スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


MTR開通で楽々移動!きらめく竜宮城 【ジャンボ・水上レストラン】で楽しむ飲茶ランチ・クーポン

Jumbo Kingdom Meal Voucher珍寶王國

閉店・移転、情報の修正などの報告

華やかなデコレーションで昔から人気の「ジャンボ・水上レストラン」飲茶クーポンをご用意しました。

こんにちは、香港ナビです。アバディーンのジャンボ・水上レストラン(珍寶王國)といえば昔から有名な香港観光の一つですね。
個人で行くには多少不便なところにあったので、今までは団体ツアーのお食事場所や夜景観光のポイントとしてガイドさんに連れて貰って行くしかなかったのですが、2016年12月に地下鉄MTR南港島線が開通してからは市内中心部からアバディーンまで とっても近くなりました! 
今日は自分たちでも簡単に行きやすくなったジャンボ・水上レストラン(珍寶王國)をご紹介します!

南港島線、待望の開通です!


アバディーンのジャンボ水上レストランまで簡単に個人で行けるようになる日が来るとは・・・、古い人間のナビには ちょっと前までは考えられませんでした~。感慨深いです!
レストラン最寄の駅は、MTR南港島線(サウス・アイランド・ライン)の黄竹坑駅です。なんと、香港島の中心地である金鐘駅からはたった2駅、8分という近さです!
黄竹坑駅のB出口から出て、たった徒歩6分でアバディーン水上レストランの桟橋まで辿りつきます。
因みに、最近の黄竹杭駅周辺は、工業ビルの壁面を使ったアートやオシャレなお店が少しずつ増えてきています。
レストランの帰りに、新しい香港スポットを探しに行くのも楽しいかも!?

ナビと一緒にジャンボまで歩いてみましょう~!

こちら、MTR黄竹坑駅のB出口の様子です。B出口から出て、駅を振り返った時の様子がこんな感じです。
1.B出口を出ると、直ぐ横に「南朗山道熱食市場」というビルがあります。この横の、「南朗山道」を真っ直ぐ登っていきます。ちなみにこちらの建物は、市民の胃袋・ローカル食堂がいっぱい!市民の生活を覗いてみて下さいね。

1.B出口を出ると、直ぐ横に「南朗山道熱食市場」というビルがあります。この横の、「南朗山道」を真っ直ぐ登っていきます。ちなみにこちらの建物は、市民の胃袋・ローカル食堂がいっぱい!市民の生活を覗いてみて下さいね。

2.「南朗山道」の様子です。大通りをずっと登っていきます。駅の出口は2階ですので、まずば地上へ降りて建物の横の道を登ってくださいね。進行方向右を歩いてください。

2.「南朗山道」の様子です。大通りをずっと登っていきます。駅の出口は2階ですので、まずば地上へ降りて建物の横の道を登ってくださいね。進行方向右を歩いてください。

3.「南朗山道」を歩いているときの様子です。バス亭がたくさんありますので、多くの人がバスを待っていますよ。

3.「南朗山道」を歩いているときの様子です。バス亭がたくさんありますので、多くの人がバスを待っていますよ。

4.「南朗山道」を歩いていると最初にぶつかるのが「恵福道」。でもここで曲がらずにまだ「南朗山道」を真っ直ぐいきましょう。

4.「南朗山道」を歩いていると最初にぶつかるのが「恵福道」。でもここで曲がらずにまだ「南朗山道」を真っ直ぐいきましょう。

5.次にぶつかる道は「深灣道」です。ちょうどぶつかる交差点の様子はこんな感じです。

5.次にぶつかる道は「深灣道」です。ちょうどぶつかる交差点の様子はこんな感じです。

6.「南朗山道」と「深灣道」の交差点の左先には、地下鉄の建物がありますので交差点が分からないときはこの建物を目印にしましょう。

6.「南朗山道」と「深灣道」の交差点の左先には、地下鉄の建物がありますので交差点が分からないときはこの建物を目印にしましょう。

7.「南朗山道」と「深灣道」の交差点では右に折れて「深灣道」に入ってくださいね。

7.「南朗山道」と「深灣道」の交差点では右に折れて「深灣道」に入ってくださいね。

8.今度は「深灣道」を少し歩きます。この「深灣道」も進行方向右を歩くと便利です。(ナビの写真は左から撮っています)

8.今度は「深灣道」を少し歩きます。この「深灣道」も進行方向右を歩くと便利です。(ナビの写真は左から撮っています)

9.「深灣道」を歩くと、歩道右側に公園があります。公園を通り過ぎると、目の前に緑のツタに覆われた「アバディーン・マリーナクラブ」の建物が見えます。建物の目の前に「深灣碼頭径」という道がありますので、この深灣碼頭径」に入ってください。

9.「深灣道」を歩くと、歩道右側に公園があります。公園を通り過ぎると、目の前に緑のツタに覆われた「アバディーン・マリーナクラブ」の建物が見えます。建物の目の前に「深灣碼頭径」という道がありますので、この深灣碼頭径」に入ってください。

10.「灣碼頭径」に入って直ぐ、左手にアバディーン・ジャンボへの桟橋が見えてきます。ここまで迷わなければ約6分です。

10.「灣碼頭径」に入って直ぐ、左手にアバディーン・ジャンボへの桟橋が見えてきます。ここまで迷わなければ約6分です。

色鮮やかな桟橋を見たら、それだけでわくわくするはずです!さあ、レストランまでの船に乗りましょう。

色鮮やかな桟橋を見たら、それだけでわくわくするはずです!さあ、レストランまでの船に乗りましょう。

桟橋にこのような船がありますが、これがジャンボ・レストランへの渡し船です。この船に乗り込んでくださいね。到着した時に船がいなくても、直ぐに戻ってきますから少し待って今沿う。(桟橋にはこの船と、もう一つ遊覧観光用の少し小さなサンパン船があります。ジャンボへの船は大きめでしっかりしている方ですので、お間違いなく乗船してくださいね。)
船でレストランに到着をしたら、レストランに入ってレストランの予約確認書をスタッフへ見せてくださいね。

桟橋にこのような船がありますが、これがジャンボ・レストランへの渡し船です。この船に乗り込んでくださいね。到着した時に船がいなくても、直ぐに戻ってきますから少し待って今沿う。(桟橋にはこの船と、もう一つ遊覧観光用の少し小さなサンパン船があります。ジャンボへの船は大きめでしっかりしている方ですので、お間違いなく乗船してくださいね。) 船でレストランに到着をしたら、レストランに入ってレストランの予約確認書をスタッフへ見せてくださいね。


こちらがレストランまで渡る桟橋です。

こちらがレストランまで渡る桟橋です。

夜景鑑賞のツアーの目玉としても良く取り上げられる場所。

夜景鑑賞のツアーの目玉としても良く取り上げられる場所。

桟橋からレストランまでは専用の渡し舟で海を渡ります。

桟橋からレストランまでは専用の渡し舟で海を渡ります。

船上から望むレストラン。昼間でも十分わくわくしますよね!

船上から望むレストラン。昼間でも十分わくわくしますよね!

昼間なら凝った外観の作りをじっくり見られます。

昼間なら凝った外観の作りをじっくり見られます。

夜の外観は、ライトアップされたネオンで煌びやか。

夜の外観は、ライトアップされたネオンで煌びやか。

もちろん内装もお見事です。

もちろん内装もお見事です。

レストラン内部。まるでおとぎ話の竜宮城のよう! レストラン内部。まるでおとぎ話の竜宮城のよう! レストラン内部。まるでおとぎ話の竜宮城のよう!

レストラン内部。まるでおとぎ話の竜宮城のよう!

写真右では、食事をするゲストが記念撮影ができる場所。特に観光客に人気です。 写真右では、食事をするゲストが記念撮影ができる場所。特に観光客に人気です。

写真右では、食事をするゲストが記念撮影ができる場所。特に観光客に人気です。


ナビのランチ・クーポンのメニューを紹介しましょう!


今回、ナビでは行きやすくなったジャンボ水上レストランの飲茶ランチ・クーポンをご用意しました!
ツアーで色々な場所へまわる時間が惜しい人や、オーシャンパークや有名なアウトレット「ホライゾン・プラザ」に行く方は、ぜひ香港観光の目玉になるジャンボ・水上レストランへも立ち寄りましょう!
香港らしいデコレーションでいっぱいのレストランで食事をすれば、香港旅行のハイライトになるはずですよ。
蝦餃子(1人1個)

蝦餃子(1人1個)

シュウマイ(1人1個)

シュウマイ(1人1個)

春巻き(1人1本)

春巻き(1人1本)

チャーシュー饅(1人1個)

チャーシュー饅(1人1個)

酢豚(1グループ1皿)

酢豚(1グループ1皿)

揚州風チャーハン(1人1椀)

揚州風チャーハン(1人1椀)

エッグタルト(1人1個)

エッグタルト(1人1個)

マンゴープリン(1人1個)

マンゴープリン(1人1個)


いかがでしたか?
香港観光の定番ではあるけれど、なかなか個人では行かれなかったジャンボ・水上レストラン。
この機会に、ぜひ訪れてみてくださいね!!
以上、香港ナビがお伝えしました。
 

記事登録日:2017-04-18

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    enchan2208

ページTOPへ▲

交通案内

img

ジャンボ・水上レストラン(珍寶王國)・地図

MTR南港線、黄竹坑駅で下車。B出口より徒歩6分。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-04-18

利用日
大人 子供