NOBU インターコンチネンタル香港

NOBU Intercontinental Hong Kong

閉店・移転、情報の修正などの報告

ビクトリアハーバーを眺めながら世界中のグルメとセレブに愛されるノブ・マツヒサ氏の独創的な料理を楽しみませんか?

こんにちは、香港ナビです。世界で一番有名な日本料理のシェフといえば誰でしょう?答えは、本日ご紹介するレストランNOBUのオーナーシェフであるノブ・マツヒサ氏です!彼が俳優のロバート・デ・ニーロ氏の強い後押しによってニューヨークに開店させた『NOBU』はアメリカ版ミシュランと呼ばれる「ザガットサーベイ」で一位を獲得し続け、いまや世界13都市でレストラン展開をするまでに成長。世界中で最も有名な日本料理レストランのひとつとして知られています。そんなNOBUの日本を除くアジアで初めての支店が2006年12月に香港にオープン。香港のみならず世界中のNOBUファンが集う「NOBUインターコンチネンタル香港」を今日はご紹介したいと思います。

海中生活をイメージしてデザインされた独特のインテリア

座席数はレストランが140席、バーラウンジが40席、個室が12席。カジュアルな印象のテーブルセッティングがこれまでの高級日本料理のイメージをいい意味で裏切っています。
天井にはウニの一種であるパイプウニというパイプの形をしたウニの殻が敷きつめられています。その数なんと約45万個。一つ一つ手作業で埋め込まれていったというから驚きです。 窓の外に広がるハーバービューと共に独特の雰囲気をつくりだしています。
寿司バーの後ろの水玉模様は水の泡を表しているそうです。

エグゼクティブ・シェフのナエシェイム氏

ノブ・マツヒサ氏によって「NOBUインターコンチネンタル香港」のエグゼクティブ・シェフに大抜擢されたノルウェー出身のオイビン・ナエシェイム氏。23人の料理人を束ねるトップの存在、という雰囲気よりは、とても気さくな青年という第一印象です。が、しかし、ひとたび料理の話となると、真剣なおももちで料理に対する情熱や彼自身の持つ理念を展開。オープンから1年以上が経過しエグゼクティブ・シェフとしての風格もすっかり備わったナエシェイム氏が「食の宝庫」であるここ香港で今後どんな新しい料理を考え出してくれるのかがとても楽しみです。

こだわりのお酒

矢沢永吉さんがお店に持ち込んだ一本の日本酒。その見事な口当たりと冷やしても衰えない滑らかさに感動したノブ・マツヒサ氏は、それ以後、お店の日本酒は全てそこから取り寄せているそうです。佐渡の酒蔵「北雪酒造」でNOBUの為に特別に仕込まれた大吟醸はNOBUでしか飲めない限定版です。
ユニークな形のお銚子とお猪口と青竹でできたぐい飲み。
日本酒の他にもワインやビールも特別にセレクトされた逸品。

こだわりのユニフォーム

この3本線にピンときたあなたはファッション通!ヨウジ・ヤマモトとアディダスのコラボブランドY3のものです。
よくみるとシェフのズボンがなんだかド派手なのですが。。。
どこかでみたことのある。。と思ったらここです!ここです! お店にさりげなくおかれていたノブ・マツヒサ氏のお写真(右上の本)。そういえばいつもこんな感じのズボンを履いていらっしゃいますよね。
実はこのズボン。シェフという職業を徹底的に研究してデザインされた特注品なんだそうです。「たとえばこのヒモをみてください」とシェフ。仕事が終わった後、脱いだズボンをパッとかけられるようにタスキがついているんだそうです。他にも工夫がいっぱい凝らされたこの「ノブ・ズボン」はただの派手柄ズボンではなく最強のシェフ・ズボンだったのです。

驚きがいっぱいのNOBUのお料理

『世界のセレブ御用達のレストラン』そして『香港の最高級ホテルの一つであるインターコンチネンタルホテル』で『ビクトリアハーバーを眺めながらのお食事』とくれば・・・ナビの心配はお値段の方。NOBU初心者のナビとしては、まずは比較的お得なお値段でいただけるランチタイムから入門してみよう!!と門を叩いてみました。
そんなナビにお店の方がすすめて下さったのが、NOBUの世界がギュッとつまったこのメニュー・・・

NOBU Signature Bento Box HK$298
ノブ・ランチボックス(味噌汁付)
お弁当箱!フタをあける瞬間のワクワク感は万国共通か!?
手前がホットディッシュで奥がコールドディッシュとの説明がありました。
芝海老の天ぷらクリーミースパイシーソース。
野菜のスパイシーガーリックソース炒め。
刺身サラダマツヒサドレッシング。
デ・ニーロのお気に入り−ブラックコッドの味噌焼き。
寿司とロールスシの盛り合わせ。
お弁当の中央に入っていた「デ・ニーロお気に入りのブラックコッドの味噌焼き」はNOBUのシグネチャーディッシュ。単品でもオーダーが可能。

Black Cod Saikyo Yaki HK$268
デ・ニーロお気に入りーブラックコッドの味噌焼き

ご覧のようなジューシーさ。あふれだすお汁がたまりません。
ピザ職人のような道具でお魚を焼きます。
おいしさの秘密はこのオーブン。燃えさかる炎は最高400度にまで調節できるそうです。
アップルウッドの薪はアメリカから取り寄せたもの。食材にほのかな香りをつけるのだとか。

その他の人気メニュー

DONBURI LUNCH -Prawn Tempura with Creamy Spicy Sauce HK$190
丼ランチ(サラダ、味噌汁とお新香が付きます)
芝海老の天ぷらクリーミースパイシーソース丼
芝海老の天ぷらはソフトシェルクラブのような食感。少し甘めのクリーミーなソースに隠れた辛味の加減が絶妙です。土台のしいたけのサラダに酸味が効いていて、甘味と辛味の繰り出す世界にさらなる広がりをもたせています。

Salmon New Style HK$160
ニュースタイル刺身(サーモン)

胡麻油の香ばしい香りが効いているサーモンのお刺身。サラダのような感覚で楽しめるとあって。お刺身の苦手な人にも食べやすい一皿。

Yellowtail Sashimi with Jalapeno HK$170
ハマチのハラペーニョ添え

ハマチの甘味と旨味にハラペーニョの辛さが見事に調和。ポン酢でいただくことによって、幾重にも味覚の世界が広がっていきます。

Chocolate Bento Box HK$110
NOBUチョコレートベントウボックス

フォンダン・オ・ショコラと抹茶のアイスクリーム。熱と冷、甘味と苦味という正反対のものをカップリングした魅惑のスイーツ。ハリウッド俳優のウィル・スミス氏もこのデザートだけを食べにロンドンのNOBUに駆け込んだことがあるとか!

Soy in Four Style Mille-Feuille filled with Parfait,ice cream and Foam HK$110
ソイ(大豆)イン・フォースタイル

香港オリジナルのスイーツは全て材料に大豆を使用して作ったという一品。パイ皮のように見えるのはなんと湯葉。醤油が入っているというアイスクリームと大豆でつくったパフェが入っています。手作りの柚子ジャムの甘味と酸味が全体にさっぱりとした印象のスイーツと好相性!

いかがでしたか?アメリカンドリームを実現させたノブ・マツヒサ氏は現在ビバリーヒルズにお住まいとのこと。彼の成功の秘密は?知りたい方はNOBUに足を運び、その答えが詰まった料理の数々を体験してみるといいかもしれません。そして運がよければ本物のノブ・マツヒサ氏があなたの目の前でお寿司を握っているかも・・・!以上、そんなワクワクするようなNOBUインターコンチネンタル香港より、香港ナビがお伝えいたしました。

記事登録日:2008-02-25

ページTOPへ▲

関連タグ: ホテル 夜景 日本料理

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-02-25

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

インターコンチネンタル香港

インターコンチネンタル香港

香港で立地条件とサービスが超一流な、群を抜くキング・オブ・5つ星ホテル「インターコンチネンタル香港」