スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


ユネスコ世界遺産の街!マカオ日帰り観光&カジノ&マカオタワー【香港発着/市内ホテル送迎付】

ユネスコ世界遺産の街!マカオ日帰りツアー【香港発着 / 市内ホテル送迎付き!】

閉店・移転、情報の修正などの報告

【fumarikoの体験レポート】ユネスコ世界遺産の街!マカオ日帰りツアー

マカオの二大名物、世界遺産&カジノ両方を楽しめる欲ばりツアーを体験してきました!

こんにちは!香港ナビ新人レポーターのfumarikoです。よろしくお願いいたします。先日の北京オリンピック開会式の興奮も冷めやらぬなか、世界遺産巡り&カジノというおいしいとこ取りのツアーに参加してきました。香港まで旅行に来たのだから、マカオにもいってみた~い!でもそんなに時間は…という方におすすめの欲ばり日帰りツアーです!

いざ出発!!

7:50待ち合わせホテルの正面入り口に到着です。参加者の皆さんは宿泊しているホテルのロビーで順次ピックアップしてもらえます。
バスに乗り込むと、もうすでにたくさんの参加者の方が座っていました。8月ということもあり、夏休みを楽しむ家族連れや学生らしきグループ、そして団体旅行にはかかせないおばさま達のご一行など、バラエティにとんでいました。
バスの中ではマカオ出入国カードが配られます。あと、ネームシールも配られます。これには香港側とマカオ側のガイドさんの携帯番号が書かれていました。いざ!という時ひと安心ですね。
フェリーターミナルに着きました。今回は尖沙咀のフェリーターミナルから出発。船の座席番号のシールが貼られたチケットが配られます。この時、帰りのフェリーのチケットも配られますので、なくさないようお気をつけください。そしていよいよ出国!香港のガイドさんとはいったんここでお別れです。マカオに着けば、また別のガイドさんが待っていてくれます。さあ、イミグレーションへ!
無事出国手続きを済ますと、いよいよ船に乗り込みます。マカオへは約1時間です。 
無事出国手続きを済ますと、いよいよ船に乗り込みます。マカオへは約1時間です。

無事出国手続きを済ますと、いよいよ船に乗り込みます。マカオへは約1時間です。

フェリーの中には小さな売店もあり、軽食も買うことができます。船の中は冷房が効いていたので、はおれる物があったほうがいいと思います。fumarikoは忘れてけっこう寒い思いをしました…。この日はお天気がよく波もそれほど高くはなかったのですが、それでもかなり揺れました。船酔いが心配な方は、対策をお忘れなく!!

異国マカオにて~世界遺産めぐり

なんとか船の揺れにも耐え、向こう岸がみえてきました。もうそこは異国、マカオ!有名なカジノやポルトガル風な建物も見えます。入国手続きを済ませゲートの外に出ると、ツアーの看板を持ったガイドさんが待っていてくれました。これからの遺産巡りではお手洗いに行きにくいため、このターミナルでお手洗いを済ませておきましょう。
10時すぎ、バスに乗り込みいよいよ世界遺産巡りに出発です。マカオには世界遺産に登録されている名所がたくさんありますが、そのうちの何か所かを効率よく回ります。
マカオの道は狭く、バスはゆっくりと進みます。庶民的な風景もどこかいいかんじ。
高層マンションの立ち並ぶ香港と比べ、マカオの住居はほとんど3階まで。青空がきれいに感じました。

バスを降り、ここから1時間ほど散策します。少し丘をのぼると……
マカオの代表的世界遺産、「セントポール大聖堂」。マカオのシンボルと謳われる教会跡です。現在は建物正面の壁と階段を残すのみですが、外壁には美しいレリーフが刻まれています。キリシタン弾圧から逃れた日本人も建設に加わったそうで、それを象徴する菊や牡丹のレリーフも見られます。
「ナーチャ廟」
中国の神童ナーチャを祀った寺院で、セントポールの裏側の小道にひっそりとたたずんでいます。すぐ横には、旧城壁もあります。

この一帯は、東洋と西洋の世界遺産がそろってみられる珍しい場所です。そこからまた、次の世界遺産をめざして歩きます。
何気ない街角に、ポルトガル情緒が残っています。 何気ない街角に、ポルトガル情緒が残っています。

何気ない街角に、ポルトガル情緒が残っています。

たまにのぞく‘アジア‘も面白いです。

「聖ドミニコ教会」
1587年に建てられた中国で最も古い教会のひとつです。 バロック式の祭壇には聖母子像が祀られています。天井画も美しく、神々しい安らかな空気が漂っていました。
「セナド広場」。地面の波うった模様が美しい広場はまるでヨーロッパに来たかのよう。広場を囲む建物もすべてヨーロッパの典型的建築様式で、異国情緒満喫です。

ここでガイドさんが粋な計らいを!
せっかくマカオに来たのだから…と、マカオ名物“エッグタルト”を有名店「CAFE
e NATA」まで買いにいってくれました。1個HK$7。香港式のエッグタルトは中身がプルンとしていますが、マカオのものは焼きプリンのような濃厚さがあって美味でした~。ガイドさんによっては、もしかしたらこんなサプライズがあるかも?!
まだまだ遺産巡りは続きます。次の目的地まで再びバスに乗って移動です。暑さの中のしばしの休息~。車窓からは後で行くマカオタワーも見えました。目的地周辺は、昔は野菜畑だったそうですが、現在はお金持ちの人々の別荘などが建ち並びます。カジノ王の別宅も。
「媽閣廟」
海の女神を祀ったマカオ最古の寺院。この周辺はマカオ発祥の地と言われています。祭壇の天井からぶら下がっているぐるぐるは、なんとお線香です。

マカオタワー~昼食へ

世界遺産めぐりは先ほどの「媽閣廟」で終わり。次はマカオの新名所「マカオタワー」を目指します。
338メートルのマカオタワー、お天気の日は58階の展望台からマカオ市街地はもちろん中国本土の街並みまでみることができます(展望台へ上がるには別料金HK$85かかります。現地にてガイドに支払います)。展望台の窓際には透明ガラスの床があり、その上を歩くと空中を散歩しているよう。 スカイジャンプ、バンジー、空中歩行などのスリル満点のアクティビティも充実。この機会に勇気のあるあなたはトライしてみては?

※昼食の前にマカオタワーにご案内するかどうかは、当日の交通状況、フェリーターミナルでのお客様全員集合するまでにかかる時間等により、決定いたします。時間に余裕があり、今回の体験レポート時のように参加者全員をマカオタワーにご案内する場合でも、マカオタワーの展望台へ入場をご希望の方には追加料金HK$85を申し受けます。(ツアー催行会社より)

いいかんじでおなかが空いた13時、昼食会場に到着です。
この日はメトロパークホテルの26階にあるレストランでした。店内を囲む大きな窓からはマカオ市内を見渡せました。料理は、ポルトガル式カレーや煮込み料理、サンドイッチ、ピザ、春巻きなどバラエティに富んでいましたよ。

おまちかね、いざカジノへ

おなかもいっぱいになり、この日のもう一つの目玉、カジノ体験へ向かいます。
会場は有名な「サンズ」。カジノ初体験のナビ、ドキドキしながら入口への長いエスカレーターを昇ります。 会場は有名な「サンズ」。カジノ初体験のナビ、ドキドキしながら入口への長いエスカレーターを昇ります。

会場は有名な「サンズ」。カジノ初体験のナビ、ドキドキしながら入口への長いエスカレーターを昇ります。

残念ながら、カジノ内の撮影は禁止のため、写真はここまです。 残念ながら、カジノ内の撮影は禁止のため、写真はここまです。

残念ながら、カジノ内の撮影は禁止のため、写真はここまです。

いざ出陣~!
中ではあの光景が!大きなテーブル台を真剣な表情で取り囲む人々、ルーレットのベル、スロットのにぎやかな音…まさに映画で観た光景が繰り広げられていました。ゲームはバカラ、大小、ルーレット、ブラックジャック…と様々。

会場の広さときらびやかな喧噪に圧倒されながらも、fumarikoもガイドさんに手ほどきをうけスロットマシーンに初挑戦!20ドルから始められます。ひとつのコインで1億円がでたラッキーな人もいたとか。fumarikoは結局負けてしまいましたが、なかなか面白くて、はまりそう……。

こんなfumarikoみたいな初心者が大損しないように、ここで遊べる時間は45分くらいです。でも、カジノの雰囲気を楽しめ、ちょこっと体験もできて大満足でした。

さて、本日のツアーはここでおしまいです。後ろ髪をひかれながらマカオの街を後にして、フェリーターミナルへ戻ります。マカオのガイドさんとはここでお別れ。丁寧な説明、親切な計らい、いろいろありがとうございました!マカオ出国手続きを済ませ、香港を発つとき配られたチケットを持って乗船ゲートへ向かいます。チケットのチェックカウンターでチケットをみせると、また座席指定シールを貼ってくれます。

これはガイドさんから購入したお土産。ツアー中に注文をとってくれ、最後に渡してくれます。ポルトガル風のランチョンマットのセットです。1セットHK$70。色合いも柄もとてもラブリー。ランチョンマットが入っている巾着袋もサテン生地でお値打ちです。日本へのお土産にもいかがですか?

夕方の4時半に香港に到着。出発時のガイドさんが待っていてくれ、宿泊先ホテルまでまた送ってくれます。香港のいつもの喧騒の中に戻ると、少し前までヨーロッパ情緒あふれたマカオにいたのが不思議な感じ。街並みを楽しみながら世界遺産の魅力に浸り、午後はきらびやかなカジノ体験。まさにマカオを凝縮したかのような、充実の一日を過ごせた欲ばりツアーでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2008-08-19

ページTOPへ