スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

特別展示を見に香港海防博物館に行ってきました!

映画『ラストエンペラー』を知ってますか?この映画の主人公だった清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀に関するイベントです。

何気に溥儀が好きなナビ。どうしてもこの展示が見たくてはるばる香港海防博物館へ。実はここに来るのは初めてwww

何気に溥儀が好きなナビ。どうしてもこの展示が見たくてはるばる香港海防博物館へ。実はここに来るのは初めてwww

入口を入ってすぐに戦車や大砲(奥に見えますか?)があってテンションが上がってしまいましたが…

入口を入ってすぐに戦車や大砲(奥に見えますか?)があってテンションが上がってしまいましたが…

今日の目的はあくまでもこの展示!

今日の目的はあくまでもこの展示!

映画を観た方なら、この悲劇の皇帝と日本の関係を多少なりともご存知のはず。

映画を観た方なら、この悲劇の皇帝と日本の関係を多少なりともご存知のはず。

ちなみに弟の溥傑は、嵯峨公爵の娘と結婚しており、天皇家とも縁深い関係。

ちなみに弟の溥傑は、嵯峨公爵の娘と結婚しており、天皇家とも縁深い関係。

実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。 実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。 実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。
実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。 実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。 実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。

実際に使用していた食器や服、直筆の日記など、貴重な展示がたくさん。そして生きてきた人生を知れば知るほど複雑で悲しい気分になってきてしまいました。

暗い話はさておき、この展示にちなんで皇帝の衣装を着て写真が撮れるコーナーも。なんと無料!

暗い話はさておき、この展示にちなんで皇帝の衣装を着て写真が撮れるコーナーも。なんと無料!

溥儀の生涯に関する無料映画も上映されています。2部構成で各50分。本当によくできた映画でした。

溥儀の生涯に関する無料映画も上映されています。2部構成で各50分。本当によくできた映画でした。

興味のある方はぜひ海防博物館へ。この展示は来年2月13日まで開催されています。

興味のある方はぜひ海防博物館へ。この展示は来年2月13日まで開催されています。

ちなみに元要塞だけあって、ここから見渡す景色はすばらしいですよ♪

ちなみに元要塞だけあって、ここから見渡す景色はすばらしいですよ♪

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-09-23

ページTOPへ▲

その他の記事を見る