スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

香港マダムが教える!香港おすすめショッピング情報

香港駐在マダム御用達のショッピングモールやインテリア、雑貨のお店。マダムに人気の隠れ家ショップも一挙にご紹介します。

こんにちは、香港ナビです。毎回大人気の「香港駐在マダムシリーズ」。今回は、香港駐在マダムが教えるショッピング情報ということで、人気のショッピングモールやインテリアショップから、マダム流ショッピングのテクニックまでお伝えしていきます。駐在員奥様に人気の隠れ家的ショップもご紹介いたしますので、ぜひマダムになった気分で香港ショッピングをお楽しみください。

駐在マダムおすすめのショッピングモール

香港にはブランドショップや高級スーパーマーケット、また映画館が入ったショッピングモールが多数あります。中でもマダム達の間で人気ベスト3は、こちら。

第一位 IFC Mall(IFCモール)

中環(セントラル)、「インターナショナル・ファイナンス・センター(國際金融中心)」の中にあるこちらのモールは、フェラガモやD&Gなどの高級ブランドショップから低価格帯のZARAやMANGOなどが、ゆったりとしたスペースで並んでいます。1階には、映画館とカフェ「パレスIFCシネマ&カフェ」が、また香港在住日本人に人気の高級スーパーマーケット「シティスーパー」があります。また、アニエスbが仕掛ける高級レストランやフラワーショップ、フレンチやイタリアンなどオシャレなレストランが続々と登場し、話題を集めています。さらに、こちらのモールから、フォーシーズンズ・ホテルへ直結しているところも魅力。モールでお買い物をした後に、ホテルのレストランでお食事、なんていうときにも便利です。
IFC Mall(IFCモール)
住所(広東語):中環金融街8
住所(英語):8 Finance Street, Central
電話:2295-3308
営業時間:10:00~20:00(店舗によって異なる)





第二位 The Lee Gardens(リー・ガーデンズ)
香港マダムが、お抱え運転手の車からすっと降りてくる姿をよく目にするのが、こちらリー・ガーデンズ。場所柄、高級住宅街に近い立地から、本物のマダムたちが買い物をする光景が目立ちます。G階には、ルイ・ヴィトンやエルメス、カルティエなどの高級ブランド。地下には、高級スーパーマーケット「グルメT」があります。
隣接しているリー・ガーデンズ2にもトッズやロエベなどの高級ブランドから、上のフロアには、高級子供服ブランドのショップまで揃っています。日本では未入荷のフランスの子供服ブランド、「jacadi(ジャカディ)」は、センスよいデザインと色使いで、日本人にも人気のブランド。出産を前にこちらでベビーグッズをまとめ買い、なんていうマダムまで。マクラーレンとコラボレーションしたベビーカーも人気です。
The Lee Gardens(リー・ガーデンズ)
住所(広東語):銅鑼灣希慎道33號利園
住所(英語):Lee Gardens, 33 Hysan Avenue, Causeway Bay


第三位 Prince’s Building(プリンス・ビルディング)
規模は小さいですが、セントラルの駅に隣接しているビルの一つにこちら、プリンスビルディングがあります。欧米人のお客様が大半を占めるこちらのショッピングモールは、G階には、高級時計ブランドやジュエリーブランドが並んでいます。上のフロアは、インテリアショップや雑貨店、また洋書を取り扱うブックストアもあります。
フランスの高級チョコレートショップ、メゾンド・ショコラやコバなどのカフェもあり、また、西洋人に人気のイギリスの高級スーパーマーケット「Olivers(オリバーズ)」では、日本ではなかなか見かけないヨーロッパの香り溢れる食材に出会えます。

Prince’s Building(プリンス・ビルディング)
住所(広東語):中環遮打道10號 太子大廈
住所(英語):Prince’s Building, 10 Chater Road, Central

駐在マダムに人気のインテリア、雑貨ショップ

第一位 Lane Crawford(レーン・クロフォード)
やはり一番の人気は、イギリスのインテリアショップ、「Lane Crawford(レーンクロフォード)」。セントラルのIFCモールとコーズウェイベイの「タイムズスクエア」、そしてアドミラルティの大型モール、「パシフィックプレイス」、そしてチムシャッツイの「ハーバーシティ」に入っています。中でも一番広く品揃えが充実しているのが、近年リニューアルオープンした「パシフィックプレイス」のショップ。家具から、キッチン用品、バス用品など抜群のセンスでセレクトされたものが並んでいます。
Lane Crawford(レーン・クロフォード)
住所(広東語):金鐘金鐘道88號
住所(英語):88 Queensway Admiralty
電話番号:2118-3668
営業時間:月〜日 10:00−21:00




第二位 Heather & March(ヒーザーアンドマーチ)

フランスの有名食器ブランド「Gien(ジアン)」や高級リネン、また銀製品などを扱う香港でもっともラグジュアリーなインテリアショップの一つ。プリンスビルの中にあり、ひときわ華やかなテーブルセッティングが目につきます。お客様をもてなすことの多い西洋人や香港人のマダムたちに人気のショップ。上品で、かつクオリティの高いものだけが集められたこちらのショップでは、香港ではなかなか手に入らない高級なテーブルクロスなど、フランスへのオーダーも可能です。
Heather & March(ヒーザーアンドマーチ)
住所(広東語):中環遮打道10號太子大廈110-111室
住所(英語):110-111 Prince’s Building, 10 Chater Road, Central
電話番号:2530-0686
営業時間:月〜日 10:00−19:00




第三位 OVO home(オヴォ・ホーム)
チャイニーズテイストの家具やインテリア小物は、こちらのショップがお勧め。香港人デザイナーによるアジアやヨーロピアン調の小物や雑貨が美しく飾られ、まるでギャラリーの中にいるような気分にさせてくれます。地下は、家具専用フロアになっていて、シンプルでモダンな家具の数々が並んでいます。香港の生活に、少しチャイナなイメージのものを取り入れたい、なんて奥様に人気のショップです。お箸や花瓶など小さいものは、お土産にも喜ばれています。
OVO home(オヴォ・ホーム)
住所(広東語):香港灣仔皇后大道東16號地下
住所(英語):16 Queens Road East, Wanchai
電話番号:2526-7226 
営業時間:月~土 10:30~19:30、日祝 14:00~19:30

日本からの友人に勧めたいショップ

次に、日本から友人が来たときにお連れするショップをご紹介します。ちょっと足を延ばしてスタンレーにチープな子供服を買いに行くのもおもしろいですが、ここでは、香港の中心部にあるお勧めのお店をご紹介します。

第一位 H&M(エイチ・アンド・エム)
日本にも上陸し話題を集めていますが、こちら香港でも大人気のお店。日本よりも品揃えが豊富で子供服も充実しています。また、セントラルにあるH&Mは、3フロアに渡る大規模なショップ。常ににぎわっています。さらに香港では、SALEの時期が多いのがうれしいところ。ますます安くなっていて、まとめ買いをしたくなります。
H&M(エイチ・アンド・エム)
住所(広東語):香港中環皇后大道中68號
住所(英語):68 Queens Road, Central, Hong Kong
電話番号:2110-9546
営業時間:月〜土曜日10:30〜22:00、日曜日11:00〜21:00


第二位 Marks & Spencer(マークス・アンド・スペンサー)
イギリス系のデパート。西洋人に人気のこちらのデパート。シャツやパンツなどセンスの良い物がリーズナブルな価格で買えるとあって、多くのファンに支持されてきていますが、こちらの隠れた人気エリアが、地下の食料品売り場。G階からちょっと奥まったところにあるエスカレーターを降り、地下の奥にある小さなスペース。こちらは、オシャレにパッケージされたお菓子が山のように並んでいて、どれもお買い得価格。お土産にピッタリです。他にもヨーロッパの珍しい食品が並んでいて、見ているだけで楽しくなります。
Marks & Spencer(マークス・アンド・スペンサー)
住所(広東語):中環皇后大道中28號中匯大廈
住所(英語):Central Tower 28 Queens Road Central Hong Kong
電話番号:2921-8059


第三位 上海灘(シャンハイ・タン)
やはり、香港にいらしたからには、中国テイストの服や小物が気になります。毎回季節に合わせて新作も発表されるので、香港リピーターの方にも毎回お連れしたくなるショップです。時期によっては、ファミリーセールをやっていて、定価の半分、またはそれ以下、というものもあるので、チェックして出かけたいものです。また、駐在奥様方の中で、帰国されるご家族に、こちらのフォトスタンドやスリッパなどを差し上げるというケースが多く見られます。日本では手に入らない、香港の生活を思い出させてくれる贈り物、そんなコンセプトにピッタリなのでしょう。
上海灘(シャンハイ・タン)
住所(広東語):中環畢打街12號畢打行G/F&B/F
住所(英語):G/F&B/F Pedder Bldg. 12 Pedder Street, Central
電話番号:2525-7333
営業時間:月〜土 10:00−20:00 日祝 11:00−19:00

大人気の隠れ家的ショップ

そして、香港駐在奥様に口コミで大人気の隠れ家的ショップを二つご紹介いたします。いずれもマンションの一室やビルの一室にあり、知る人ぞ知るショップ。予約を入れて買い物に行く、というマダムスタイルでショッピングを楽しみます。

Farah Collections(ファラ・コレクションズ)・・・せつ子の店
駐在員奥様の間では、「せつ子さんのお店」という愛称がいつの間にか定着し、今ではすっかりそのまま店名になってしまったというこちらのお店。オーナーの雀(つい)せつ子さんが始められたこちらは、閑静な高級住宅街にあるマンションの一室にあります。お買い物をする際は、予約の連絡を入れてから訪れるというシステム。一切宣伝をせず、口コミで広がったこちらは、当初は、デュポン社の下着の販売からスタートしたそうです。その後、チャイニーズテイストの小物や陶器がヒットし、オーナー自ら企画し、デザインしたオリジナル商品の小物入れや、ステーショナリー、陶器が、びっしりと並んでいます。最近では、日本からもその評判を聞いて、ホテルから予約をしていらっしゃる方も増えているそうです。小さなポーチ類やレンゲなどの食器はお土産に喜ばれています。
Farah Collections(ファラ・コレクションズ)
住所:香港北角雲景道60號峯景大厦3樓H-3
住所(英語):Suite H-3, Hilltop Mansion, 60 Cloud View Road, North Point, Hong Kong
電話:2807-3355
営業時間:月~金 10:00~16:00 (訪問時は必ず予約を入れてください。)
土   10:30~15:30 (訪問時は必ず予約を入れてください。)
日・祝 (ご相談)


K.Y. Network(ケーワイ・ネットワーク)

こちらも正式な店名よりも、「川島さんのお店」、と呼ばれて、駐在員奥様の間で人気のお店。オーナーの川島さん独自のルートを通じて、ホテルやレストランに卸している、一般には手に入らないウェッジウッドのテーブルウエアが、リーズナブルな価格で購入することができます。真っ白で丈夫な食器は、どんなお料理でも映えるシンプルなデザインです。また、一つ一つ手書きで描かれた中国柄の陶磁器も人気。友人の方を通して、アメリカやヨーロッパからも、ツアーを組んで川島さんのお店にいらっしゃるそうです。さらに、こちらには、一般に出回っていないホテル仕様の「クリストフル」のカトラリーも扱っています。お願いすると引き出しから、布に包まれた輝くスプーンやフォークが現れます。香港在住のうちに、一通り揃えていかれる奥様も多いそうです。
K.Y. Network(ケーワイ・ネットワーク)
住所(広東語):香港九龍尖沙咀柯士甸道130號嘉碧大廈5樓A室
住所(英語):Unit A, 5/F., Capri Building, 130 Austin Road, Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong
電話:2367-4699
営業時間:10:30~19:00(要予約・終了時間は相談に応じます)

香港駐在マダム流「香港ショッピングの裏技」

一年中いたるところで見られる「Sale」の文字。でも決してすぐには手を出さないところがポイント。香港では、Saleが始まってSale価格が表示されていても、それが日を追うごとにさらにプライスダウンされていきます。お目当てが、すぐに売り切れてしまうこともありますが、じっくり時を待つ、というのも賢い買い方です。

そして、秋やクリスマスの時期などには、ホテルの会場を使って、大規模なバザールが行われるのも見逃せません。Conrad Hotelで開催されるクリスマスバザールでは、フランスの紅茶、「マリアージュ・フレール」がかなりお得なお値段で提供されていたり、洋服や小物など掘り出し物たくさん。また、アメリカンクラブなどでも行われるバザーなど。この機会をうまく利用してお買い物を楽しんでいます。

上手に賢くお買い物、最後は、お買い物をしたら、ぜひホテルや自宅へデリバリーサービスを利用してお届けしていただきましょう。くれぐれも紙袋抱えて歩く、なんてことにならないように。以上、香港ナビがお伝えいたしました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-05-20

ページTOPへ▲

その他の記事を見る