ランタオ島の梅窩(ムイウォ)を自転車で巡るサイクリング・ツアー (英語ガイドの案内)

Mui Wo Bike tour (by English guide)

閉店・移転、情報の修正などの報告

採掘の歴史と梅窩(ムイウォ)を知ることができる自転車でのサイクリングツアー。村のあちこちを巡りながら英語ガイドが詳しく説明をしてくれます。

ツアーの訪問場所と見どころ


1. 李府界石:1955年に発見されたこの石は、梅窩涌口に設置されていたと考えられており、石には『李府食邑稅山』と彫られています。この石がいつ造られたのかは分かっていません。研究者によると1265年以降に設置され、1226年に進士に及第した李氏が土地の境界石として利用したと考えられています。同じような石が1977年、ランタオ島の山萬角で見つかっています。\n

1. 李府界石:1955年に発見されたこの石は、梅窩涌口に設置されていたと考えられており、石には『李府食邑稅山』と彫られています。この石がいつ造られたのかは分かっていません。研究者によると1265年以降に設置され、1226年に進士に及第した李氏が土地の境界石として利用したと考えられています。同じような石が1977年、ランタオ島の山萬角で見つかっています。\n

2. 奕園:白銀鄉にある奕園は、楊瑞山という香港で非常に有名な「義和隆米行」の経営者が所有するプライベートビラがありました。戦前は庭園、外国式の家屋、そしてプールや噴水などもあり、その規模は約7.6ヘクタールもありました。

2. 奕園:白銀鄉にある奕園は、楊瑞山という香港で非常に有名な「義和隆米行」の経営者が所有するプライベートビラがありました。戦前は庭園、外国式の家屋、そしてプールや噴水などもあり、その規模は約7.6ヘクタールもありました。

3.シルバーマインベイの滝:シルバーマインベイの滝は黄公田、亞婆塱、窩田といった数々の小川から構成されています。雨季になると壮大で素晴らしい光景を見ることができます。

3.シルバーマインベイの滝:シルバーマインベイの滝は黄公田、亞婆塱、窩田といった数々の小川から構成されています。雨季になると壮大で素晴らしい光景を見ることができます。

4. 銀鑛洞:シルバーマインヒルに位置し、1862年から1962年までの間は銀の採掘がされていました。約4メートルの幅がある洞窟です。洞窟の中には地下の割れ目があり、野生のコウモリの生息場所となっています。

4. 銀鑛洞:シルバーマインヒルに位置し、1862年から1962年までの間は銀の採掘がされていました。約4メートルの幅がある洞窟です。洞窟の中には地下の割れ目があり、野生のコウモリの生息場所となっています。

5. 文武廟: 明朝萬曆時代(1573-1619年)に建立された、400年の歴史を持つ香港最古の文武廟。小さいが非常によくメンテナンスがされています。\n

5. 文武廟: 明朝萬曆時代(1573-1619年)に建立された、400年の歴史を持つ香港最古の文武廟。小さいが非常によくメンテナンスがされています。\n

 6. 北帝宮:大地塘村の広場に位置しています。この北帝廟の外には大きな広場があり、村人が集ったり宴会を行う場所になっています。\n

6. 北帝宮:大地塘村の広場に位置しています。この北帝廟の外には大きな広場があり、村人が集ったり宴会を行う場所になっています。\n

7. 涌口古宅(袁氏更樓):涌口村に位置しています。花崗岩で造られた建物は、約70-80年前のものです。堀により、見張り棟と囲いとが繋がっています。見張り棟は安全や海賊の見張りに利用されてきました。\n

7. 涌口古宅(袁氏更樓):涌口村に位置しています。花崗岩で造られた建物は、約70-80年前のものです。堀により、見張り棟と囲いとが繋がっています。見張り棟は安全や海賊の見張りに利用されてきました。\n

8. 洪聖古廟:もともとの洪聖古廟は涌口にありましたが、メンテナンス不足により崩壊した為、新しい廟は鹿地塘に建てられ1992年に一般公開されました。元の廟で使われていた刻版は、現在の廟の前にかかっています。\n

8. 洪聖古廟:もともとの洪聖古廟は涌口にありましたが、メンテナンス不足により崩壊した為、新しい廟は鹿地塘に建てられ1992年に一般公開されました。元の廟で使われていた刻版は、現在の廟の前にかかっています。\n

9.シルバーマインベイビーチ:梅窩谷には明の時代(16世紀)の半ばから農民が移り住みました。19世紀には谷に6つの村があり、多くは銀の採掘に従事しました。住民が海賊を見張るための台も残っています。

9.シルバーマインベイビーチ:梅窩谷には明の時代(16世紀)の半ばから農民が移り住みました。19世紀には谷に6つの村があり、多くは銀の採掘に従事しました。住民が海賊を見張るための台も残っています。

記事登録日:2018-11-10

ページTOPへ▲

香港集合場所

img

MTRセントラル駅、出口A集合、午前11時

img

セントラル波止場 6番埠頭前、午前11時30分

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-11-10

利用日
大人 子供