずついてくる葱と生姜の入ったオイル。塩味が効いていて、鶏肉につけても、ご飯に混ぜても美味しい調味料。
脆皮焼鵝飯は焼鵝(シュウ・オウ)ガチョウのローストご飯。一皿HK$28。
プラム・ソース。ドロッとした甘い梅のジャム。鴨やガチョウを食べる時は必ず一緒に出てくる調味料。
ローストの話題からちょっとはずれますが、ここ太興焼味の名物ドリンクのアイス・ミルク・ティー。氷が溶けてミルク・ティーの味が薄くならないように、外側から氷で冷やしています。でも、たったのHK$15。

テイク・アウトの場合:

切雞 (チッ・ガイ)  ロースト・チキン(皮の白いもの)
忘れずに葱・生姜オイルがかかっています。
焼鵝(シュウ・オウ)  ガチョウのロースト
ローストご飯の美味しさのもうひとつの決め手はこのご飯にかかったソース。味はお醤油よりもっと優しく、うなぎのタレをサラサラにしてかなりマイルドにした感じ。ご飯をしっとりさせる効果もあって、ナビはこのソースのかかったご飯に葱・生姜オイルを混ぜただけでも十分満足。(って、おい、主役のローストを忘れてるよ、君。)
切雞と叉焼の2種類のせ。しかも、鹹蛋(ハム・ダン)という塩漬けアヒルの卵(ひとつHK$5) のトッピング付きという豪華版。また、ローストからちょっと話はそれますが、香港ではウルトラマンのことを鹹蛋超人(ハム・ダン・チュウ・ヤン)と呼びます。ウルトラマンの目がこの卵に似ているからなのです。

いかがでしたか?日本でも、牛丼やカツ丼が好きでがしがし食べてますという方は絶対に気に入ると思います。是非お試しください。感想まってまーす。以上、ナビがお送りいたしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2006-06-15

ページTOPへ▲

その他の記事を見る