古き良き面影が残る下町散策~ 香港の生活・歴史・B級グルメを体験&大満喫!

Sham Shui Po walking tour (pm)

閉店・移転、情報の修正などの報告

ガイドと一緒に街を歩きながら、香港の歴史や下町の生活の様子を覗き見するツアー。
大勢の地元の人で賑わうB級グルメも体験しちゃう!

生活観溢れる下町、深水ポー。

生活観溢れる下町、深水ポー。

今日は午後からゆっくり出発できる、下町を大満喫できるウォーキング・ツアーをご紹介します!

集合場所は尖沙咀にある九龍ホテル(カオルーンホテル)のロビー。MTR尖沙咀駅に直結しているホテルだから、分かりやすくて便利! ガイドとミートした後、ツアー中の 移動は全て公共交通機関を利用します。気分は自由自在に香港を歩く、現地在住者のようですね!

行き先は香港人の生活に密着をしたディープな下町として知られる深水ポーと、昼と夜で別の顔を持つ油麻地。

ツアーでは香港人の生活や 生活に深く関わる歴史を見るだけでなく、街中を歩きながら活気ある香港のパワーに触れていただきます。途中、地元の人がおススメするローカルグルメもお試し頂くという、充実のスケジュール!
早速コース内容を見ていきましょう!


これぞ香港!ディープで活気のある下町、深水ポーを歩く

ガイドとあったら、早速深水ポーへ移動します。移動手段は香港人がよく利用をする2階建てバス! 香港はバス路線が多く、個人ではなかなか載りこなすのが難しいバスですが、ガイドと一緒なら安心!香港の繁華街や下町の景色を、車窓から堪能してくださいね!
2階建てバスで移動をします。2階から見下ろす香港の風景は格別です!

2階建てバスで移動をします。2階から見下ろす香港の風景は格別です!

バスの車内の様子(一例)。香港にはバス愛好者が多く、車内も整備されています。

バスの車内の様子(一例)。香港にはバス愛好者が多く、車内も整備されています。

車窓の風景(一例)。

車窓の風景(一例)。

さて、深水ポーへ到着をしたら、その街並みを堪能してください!オモチャ専門の通り、電気製品の部品専門通り、がらくた(?)山積みの屋台、手芸品問屋、マーケット、行列のできる食堂など・・・見ていても飽きることのない街です。
都市化が急速に進んでいる香港で、 ここには昔ながらの香港が残っています。多くの看板が道に迫り出し、常に賑わっていて 混沌とした雰囲気を感じる街です。 
混沌とした街並みですが、常にパワー溢れる活気を感じます。

混沌とした街並みですが、常にパワー溢れる活気を感じます。

有名な蛇スープのお店。香港生活に欠かせない、栄養満点のスープです。街歩き中には面白い発見だらけ!

有名な蛇スープのお店。香港生活に欠かせない、栄養満点のスープです。街歩き中には面白い発見だらけ!

暫く街並を見ながら歩くと、「公和荳品廠」へ到着します。「公和荳品廠」は、香港で知らない人はいない、豆乳や揚げ豆腐・豆腐花の専門店。この深水ポー店は改装を終えて綺麗な店構えとなりましたが、改装後も昔ながらの店構えであるタイル張りの壁や天井のファンが残っていて、レトロ感満載です。
とても小さな店舗ですが、引っ切り無しに老若男女が訪れる様子を見たら、ここが地元に根付いた昔ながらの有名店であることはお分かりいただけるはず。
この名店で、香港スイーツの代表である豆腐花を試食してみましょう!
レトロな店構え。店内での食事だけではなく、夕食などに使う食材を買い求める人も訪れ、店は常に大賑わい。

レトロな店構え。店内での食事だけではなく、夕食などに使う食材を買い求める人も訪れ、店は常に大賑わい。

甘い、優しい味の豆腐花は香港スイーツの代表格。香港風の砂糖をかけて食べると甘さが強めになります。

甘い、優しい味の豆腐花は香港スイーツの代表格。香港風の砂糖をかけて食べると甘さが強めになります。

豆腐花でお腹を満たしたら、お次は観光へ向かいます!

まずは香港を代表する菓子・パンの老舗メーカーである 「 Garden(嘉頓)」 の本社ビルへ。
この本社ビル内は誰でも自由に入場できるようになっていて、展示場だけではなく、ショップ・カフェスペースがあるんですよ。 香港市民に愛されて、日常から親しまれている菓子パンなどの歴史を展示場で見た後は、日本のガイドブックの常連にもなっている香港お土産の定番品 "ガーデンのPop-Pan" (ネギ風味クラッカー)やウェハースを購入できちゃいます。 また、この本社でしか購入できないGardenオリジナルグッズも狙い目!Garden本社でレアな香港土産や、ばら撒き土産を探しましょう!
Gardenの本社ビル。古くから市民に愛されてきた社屋も、近々改装予定。訪れるなら古い社屋の様子が見られる今がおススメです!

Gardenの本社ビル。古くから市民に愛されてきた社屋も、近々改装予定。訪れるなら古い社屋の様子が見られる今がおススメです!

街中を走っていたGardenのトラックを激写。本当に身近な存在のブランドなんですよ。

街中を走っていたGardenのトラックを激写。本当に身近な存在のブランドなんですよ。

展示場入り口。Gardenのロゴマークである、パンやさんの可愛い顔は一度見たら忘れられないマークです。

展示場入り口。Gardenのロゴマークである、パンやさんの可愛い顔は一度見たら忘れられないマークです。

展示スペースには昔の商品パッケージも陳列されています。レトロ可愛い缶がたくさん!

展示スペースには昔の商品パッケージも陳列されています。レトロ可愛い缶がたくさん!

展示室の横にはショップとカフェスペースが併設されています。香港人なら誰もが一度は食べた事がある商品が勢ぞろい!

展示室の横にはショップとカフェスペースが併設されています。香港人なら誰もが一度は食べた事がある商品が勢ぞろい!

ここでしか買えない、Gardenマーク入りのショッピングバックや、レトロなコースターなど、可愛いオリジナル商品がたくさん。このチェック柄、コンビ二で見かけるパンの袋にもなっていて人気なんですよ。

ここでしか買えない、Gardenマーク入りのショッピングバックや、レトロなコースターなど、可愛いオリジナル商品がたくさん。このチェック柄、コンビ二で見かけるパンの袋にもなっていて人気なんですよ。

さて、お次の観光は 「 美荷樓(メイホーハウス) 」。 1954年に設立された、香港最古の公団である石硤尾(セクキプメイ)団地の一部の建物であり、全部で29棟あった建物の中で唯一現存しているのが 「 美荷樓(メイホーハウス) 」です。グレードIIの歴史的建造物でしたが、現在はYHA美荷樓青年旅舍(メイホーハウス・ユースホステル)として再利用されており、建物の一部が1950~1970年代の石硤尾団地の歴史を紹介した博物館になっています。
ツアーで訪れるのはこのは見ごたえ十分の博物館。当時の生活様式を垣間見ることのできる展示が多くありますが、それはまるで日本の昭和初期さながらの風景や生活でなんとも懐かしい気分になります。
日本と大きく違うのは、公団住宅の部屋の大きさです。小さな部屋に多くの家族が肩を寄せ合い暮らしていた様が再現されており、現在の香港の住宅状況の根本とも言える暮らし振りを覗くことができます。
団地の様子。何千人もの住人が暮らしていました。

団地の様子。何千人もの住人が暮らしていました。

当時の暮らし振りや子供たちの遊び場の様子もパネル展示されています。

当時の暮らし振りや子供たちの遊び場の様子もパネル展示されています。

各部屋に台所はなく、調理場は室外にありました。

各部屋に台所はなく、調理場は室外にありました。

一住居には多くの人が肩を寄せ合うように暮らしていたそうです。その暮らし振りを見て歩くことができます。

一住居には多くの人が肩を寄せ合うように暮らしていたそうです。その暮らし振りを見て歩くことができます。

さあ、観光を一通りした後は、地元の人で賑わう茶餐廳(チャーチャンテーン)を体験しちゃいます!

茶餐廳(チャーチャンテーン)とは、香港に来たら誰しも一度は体験したいといわれている香港式のローカル食堂の総称。 でもこの茶餐廳(チャーチャンテーン)、初心者には言葉の問題やオーダーなどもあって難易度高いんですよね。 
この ツアーではガイドが一緒ですから、ご安心ください! また、今回はスタッフが厳選をした、お勧めの店へご案内しちゃいます。
お試し頂けるメニューは 「エッグタルト」・「通称パイナップルパンといわれる 菠蘿包」・「香港式フレンチトースト、西多士」の中から お好きなものを一つ。どれも香港ファンには大人気のおすすめメニューばかりです。 飲み物も、「香港式ミルクティー」か「香港式レモンティー」より選んでくださいね。 

とても人気のお店へご案内しますので、当日の状況によって多少入店待ちをする事もありますが、それも香港ならではの良い体験です。
地元で人気の茶餐廳(お店は一例です。ご案内する店が変わることもあります)。

地元で人気の茶餐廳(お店は一例です。ご案内する店が変わることもあります)。

中はプルプル、外はサクサクのエッグタルト。

中はプルプル、外はサクサクのエッグタルト。

ほかの店と比べて、と~てっも大きな菠蘿包。日本のメロンパンに似た食感ですが、香港ではパイナップルパンと言われます。

ほかの店と比べて、と~てっも大きな菠蘿包。日本のメロンパンに似た食感ですが、香港ではパイナップルパンと言われます。

こちらは香港式フレンチトースト、西多士。油であげたパンにバターと蜂蜜をかけた、香港人が大好きなおやつです。カロリーは高いですが、病み付きになるはず。

こちらは香港式フレンチトースト、西多士。油であげたパンにバターと蜂蜜をかけた、香港人が大好きなおやつです。カロリーは高いですが、病み付きになるはず。

茶餐廳(チャーチャンテーン)で地元の人に混ざり 人気B級グルメを堪能したら、香港人の胃袋とも言われる街市や下町散策をしながら、地下鉄駅へ向かいます。香港の地下鉄を体験をしながら、次の目的地 "油麻地" へ向かいましょう。
あらゆる新鮮な食材が手に入る、街市。迫力ある光景をお楽しみください。

あらゆる新鮮な食材が手に入る、街市。迫力ある光景をお楽しみください。

深水ポーの街は、常に人がいっぱい。古い街並と活気ある人々の風景をお楽しみください。

深水ポーの街は、常に人がいっぱい。古い街並と活気ある人々の風景をお楽しみください。

昼と夜、違う顔が魅力の大人の下町、油麻地

さて、ガイドと一緒に香港の地下鉄体験をしがら到着をしたのは、油麻地。深水ポーが生活に密着した下町だとすると、油麻地は夜に活気を増す大人が集まる下町ともいえます。天后廟を中心に伸びる廟街は通称”男人街”とも呼ばれ、夕方になると屋台や占いの出店・夜店が集まります。
しかし、そんな夜の顔ばかりクローズアップされがちな油麻地も、昼間はまったく違う顔を持っているんです。油麻地にある香港一のフルーツマーケットは100年以上の歴史を誇り マーケットの歴史ある建物やシャッターは、フォトジェニックな場所として有名。 また、マーケットに集まる世界中の色鮮やかなフルーツは見応え十分。
そして、フルーツマーケット近くの 「上海ストリート」も、街歩きには楽しい場所です。 香港の台所とも呼ばれ、香港中のレストランで必要なキッチン用品が集まってくる上海ストリートは宝探しをしているかのように、面白いものに出会えるはず。 中華料理に欠かせない大小の蒸篭や、香港ならではのお菓子・月餅の型などもたくさんあります。
昼間の廟街は、出店もなく落ち着いています。

昼間の廟街は、出店もなく落ち着いています。

フルーツマーケットの様子。

フルーツマーケットの様子。

フルーツマーケットはいつも大勢のお客で賑わっています。

フルーツマーケットはいつも大勢のお客で賑わっています。

色鮮やかなフルーツが並んでいる様は、南国そのもの。

色鮮やかなフルーツが並んでいる様は、南国そのもの。

上海ストリート。これは、中華料理に利用されるまな板です。日本との文化の違いを感じる場所のひとつ。

上海ストリート。これは、中華料理に利用されるまな板です。日本との文化の違いを感じる場所のひとつ。

上海ストリートで見つけた蒸篭。小さなものは小物入れにもなり、お土産としても人気。

上海ストリートで見つけた蒸篭。小さなものは小物入れにもなり、お土産としても人気。

また、油麻地には多くの歴史的建造物も残っています。ツアーではドラマや映画のロケ地としても使用される、エドワーディアン様式の美しい油麻地警察署(2級歴史建築)、香港に現存する唯一の戦前に建てられた映画館・劇場である油麻地戯院を訪れます。
油麻地戯院

油麻地戯院

油麻警察署跡

油麻警察署跡

中国グッズのお宝を探すならここ!

ツアーの最後は、佐敦にある「裕華國貨」へ。香港の老舗・中華系デパートです。
香港・中国の製品を探すなら、ここははずせません。 漢方・薬・食品・お茶・雑貨・陶磁器・衣料品など、商品数も莫大。 思い思い、香港のお土産を探しててくださいね。きっと、面白いグッズやお気に入りの一品に出会えるはず。

そして、ツアーはここで終了・解散となります。
裕華国貨の外観。巨大デパートです!

裕華国貨の外観。巨大デパートです!

香港定番土産・万能薬として知られる百合オイルも多くの種類が揃っています。

香港定番土産・万能薬として知られる百合オイルも多くの種類が揃っています。

タイガーバームの肩首専用。最近人気の商品もありました。

タイガーバームの肩首専用。最近人気の商品もありました。

中国服のワインボトル・カバーを発見。可愛い!

中国服のワインボトル・カバーを発見。可愛い!

レースや刺繍のハンカチ・ティッシュボックス類なども、たくさん。

レースや刺繍のハンカチ・ティッシュボックス類なども、たくさん。

あ、これナビも持っています。お土産にしたら喜ばれる、可愛い針刺しですよね。

あ、これナビも持っています。お土産にしたら喜ばれる、可愛い針刺しですよね。

チャイナ服売り場にあった刺繍靴。ジーンズにあわせたらメチャ可愛いに違いない、欲しい~!

チャイナ服売り場にあった刺繍靴。ジーンズにあわせたらメチャ可愛いに違いない、欲しい~!

中国服もインナーからアウターまで、本当にたくさん揃っています!

中国服もインナーからアウターまで、本当にたくさん揃っています!

男性用の中国服。お洒落な色ですね。

男性用の中国服。お洒落な色ですね。

耳のツボ模型。お土産にしたら面白いかも?

耳のツボ模型。お土産にしたら面白いかも?

レトロ香港の代名詞にもなっている、”鶏柄の食器”もこんなにたくさん。

レトロ香港の代名詞にもなっている、”鶏柄の食器”もこんなにたくさん。

本格的な中国茶を淹れたい人にはこちら。

本格的な中国茶を淹れたい人にはこちら。

年代ものの景徳鎮のティーセット。出会ったら即購入しないと、次回まであるか分かりません。

年代ものの景徳鎮のティーセット。出会ったら即購入しないと、次回まであるか分かりません。

中国茶専門店もたくさん入っています。よりどりみどり。

中国茶専門店もたくさん入っています。よりどりみどり。

香港ならではの縁起グッズもありました。

香港ならではの縁起グッズもありました。

これは香港製の”two girls”ブランド。地下の石鹸などを扱うコーナーにて。

これは香港製の”two girls”ブランド。地下の石鹸などを扱うコーナーにて。

調味料もどんとこい!

調味料もどんとこい!

自分で煮出す漢方に挑戦したい人もこちらでどうぞ。

自分で煮出す漢方に挑戦したい人もこちらでどうぞ。


いかがでしょうか。 香港を知りたい!市民の生活に触れたい!下町の雰囲気を味わいたい!歴史を知りたい!地元の人が食べているローカルフードに挑戦したい!B級グルメ大好き!香港ならではのお土産ハンティングをしたい!地元の人のように公共交通機関を載りこなしたり歩いてみたい!

そんな贅沢なあなたの願いをぜ~んぶ叶える、大満足な充実ツアーです。たった半日ですが、これであなたも香港のエキスパートになれるかも!   以上、ヨクバリさんは要チェックのツアーをご紹介しました。

記事登録日:2018-03-12

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-03-12

利用日
大人 子供