ザ エクセルシオール 香港

The Excelsior Hong Kong怡東酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

マンダリンオリエンタルのマネージメントで、心温まるもてなしと寛ぎをあなたにも!

こんにちは!香港ナビです。

今日は銅鑼湾(コースウェイベイ)のそごうのすぐ近くにある、40年以上の歴史あるマンダリンオリエンタル系の「エクセルシオール」へご案内します! ナビが初めて香港に家族旅行で来たときに宿泊しました。ナビにとって思い出のある、大好きなホテルのひとつです!
「エクセルシオール」は869の客室に加えてスイートルームもある大型ホテルです。レストランも充実しているし交通の便は最高に便利、ビジネスでもレジャーでも大満足間違いなしのホテルです!皆さんもきっと大好きになっていただけると思っています。

ホテルへのアクセス
MTR港島線の銅鑼湾駅のD出口(そごう方面)から徒歩2分。D1出口を出たら右に、突き当たりを左にまーっすぐ行くとエクセルシオールの駐車場が見えてきます。
ホテルの周辺
そごう百貨店が近く、そして世界貿易センターがホテルの真横、MTRまで徒歩2分。 他にもDFS Tギャラリアが入るハイサンプレイスやタイムズスクエア、リーガーデンズという大型モールも徒歩圏内という好立地。レストランや地元のショッピングセンターも数え切れないほどあります。銅鑼湾は香港人や旅行者が集まりやすい場所でもあり、高級ブランドからローカルブランドのお店までなーんでも揃っています!香港に来たら必ず足を運んでくださいね!

ホテルへ入ってみましょう!


そごう方面玄関 そごう方面玄関

そごう方面玄関

吹き抜けのロビーは好立地で待ち合わせにもぴったり
ホテルのロビーは大きすぎず、その立地から待ち合わせなどにもよく利用されているようです。吹き抜けになっているので、実際の大きさ以上に見えて開放感があります。

ところで、ナビがエクセルシオール ホテルへ来たら必ず覗いてしまう場所がロビーにあります。エッグタルトが好きな方は、ロビーエリアにあるカフェのEXpressoへ行ってみてください。このカフェは、マカオの有名エッグタルト店のレシピを香港で唯一再現して販売している人気店です。勿論、エッグタルトだけではなく、美味しいコーヒーやサンドイッチなども楽しめますよ。(エッグタルトは人気で直ぐに売り切れてしまうので、早めに行ってくださいね)。

いよいよ客室へご案内しまーす!


スーペリア・ルーム(26㎡)
ホテル内で一番スタンダードなカテゴリー。キングまたはクイーンまたはツインベットが配置されています。ベージュの落ち着いたカーペットにグリーン調のソファという内装は、落ち着いて洗練された印象。なんだかリラックスできる色合いですよね。
室内の様子。ベージュに赤い模様のカーぺットが素敵。

室内の様子。ベージュに赤い模様のカーぺットが素敵。

室内の雰囲気にあった暖色系の絵画がベットのうえに飾られています。

室内の雰囲気にあった暖色系の絵画がベットのうえに飾られています。

窓側にはグリーン系のソファ。

窓側にはグリーン系のソファ。

ベット側から見た室内。

ベット側から見た室内。

冷蔵庫。

冷蔵庫。

ティーセット。

ティーセット。

ミニバーの棚。

ミニバーの棚。

ワードローブ内にはバスローブ、スリッパ、金庫がセットアップさえれています。

ワードローブ内にはバスローブ、スリッパ、金庫がセットアップさえれています。

バスルーム内のアメニティー。

バスルーム内のアメニティー。

バスルーム内のアメニティー。

バスルーム内のアメニティー。

バスタブとシャワー。

バスタブとシャワー。



デラックス・ハーバービュールーム(34㎡)
客室の窓からは、ビクトリアハーバーを眺めることができます。ベットはキングまたはクイーンまたはツインベットとなります。
部屋のデコレーションやアメニティーは、基本的に前述のスーペリア・ルームと同じです。

部屋のデコレーションやアメニティーは、基本的に前述のスーペリア・ルームと同じです。

部屋のサイズはスーペリアルームより少し大きめ。中間色を利用しているので、とっても落ち着きますね。

部屋のサイズはスーペリアルームより少し大きめ。中間色を利用しているので、とっても落ち着きますね。

窓側にはソファが配置されています。

窓側にはソファが配置されています。

ベット脇のテーブル。

ベット脇のテーブル。

こちらは、窓からの眺め。窓の左手には、カオルーンビューが。

こちらは、窓からの眺め。窓の左手には、カオルーンビューが。

窓の右手に見える風景。(参考風景)

窓の右手に見える風景。(参考風景)




エグゼクティブ ・スイート(55㎡)
ベットルームとリビングルームに別れているので、とてもゆったりと寛ぐことができます。室内からはパーシャルハーバーと、シティービューの双方を眺められます。ベットタイプはキングまたはツインベット。また、この部屋に宿泊をするとエクゼクティブラウンジを利用する事ができます。
ベットルーム。キングサイズベットが置かれています。

ベットルーム。キングサイズベットが置かれています。

こちらもベットルーム。

こちらもベットルーム。

ベットルームの様子。

ベットルームの様子。

ベットルームからの眺め、シティービューとサイド・ハーバー。

ベットルームからの眺め、シティービューとサイド・ハーバー。

こちらはリビングルーム。ベットルームと分かれているので、広々と、快適に過ごせますね。

こちらはリビングルーム。ベットルームと分かれているので、広々と、快適に過ごせますね。

リビングルームにはゆっくり座れるソファが配置されています。

リビングルームにはゆっくり座れるソファが配置されています。

リビングの窓から眺めるハーバー。

リビングの窓から眺めるハーバー。

リビングの横にあるバスルームも、とてもゴージャスで快適そうです。 リビングの横にあるバスルームも、とてもゴージャスで快適そうです。 リビングの横にあるバスルームも、とてもゴージャスで快適そうです。

リビングの横にあるバスルームも、とてもゴージャスで快適そうです。



エクセルシオール・スイート(128㎡)
その美しさに息を呑んだナビ。部屋のデコレーションの1つ1つに、こだわりが感じられます!広いクローゼットもあるので、申し分のない滞在ができそうですよね。
淡いブルーが美しいカーペット。なんと、目の前のビクトリアハーバーや海を表しているそうです。確かに、濃い海の色がだんだん岸辺に近づいてくるにつれ淡くなっています。とっても落ち着いた色の配色で、美しい~。 淡いブルーが美しいカーペット。なんと、目の前のビクトリアハーバーや海を表しているそうです。確かに、濃い海の色がだんだん岸辺に近づいてくるにつれ淡くなっています。とっても落ち着いた色の配色で、美しい~。

淡いブルーが美しいカーペット。なんと、目の前のビクトリアハーバーや海を表しているそうです。確かに、濃い海の色がだんだん岸辺に近づいてくるにつれ淡くなっています。とっても落ち着いた色の配色で、美しい~。

広いベットのコーナーから離れたところに配置されたソファとテーブル。窓側のソファが、オレンジ色なのにお気づきになられましたか?これは、この窓辺から見える夕日の色なんだそう!ビクトリアハーバーに沈む燃えるようなオレンジの夕日をここから眺める生活をしたいものです~。 広いベットのコーナーから離れたところに配置されたソファとテーブル。窓側のソファが、オレンジ色なのにお気づきになられましたか?これは、この窓辺から見える夕日の色なんだそう!ビクトリアハーバーに沈む燃えるようなオレンジの夕日をここから眺める生活をしたいものです~。
広いベットのコーナーから離れたところに配置されたソファとテーブル。窓側のソファが、オレンジ色なのにお気づきになられましたか?これは、この窓辺から見える夕日の色なんだそう!ビクトリアハーバーに沈む燃えるようなオレンジの夕日をここから眺める生活をしたいものです~。 広いベットのコーナーから離れたところに配置されたソファとテーブル。窓側のソファが、オレンジ色なのにお気づきになられましたか?これは、この窓辺から見える夕日の色なんだそう!ビクトリアハーバーに沈む燃えるようなオレンジの夕日をここから眺める生活をしたいものです~。

広いベットのコーナーから離れたところに配置されたソファとテーブル。窓側のソファが、オレンジ色なのにお気づきになられましたか?これは、この窓辺から見える夕日の色なんだそう!ビクトリアハーバーに沈む燃えるようなオレンジの夕日をここから眺める生活をしたいものです~。

ソファの横にはキッチンとダイニングテーブルが。各種最新の用具を取り揃えた美しいキッチンに見惚れてしまいます。 ソファの横にはキッチンとダイニングテーブルが。各種最新の用具を取り揃えた美しいキッチンに見惚れてしまいます。
ソファの横にはキッチンとダイニングテーブルが。各種最新の用具を取り揃えた美しいキッチンに見惚れてしまいます。 ソファの横にはキッチンとダイニングテーブルが。各種最新の用具を取り揃えた美しいキッチンに見惚れてしまいます。

ソファの横にはキッチンとダイニングテーブルが。各種最新の用具を取り揃えた美しいキッチンに見惚れてしまいます。


こちらは全てのカテゴリーの部屋に備えつけられている、スマートフォン。市内通話だけではなく、WiFi としても利用ができますね。 

ホテル内レストラン

幾つかの有名なレストランがありますので、見ていきましょう。(撮影日はお客様が多かった為に、写真はホテルのオフィシャル・フォトをお借りしています)。
 イートン・ヒーン (Yee Tung Heen/怡東軒)
2018年ミシュランガイドで1つ星に選ばれた広東料理レストラン。季節の素材を取り入れながら伝統的な広東料理を提供し、特にランチタイムの飲茶が人気です。
Lunch  : 12:00 – 2:30pm (月~土) / 10:30am – 15:00pm (日) Dinner  :  18:00– 22:30pm


カフェ オン ザ ファースト (Café on the 1st一樓咖啡室)
ブッフェやアフターヌーンティを楽しめる多国籍レストラン。
Breakfast : 06:30–10:30am / 11:00am (土日は11時まで)
Lunch   : 11:00am –15:00pm
Dinner      : 06:00–11:45pm / 12:00am (金&土のみ12:00amまで)
Afternoon Tea : 15:00-18:00pm


 ディケンズ バー(Dickens Bar/ 雙城吧)
長年地元の人からも利用されて人気のある現代的なガストロ バー。また、昼食時のカレーブッフェも人気です。     
Lunch   : 12:00–14:30pm / 15:00pm (土 &日は15時まで)
Cocktail   : 12:00 –01:00am / 02:00am (金&土は02:00amまで)
Happy Hour :  16:00-18:00


トッツ アンド ルーフテラス 
ナビ一押しのレストランの1つ。34階の屋外ルーフテラスから見下ろす香港の夜景は素晴らしいものです。
Lunch    12:-00-14:30  (月~金)
Cocktail  : 17:00pm–12:00am / 01:00am (月~木/金&土)  18:00pm –12:00am (日)
Dinner   : 18:00-10:30pm (月~土)
Brunch  :  10:30am - 17:00pm (日)
他にもイタリア料理のカンミーノ、コーヒーバーのEXプレッソがあります。

今回はご紹介していませんが、ホテルはフィットネスセンターや会議室も完備しています。

いかがでしょうか。
なんと言っても、ザ エクセルシオールの魅力はその便利な立地と、大都会にあるにも関わらず落ち着けるシックな色居合いの部屋ですね。

その立地を活かしてめいっぱい活動した後も、ゆっくりとリラックスして滞在できそうな部屋だと思いました。

以上、香港ナビがお伝えしました!

記事更新日:2018-05-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    shuji55

  • photo

    shuji55

  • photo

    shuji55

  • photo

    shuji55

  • photo

    shuji55

  • photo

    shuji55

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-12-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

EXpresso

EXpresso

マカオで人気のポルトガル風エッグタルトが食べられるカフェ。ホテルのロビーにあるのにセルフサービス制で気軽に入れます。

競馬観戦ツアー 【インターナショナルビュッフェと飲み放題付き】

競馬観戦ツアー 【インターナショナルビュッフェと飲み放題付き】

ダイナミックな香港競馬でスリルと感動を。
もしかしたらあなたも億万長者?!
なかなか入れない香港ジョッキークラブ会員専用エリアで優雅に観戦!