AQUALUNA(アクアルナ)ナイトクルーズ 【シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞】

AQUALUNA CRUISE ONLYAQUALUNA(アクアルナ)ナイトクルーズ

閉店・移転、情報の修正などの報告

ノスタルジックな空間でエレガントな夜景を体験。
香港在住日本人にも大人気のクルージングです♪

みなさんこんにちは、香港ナビです。香港観光のメインイベントといえば100万ドルの夜景観賞です。山頂(The Peak)からみる夜景、オープントップバスでネオンを感じながら楽しむというのもあります。そういった中の1つとして、香港観光の象徴的な船として雑誌などあちらこちらで紹介される真っ赤なジャンク船が有名です。そのジャンク船「Aqualuna(アクアルナ)」に乗って毎夜、ビクトリアハーバーで開催されている音楽とレーザーの祭典「シンフォニー・オブ・ライツ」を楽しむというのがあります。今回は、このクルージングツアーをご紹介したいと思います。

香港ナビサイトからの申し込み

香港ナビのサイトから申し込みを済ませます。するとナビから予約確定のメールが届きます(営業時間外の申し込みは翌営業日となります)。予約確認書が添付されていますので、そちらをプリントアウトしてください(携帯電話で当該ページを画面に表示させても、受けつけてもらえません)。数日経過してもナビから連絡がない場合はまず「迷惑メール」をチェックしてみてください。誤ってそちらに振り分けられている可能性があります。それでも見つからない場合は香港ナビまでメール(webmaster@hongkongnavi.com)か会員ログインをしてマイナビ該当の予約画面からメッセージを送ってください。

シェラトンホテルのロビー(地上階)に集合!!

ツアーを申し込んだ人は18:50分に尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にあるシェラトンホテルの地上階(日本でいう1階)のロビーに集合してください。ロビーの中央には丸い大きなソファがあるのでそちらに座っているのが一番いいと思います。時間になるとガイドさんが迎えに来てくれて、点呼と取ります。時間厳守はしてくださいね。
シェラトンの入口

シェラトンの入口

ロビーにあるソファ

ロビーにあるソファ

ガイドさんが出席確認をとります

ガイドさんが出席確認をとります

徒歩でふ頭に向かいます

シェラトンで待ち合わせた理由は、アクアルナに乗船するふ頭がバスで向かうより近くて早いからです。歩くと言っても徒歩数分ですし、ふ頭までも九龍の街の雰囲気や香港島側の景色が堪能できるというメリットがあります。点呼のあとガイドさんが実際に船着き場まで連れて行ってくれて、アクアルナの船乗り場で手続きをしてくれます。その時、切符の代わりとなるシールが渡されますので、腕や胸などに張り付けてください。そして、列に並びます。クルージング自体は19:30分からなのですが人気のツアーなので、時間が迫るにつれ長蛇の列になり良い席の確保が厳しくなります。時間厳守と先ほど書いたもう1つの理由です。
シェラトンの向かいにあるペニンシュラ方面に向かいます

シェラトンの向かいにあるペニンシュラ方面に向かいます

ペニンシュラ前の交差点を南に向かいます

ペニンシュラ前の交差点を南に向かいます

香港文化中心のほうに進みます

香港文化中心のほうに進みます

すると時計台が見えます

すると時計台が見えます

反対側は徐々に暗くなってきた香港島の景色が見えます

反対側は徐々に暗くなってきた香港島の景色が見えます

ここがアクアルナの受付。ガイドさんが手続きをしてくれます

ここがアクアルナの受付。ガイドさんが手続きをしてくれます

そうこうしているうちに日が暮れ、長蛇の列が

そうこうしているうちに日が暮れ、長蛇の列が

ガイドさんの手続きが済むとシールが配られます

ガイドさんの手続きが済むとシールが配られます

このシールを身体のどこかに貼ってください

このシールを身体のどこかに貼ってください

座席は船の先頭の方がベストだそうです

待っている間、ガイドさんから、ジャンク船には3カ所の座る場所があることの説明を受けます。ガイドさんのオススメは香港島側と九龍側の両方が見られる船の先頭のほう。「船に乗ったらすぐ右に曲がって先頭に行って下さい」と具体的に行き方まで親切に教えてくれました。そうこうしてうちに、気づけば日もすっかり暮れ、遠くからジャンクボートがやって来ます。赤くライトアップされた船はカッコイイの一言です。
遠くに見えるジャンク船

遠くに見えるジャンク船

徐々に港に近付いてきました

徐々に港に近付いてきました

船内の様子

階段を上がると2階席へ

階段を上がると2階席へ

先にクルーズしていた客が下船した後、クルーの手助けを受けながら乗船します。対応は丁寧です。3カ所の席というのは、まず階段を上がった席(=2階席)。窓はなく、奥行きのある長いソファが両脇にあります。奥行きがあるので寝そべる人もいました。下の階はバーで景色を楽しむため照明は暗めにしてあります。ガラス窓があるのでクーラーが効いて、暑い夏にはピッタリの場所です。ただガラス窓で仕切られた感じになるので臨場感にはちょっと欠ける面があります。
デッキは屋外になりますがイスやソファが設置されていいます。2階のソファ席やバーでは片方の景色を楽しめますが、反対側は別の観光客が座っていますので、見るのは大変です。しかし船の構造上、先頭に近づくだけ船の幅が狭くなっているので先頭の方に席を確保できると振り向くだけで反対側の景色が味わうことができます。さすがガイドさんならではの適切なアドバイスです。幸いナビは早くから並んでいたおかげで先頭の方に場所を確保する事が出来ました。天気の良い日は特にデッキでの観賞をおすすめしたいと思います。
スタッフが乗船を助けてくれます

スタッフが乗船を助けてくれます

2階席のようす

2階席のようす

2階席からデッキを見降ろします

2階席からデッキを見降ろします

バーの入口近く

バーの入口近く

バーの内部のようす

バーの内部のようす

船の先頭はこのような感じです

船の先頭はこのような感じです

デッキにもイスがあります

デッキにもイスがあります

ソファもありカップルでシェアする人も多くいました

ソファもありカップルでシェアする人も多くいました

船の先頭から後方を見たときのようす

船の先頭から後方を見たときのようす

無料ドリンクサービスつき

出発をすると、クルーが飲み物は何がいいのかを聞きに来ます。このツアーではドリンク1杯が無料でついていて出航前にガイドさんから渡されていたドリンクリストの紙が渡されるのでそれをクルーに渡して下さい。ほどなくして飲み物が運ばれてきます。メニューはスプライト、コーラなどのソフトドリンク、りんご、オレンジといったフルーツジュース、赤&白ワイン、ビールやカクテルのお酒があります。もっと飲みたいという方は、有料になりますが追加でオーダーできます。

さあ出発。景色とシンフォニー・オブ・ライツと楽しみましょう!!

全員の乗船が終わり出発すると反対側の中環(Central)方面に向かいます。これは中環で乗船する人を迎えに行くからです。この間は香港島の夜景を十分に堪能できる時間です。10分ほどで中環のふ頭に到着し、乗客が乗り込んできます。
ちなみに、「シンフォニー・オブ・ライツ」について説明ておきます。これは毎日行われる(天候や都合により、中止されることもあります。)このハーバーの名物で、20:00から13分間の光とレーザーのショータイムです。音楽にあわせて、ミュージカルのように行われますので、船の中にもこのショーの音楽や解説が流されます。船を真ん中に、左右で行われるきらびやかで豪快なショーに乗船客も圧倒されっぱなしです。しばらくは、ゆっくりゆっくりの速度でまるでとまっているような感じで見ることができます。
話は戻りますが、中環を離れたアクアルナは、シンフォニー・オブ・ライツが一番よく見える場所に移動していき、ビクトリアハーバーのほぼ中央に到着するとちょうどショーが始まります。船にも陸上で観賞している人と同じアナウンスが聞こえる大きなスピーカーが設置されているのです。実は岸でみていると、スピーカーから離れた場所では音楽やアナウンスが聞こえないので光のショーだけになってしまうのですが、アクアルナではそんな心配は一切いりません。
香港島の景色

香港島の景色

観覧車も見えます

観覧車も見えます

中環の港でも客を乗せます

中環の港でも客を乗せます

九龍側のレーザー

九龍側のレーザー

香港側のレーザー

香港側のレーザー

もう少しビルをアップで撮影してみました

もう少しビルをアップで撮影してみました

光線は次から次へと放たれます

光線は次から次へと放たれます

ショーが終わるとビクトリアハーバーの西側にも向かいます

ショーが終わった後、今度は湾仔(Wanchai)や尖沙咀東(Tsim Sha Tsui East)などの西側の方をクルーズしていきます。今度は、尖東のホテル群やシドニーのオペラハウスにも似たの会議展覧中心(Convention & Exhibition Centre)などを見ていきます。それが終わると迂回して最初に乗船したところに戻っていきます。港に戻って下船すると解散となります。
湾仔側の景色

湾仔側の景色

九龍側の景色

九龍側の景色

下船する乗客

下船する乗客


いかがでしたか? あっという間の1時間弱の旅ですが、ノスタルジックな船に揺られながら、夜景を堪能できる満足感の高いクルージングです。このツアーは尖沙咀で解散することと、香港の夜は長いためツアーが終わる20:15分以降になっても十分食事や買い物を楽しむ事も可能なお得なツアーです。以上、香港ナビがお伝えしました。


記事登録日:2011-10-11

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    eruzou

  • photo

    0915ryoko

ページTOPへ▲

送迎場所 【ホテルまでのお見送りはありません。尖沙咀スターフェリー乗り場にて下船&解散】

集合場所

シェラトンホテル(SHERATON HOTEL/喜來登酒店)グランドフロアロビー(エレベーターでG階)
1.MTR荃灣線の尖沙咀(チムサーチョイ)駅で下車して、E出口を出ます。
2.目の前の彌敦道を南に進み、信号を向かい側に渡ったら、すぐ。  

解散場所

クルーズ終了後、下船と同時に現地解散となります。

注意事項

日本語ガイドは、シェラトンホテルから乗船波止場までご案内し、受付を済ませたらその場でお別れとなります。ホテルまではご自身でお帰りいただくことになります。
ホテルまでの帰り方が不安な方は、ガイドにご確認して下さい。

スケジュール

時間 内容
18:50 シェラトンホテル出発
  ↓
徒歩にて尖沙咀(チムサーチョイ)フェリーターミナルへ
19:30又は19:45 AQUALUNA(アクアルナ)ナイトクルーズ(45分)、船上よりシンフォニーオブライツ鑑賞。
※※日本語ガイドはシェラトンホテルから乗船波止場までご案内し、受付を済ませたら、その場でお別れとなります。※※
20:15 尖沙咀公衆埠頭下船、解散

注意事項、その他条件

※香港ナビ以外のお客様とご一緒になる場合があります。
※台風、香港政府などのイベントなどによりシンフォニーオブライツが中止の場合、ショーは鑑賞できませんが、返金はありません。
※帰りの送迎はございません。ホテルまではご自身でお帰りいただくことになります。
※ご予約確定はツアーご参加日の7日前以降となります。(例 4/8ご参加の場合、予約確定は4/1)
※AQUALUNA(アクアルナ)の船の帆は必ずしも赤色ではありません。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-10-26

スポット更新日:2009-04-06

利用日
大人 子供

関連記事

シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞ガイド

シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞ガイド

ギネス世界記録に認定されている香港が世界に誇る光と音楽のレーザーショー。シンフォニー・オブ・ライツをもっと楽しむためのガイドです。

シンフォニー オブ ライツ

シンフォニー オブ ライツ

ギネス・ワールド・レコーズ(ギネス世界記録)でも認定された、香港のデイリーイベント。7月1日、2日は中国への返還記念日のため花火も追加されます!超豪華版100万ドル以上の夜景をお見逃しなく!