マカオ 日帰り観光 自由時間重視 ! 世界遺産観光&自由散策

マカオ世界遺産観光と選べるフェリー

閉店・移転、情報の修正などの報告

午前中はガイドさんと効率よく世界遺産巡り、午後からフリータイムで自分流マカオ散策が楽しめます!

みなさんこんにちは、マカオナビです。マカオに観光に行きたいと思うけど、自分で観光すれば効率よく回れないかもしれない。でも、ツアーに参加して終日拘束されるのも考えてしまう…。そんな方にぴったりなのがこのツアーです。午前中はガイドさんによるツアーで世界遺産をめぐり、午後からは自由時間なので、好きなようにマカオを散策することができます。

マカオナビサイトからの申し込み

香港ナビのサイトから申し込みを済ませます。手配が完了するとナビから予約確定の通知メールが届きます(営業時間外の申し込みは翌営業日となります)。マイナビ(会員ページ)にログインし、予約確認画面より予約確認書を表示し、必ずプリントアウトしてください(チケット引き換え時に携帯電話で当該ページを画面に表示させても、受け付けてもらえません)。

【ご注意】
香港ナビの予約は全てマイナビ(会員ページ)を通して行っていただく必要があります。予約の通知メールはお客様の受信環境などにより受取れない場合がありますので、必ずマイナビのチェックをお願いします。なお、数日経過してもナビから通知メールが届かない場合はまず「迷惑メール」をチェックしてみてください。誤ってそちらに振り分けられている可能性があります。
[

集合の仕方

このツアーの概要にも書かれていますが集合場所は4カ所あります。指定時間と場所に行きます。今回、ナビはマルコポーロ香港ホテルのロビーでした。時間になると、ガイドさんが現れますので、名前を伝えて下さい。全員が集合したところで、バスに乗り込みます。
ホテルのロビー

ホテルのロビー

ガイドさんに名前を伝えます

ガイドさんに名前を伝えます

バスに乗り込みます

バスに乗り込みます

マカオまではフェリーで移動

バスの中では、マカオへのフェリーの乗り方などをガイドさんが詳しく説明してくれます。しっかり話を聞いておいて下さい。フェリーターミナル到着後、チケット売り場のそばで我々は待機。ガイドさんがフェリーチケットの手配をしに行きます。戻ってきたらガイドさんはフェリーチケットを1人ひとりに配ってくれます。このツアーではマカオのコタイ・フェリーターミナル発香港行きの帰りのチケット(事前にナビに伝えていた17:00か21:00の便)を合わせて渡してくれますのでしっかりと保管してください。チケット配布終了後、ガイドさんは税関の直前まで連れて行ってくれます。税関を抜けフェリーの搭乗口に向かいます。場内アナウンスが来たらフェリーに移動し、1時間のフェリーの旅を楽しみます。
注意点と行きと帰りのフェリーチケットが配られます

注意点と行きと帰りのフェリーチケットが配られます

この青い看板が目印。税関への入口でもあります

この青い看板が目印。税関への入口でもあります

フェリーに乗り込みます

フェリーに乗り込みます

マカオのコタイ・フェリーターミナルに到着

マカオには2つのフェリーターミナルがありまして、このツアーではコタイ地区にあるフェリーターミナルに到着します。こちらも税関手続きを抜けると、ガイドさんが待っていますので、再び名前を伝えてください。全員が揃ったらバスに移動し、ツアー開始です。
フェリー内のようす

フェリー内のようす

フェリーを下船後、税関へ向かいます

フェリーを下船後、税関へ向かいます

税関を抜けて再びガイドさんに名前を伝えます

税関を抜けて再びガイドさんに名前を伝えます

天主堂跡から民政総署まで世界遺産5連発

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

ガイドさんによるマカオの概要の説明を聞きながら最初に向かった場所は、マカオの観光地で一番有名な「聖ポール天主堂跡」です。バスは天主堂跡の裏手に到着するので、裏を見てから正面に回り込む形になります。そこで、ガイドさんが詳しい説明をしてくれます。ガイドブックに書かれていないようなことをたくさん教えてくれるので勉強にもなります。その後はちょっとだけ自由時間が与えられます。次の集合場所と時間を教えられますので、それまでは記念撮影や近くを散策できます。時間になり集合場所に全員が集まったら、歩いてセナド広場方面に向かいます。
ガイドさんによる説明

ガイドさんによる説明

天主堂跡前で撮影中

天主堂跡前で撮影中

天主堂跡の近くにあるこの銅像前が再集合場所です

天主堂跡の近くにあるこの銅像前が再集合場所です

聖ドミニコ教会

聖ドミニコ教会

セナド広場まで道の1つが大三巴街という名前で、マカオでも一番忙しい通りで、いろいろな店が立ち並んでいるのがわかります。セナド広場直前に1つ、「聖ドミニコ教会」の前で立ち止まります。別名「バラ教会」名前があるこの建物の説明を受けます。ここでまた、自由時間が設けられるので、教会の中に入ったりすることができます。
セナド広場まで歩いていきます

セナド広場まで歩いていきます

大三巴街の雰囲気

大三巴街の雰囲気

ここがマカオで最も活気のある交差点の1つ

ここがマカオで最も活気のある交差点の1つ

セナド広場と民政総署

そしてセナド広場に向かいます。聖ポール天主堂跡とならぶマカオ観光の中心、「セナド広場」です。周辺にある世界遺産の「仁慈堂」などを含めていろいろな説明をしてくれます。この広場は開放的で絶好の撮影ポイントと言えると思います。観光客はみなさんカメラ片手に撮影をしていました。世界遺産はまだ終わりません。次はセナド広場正面にある世界遺産の「民政総署」に行きます。ここは階段にある花を含めて荘厳な雰囲気があります。階段を上がりきったところにも中庭があるので記念撮影をして下さい。
聖ドミニコ教会前の広場からセナド広場に向かいます

聖ドミニコ教会前の広場からセナド広場に向かいます

セナド広場の北側

セナド広場の北側

広場の南側には噴水があります

広場の南側には噴水があります

仁慈堂

仁慈堂

セナド広場正面に民政総署

セナド広場正面に民政総署

中にはいると美しい花が階段いっぱいに

中にはいると美しい花が階段いっぱいに

マカオタワーに向かいます

これが終わると、ちょっとだけ街を歩いて、バスに乗り込みマカオタワーへと向かいます。マカオタワーに到着します。希望者はマカオタワーの入場券を購入して、上の展望台に行く事が可能です。高さ223メートルある展望台からの眺めは周りに大きな建物がないこともあり圧倒的です。マカオのみならず、隣の中国、珠海の方も一望できます。ここでは世界一高いバンジージャンプなどのアトラクションもあり、これをする観光客の様子なども見る事ができます。
もし、展望台に行く必要がないという人は、集合時間まで自由時間です。マカオタワー周辺を散策してもいいですし、ちょっと疲れている人はタワー内にあるカフェなどで一息ついてもOKです。または、ちょっとした買い物をするところもあるので、ショッピングを楽しんでもいいと思います。バンジージャンプをする人を下から見るもできます。
バスまで戻るときにもこういった像が見られます

バスまで戻るときにもこういった像が見られます

バスに乗ってマカオタワーに向かいます

バスに乗ってマカオタワーに向かいます

マカオタワーからの景色

マカオタワーからの景色

展望台の様子

展望台の様子

バンジージャンプを見ることができるところ

バンジージャンプを見ることができるところ

マカオタワーにあるカフェ

マカオタワーにあるカフェ

解散とフリータイム

時間が来たら、バスに戻り、コタイ地区にある大型リゾートのギャラクシーに向かいます。そこにあるホテル、バンヤンツリーのロビーで解散となります。ここからは17:00または21:00までの自由時間となります。
巨大カジノリゾートのギャラクシーの外観

巨大カジノリゾートのギャラクシーの外観

バンヤンツリーの前に到着

バンヤンツリーの前に到着

ホテルのロビーで解散です

ホテルのロビーで解散です

1、カジノリゾートで遊ぶ

8の字の観覧車

8の字の観覧車

ここからはフェリーの時間までのフリータイムをどう過ごすべきか?というのをいくつかご提案をしたいと思います。まずは、解散した場所はバンヤンツリーですが、そこはマカオでも随一を誇るカジノリゾートのギャラクシーの1つで、ほかにもリッツ・カールトン、オークラ、ギャラクシーホテル、JWマリオットの5つのホテルが入っています。大きなショッピングモール、レストラン、映画館、カジノが揃っています。一流ブランドから地元のブランドまであるので買い物三昧でもいいですし、せっかくマカオに来たのだからカジノを楽しむというのもOKです。レストランもたくさんあるので、まずはここで昼食を摂っても良いと思います。
ギャラクシーの周辺には「ベネチアン」、「パリジャン」、「スタジオ・シティ」という同じく巨大カジノリゾートがあります。こちらに移動して、カジノ、ショッピングをするのもいいですし、パリジャンにはエッフェル塔があったり、スタジオ・シティには8の字の観覧車があるので、そちらを訪れてもいいと思います。そう、カジノリゾートとはカジノだけではなく、いろいろな事が楽しめる場所なんです。
ベネチアンの外観

ベネチアンの外観

ベネチアンにはこんなアトラクションもあります

ベネチアンにはこんなアトラクションもあります

レストラン街

レストラン街

カジノのようす

カジノのようす

スタジオシティの外観

スタジオシティの外観

スタジオシティ内にはバットマンのアトラクションも

スタジオシティ内にはバットマンのアトラクションも

2、「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」を鑑賞する

ナビがイチオシなのは「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」(水舞間/The House of Dancing Water)というショー。これは芸術監督はシルク・ド・ソレイユの元プロデューサーであるフランコ・ドラゴーヌが手がけた水をテーマにしたスペクタクルなショーです。ストーリーは、香港やマカオを合わせたような魔法の王国に迷い込んだ漂流者/異邦人が美しい王女に出会い、恋してしまいます。しかし、王女は邪悪な継母で、国を乗っ取ろうとする暗黒の女王によって檻に閉じ込められ、それを異邦人が救おうとしますが…。上映時間は17:00から90分間のショーがあるので、帰りのフェリーが21:00の人はシルク・ド・ソレイユ以上の素晴らしいショーを楽しむというのをオススメします。場所は「シティ・オブ・ドリームス」というカジノリゾートでタクシーでも5分、ベネチアンを通過する形で徒歩15~20分で着きます。シティ・オブ・ドリームスもカジノやショッピングモール、レストランが充実しているので、ショーの前後はここで楽しむ事もできます。
水がふんだんに使われる幻想的なショーです

水がふんだんに使われる幻想的なショーです

アクロバティックなシーンもたくさん

アクロバティックなシーンもたくさん

3、官也街などローカルマカオを体験する

活気がある官也街

活気がある官也街

ギャラクシーから徒歩7、8分のところに官也街を中心としたコタイ地区の繁華街があります。特に官也街はコタイ地区の一番有名な通りで、観光スポットとなっています。お土産にぴったりのお店もずらっと並んでいます。周辺にはいくつかの「Galo」や「小飛象葡國餐」というマカオ料理を楽しめるレストランもありますので、こちらで舌鼓をうって下さい。
通り名の標識

通り名の標識

こちらは有名なレストラン

こちらは有名なレストラン


いかがでしたか? マカオを満喫したら所定の時間にコタイ・フェリーターミナルに行き、香港への帰路について下さい。このツアーは午前中は世界遺産を巡り、午後は買い物やカジノなど自由に時間を使えるという、ツアーと個人旅行がセットになったものです。どちらにも対応している非常に使いやすツアーになっていると思います。以上、マカオナビがお伝えしました。 








記事登録日:2016-06-15

ページTOPへ▲

集合場所は以下からお選びください

シェラトンホテル(SHERATON HOTEL/喜來登酒店) 

1.MTR荃灣線の尖沙咀(チムサーチョイ)駅で下車して、E出口を出ます。
2.目の前の彌敦道を南に進み、信号を向かい側に渡ったら、すぐ。

マルコポーロ香港ホテル(MARCO POLO HONG KONG HOTEL/馬哥孛羅香港酒店)

1.MTR尖沙咀駅A1出口から約7分。MTR尖沙咀駅A1出口を出て右手に出ます。
2.ネイザンロードを背にして海防道を進んでください。
3.突き当たりまで進むと廣東道(Canton ROad)にぶつかりますので、左に曲がります。
4.廣東道を3分ほど進むと右手にマルコポーロ香港が見えてきます。

インターコンチネンタル・グランドスタンフォード(INTER CONTINENTAL GRAND STANFORD/海景嘉福酒店)

1.MTRチムサーチョイ(尖沙咀)駅P1出口から地上に出ます。また、MTR荃湾線 尖沙咀駅からは、駅の地下道を通って、MTRのP1出口に向かいます。
2.出口を出て、そのまま道なりに手前のカオルーンシャングリラ方向にまっすぐ進みます。
3.そのままカオルーンシャングリラホテルを通り過ぎてさらに真っ直ぐに進んでいくと交差点に来ます。交差点をわたりそのままさらにまっすぐ進み、突き当たりが見えてくると、右手にホテルが見えます。

★尖沙咀地区にインターコンチネンタル系ホテルは2件あります、インターコンチネンタルホテル 洲際酒店(尖沙咀)とは異なりますのでご注意ください。

カオルーンシャングリラホテル (KOWLOON SHANGRI-LA HOTEL/九龍香格里拉酒店)

1. MTRチムサーチョイ(尖沙咀)駅P1出口から地上に出ます。また、MTR荃湾線 尖沙咀駅からは、駅の地下道を通って、MTRのP1出口に向かいます。
2. 出口を出て、そのまま道なりに進むとすぐ目の前にカオルーンシャングリラが見えます。

リーガル香港ホテル(Regal Hongkong Hotel/富豪香港酒店) 

1. MTR港島線銅鑼湾(Causeway Bay)駅で下車して、F出口を出ます。
2. 目の前の渣甸街(Jadine's Bazar)をまっすぐ進み、邊寧頓街(Pennington St)を渡って50メートルほどで左にあります。

スケジュール

時間 内容
07:00 指定ホテル出発
08:15-08:45 香港発 (乗船時間:約60分) 上環(ションワン)フェリーターミナルより高速フェリーにてマカオへ
※フェリーにはガイドは乗船致しません。お客様のみとなります。
09:30 マカオ到着
入国審査の後、マカオガイドがお出迎え
10:20-11:20 マカオ世界遺産観光
聖ポール天主堂跡(下車)、ナーチャ廟(外観のみ)、旧城壁(外観)、カテドラル(外観)、カテドラル広場(下車)、聖ドミニコ教会(下車)、セナド広場(下車)、仁慈堂(外観のみ)市政署(外観のみ)
※聖ポール天主堂跡から市政署まで移動は徒歩
11:40-12:10 マカオタワーまでご案内致します。
※入場料は含まれておりません。フリータイム中にマカオタワー入場をご希望の方は現地でガイドよりチケットをお買い求め頂けます。以外の方はマカオタワー周辺にてフリータイム。
12:40頃 お土産買いや食べ歩きが楽しめる官也街にて解散(昼食無し)
※解散場所の指定は出来かねます。
午後は思いのままにマカオの観光をお楽しみ下さい。
17:00台 もしくは 21:00台 17:00時、もしくは21:00時の高速フェリーにてコタイから上環へ。
※17:00台もしくは 21:00台のフェリーが満席の場合、30分前後のフェリーチケットをご用意します。予めご了承願います。
※フェリー乗り場まではお客様ご自身でお越し下さい。ガイドのアシスタントはございません。
※遅くとも、フェリー出発時間の30分前にはコタイフェリーターミナルにご到着し、マカオの出国検査を済ませてください。
※お帰りのフェリーチケットは香港のガイドより朝お渡し致します。
※香港ご到着後は送迎は付いていません。ご自身でホテルまでお戻り下さい。

注意事項、その他条件

※到着日・出発日のご参加はご遠慮下さい。
※フェリー会社及びフェリースケジュールは現地事情により変更になる場合があります。
※お土産屋さんには立寄りません。
※マカオの出入国審査の状況により観光箇所を省略する場合がございます。
※マカオタワーへはご案内致しますが、タワーへの入場料は含まれずにタワー周辺散策となります。タワーへの入場をご希望の場合、現地でチケットの購入が可能です。
※現地諸事情でマカオタワーが閉館の場合、行程をマカオ博物館(月曜日休館)へ変更します。もしくは、月曜日の場合、マカオ海事博物館及び、隣接する媽閣廟(マーコッミウ)にご案内します。
※マカオでは、マカオ政庁発行ライセンス取得日本語ガイドが同行します。
※ツアー参加当日はパスポートを必ずご持参ください。
※マカオ入国時にパスポートの有効期限が1ヶ月+滞在日数が必要となります。(2013年8月31日現在)
※ガイドはフェリーに乗船しません。(船内はお客様のみとなります。)
※自由時間にカジノへ行かれるお客様へのご案内:21歳未満の方、軽装(短パン、サンダル等)の方はご入場いただけません。
※昼食無し
※「民政総署」は2019年1月1日より「市政総署」に名称変更をしています。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-10-31

利用日
大人 子供