スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


中環(セントラル)スターフェリースターフェリー乗り場

Star Ferry Pier, Central中環天星碼頭

閉店・移転、情報の修正などの報告

新しい観光名所に生まれ変わったスターフェリーセントラルピア。バスや離島行きフェリーへのアクセスも簡単になったから観光拠点としてもバッチリ。

こんにちは!香港ナビです。
香港と言えばやっぱりスターフェリー!スターフェリーに乗らない香港の旅なんてありえないと言っても言い過ぎではありません。
一世紀に渡って香港市民に親しまれてきた、中環(セントラル)のStar Pierが中環地区埋め立て計画の推進に伴い、時計台とともに取り壊されることになり、2006年11月11日に多くの人に惜しまれながらその長い歴史に幕を下ろしました。
そしてその翌日から、スターフェリー乗り場は、500メートル離れたセントラルフェリーターミナルのPier7へ移転しました。
今回はその新生スターフェリー乗り場をご案内します。

行き方

MTR港島線 中環(セントラル)駅 A出口をあがり、すぐ隣にあるエスカレーターで高架へ上がります。 MTR港島線 中環(セントラル)駅 A出口をあがり、すぐ隣にあるエスカレーターで高架へ上がります。

MTR港島線 中環(セントラル)駅 A出口をあがり、すぐ隣にあるエスカレーターで高架へ上がります。

All Ferriesと書かれた案内板がありますので、それを目印にどんどん歩いていきます。 All Ferriesと書かれた案内板がありますので、それを目印にどんどん歩いていきます。

All Ferriesと書かれた案内板がありますので、それを目印にどんどん歩いていきます。

左手にIFCモールが見えてくると階段があるのでそこを下へ降ります。そして歩道に沿ってそのまままっすぐ歩いていくと、右手に新生スターフェリー乗り場が見えてきます。
A出口からここまでゆっくり歩いて10分弱です。
*現在連絡橋が建設中(2007年5月現在)で、それが完成すると階段を下りることなく、そのまままっすぐUpper Deck乗り場の入り口まで行くことができるようになります。
今までのスターフェリー乗り場は、決してきれいではないけれど長い歴史を感じることのできる味わい深い場所でした。新しく建てられたPierは、まったく近代的な建物で、名前もCentral Pier(中環碼頭)に変わりました。真中にちょこっと乗っている時計台が昔のフェリー乗り場を少しだけ思い出させてくれるような作りですが、クラシックな風情はまったくなく、昔のフェリー乗り場に愛着のある人にしてみれば、少々物足りない、そんな建物です。
時計台を真中にして、左側がチムサーチョイ行き乗り場、右側がホンハム行き乗り場になっています。
チムサーチョイ行き、ホンハム行きの両方とも、Upper Deck(2階席)乗り場は建物の両端にある階段を上がらなければなりませんが、エレベーターも設置されています。
チムサーチョイ行きLower Deck(1階席)乗り場は階段を上らず、そのまま進んでいくと改札が見えてきます。入り口両脇にセブンイレブン、アイスクリーム屋さん、お弁当屋さんが並んでいます。
upper Deck(2階席)乗り場への階段を上がると、スターバックス、ベルギーワッフル ボーイズ、マキシムケーキショップのお店があります。おいしそうなワッフルを横目で見ながらまっすぐ進むとまもなく改札が見えてきます。
トイレは改札の手前右手にあります。車椅子専用のトイレもあり、エレベーターとあわせてバリアフリーになっています。

トイレは改札の手前右手にあります。車椅子専用のトイレもあり、エレベーターとあわせてバリアフリーになっています。

改札では電光板が次の船までの時間を教えてくれます。

改札では電光板が次の船までの時間を教えてくれます。

新しいスターフェリー乗り場は全面が透明の板で覆われていて、天井との間には風を通すためのスペースもあり、とてもオープンな空間になっています。
白くてかわいいベンチが海に向かって並んでいて、このベンチに座りながら九龍半島の景色を眺めるのも気持ちよさそうです。出たり入ったりするフェリーを眺めるのも楽しいですね。
さてフェリーが着いたので乗り込みましょう。
Pierの内側と外側の2箇所にフェリーが着きます。スロープをおりてフェリーに乗り込むのは前と同じです。
新しい建物は後ろから見ても同じ作りになっています。セントラルの高層ビル群をバックに、新しいフェリーピアは写真写りも良いみたいです。
少し離れると中環(セントラル)の高層ビルがどんどん目の前に広がっていきます。

さて、チムサーチョイにタッチして、すぐに中環(セントラル)に戻ってみましょう。

新しいPierと高層ビル群の写真を撮るのに絶好のアングルで船は進みます。新しい建物がどれだけきれいかじっくり見てください。
写真を撮ることに夢中になっているうちに船がPierに横付けされます。以前と同じように船を下りてスロープを上がります。船が着いた場所によりますが、右手か左手に階段があるので、そこを下りると目の前にはバスターミナル、右手には離島行きのフェリーターミナルが並んでいます。
階段を下りずに正面にある階段を上がると、Central Pierの建物内部に入っていきます。そこにはお菓子屋さん、パン屋さん、本屋さんなどが並んでいて、真中のオープンスペースにはテーブルと椅子が置かれ、観光客がガイドブックを広げながらアイスクリームを食べていました。Heritage Shopではスターフェリー関係のミニチュアなどお土産にぴったりのものが並んでいます。その隣にはビクトリアハーバーをぐるっと一回りする”Star Ferry’s Harbour Tour”のチケット売り場があります。今までは人が移動するためだけに使われたPierでしたが、新しいPierには船に乗る前、乗った後、ちょっとリラックスできるような空間がたっぷりで、船に乗らなくてもふらっと出かけて潮風にうたれたいと思うような、そんな場所に変身しています。
Central Pierの周りには大きなバスターミナルがあり、香港島のあちこちへバスが出ています。
ビクトリアピーク、オーシャンパークなどの観光地にもバスが出ていてとても便利です。
フェリーターミナルからは離島各地へフェリーが出ているので、ここからラマ島、長洲島に出かけるのもおすすめです。

新しいスターフェリー乗り場どうでしたか?
以前の乗り場はトラムやMTRへの乗り継ぎも便利で、多くの人たちが通勤に利用していました。
香港人に混じっていろんな国の人々が行き来する様子が、香港らしくて大好きでしたが、 新しいフェリー乗り場はMTR港島線「中環(セントラル)」駅から歩いて10分ほどかかってしまうので、今までのように気軽に使う人は少なくなったかもしれません。
でもその分、観光地としての要素は濃くなったようで、ただ船に乗り降りするだけでなく、景色を眺めながらゆっくりできるスペースがあちこちにあるため、そこでのんびりしている観光客をたくさん見かけました。路線バスや離島行きのフェリーにも簡単にアクセスできる絶好のロケーション。
新生スターフェリー乗り場は利用価値ありますよ!
以上 香港ナビがお伝えしました。

記事登録日:2007-05-31

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-05-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

乗り降り自由!香港オープントップバス BIG BUS TOUR

乗り降り自由!香港オープントップバス BIG BUS TOUR

オープントップバスの2階席から香港をめぐる観光ツアーです。香港の名所や見どころを網羅した4つのコースを用意しました。

スターフェリー

スターフェリー

波にゆられてのんびりと・・香港を感じる旅

コタイジェット往復+香港島まるごと1日観光【マカオ発着】

コタイジェット往復+香港島まるごと1日観光【マカオ発着】

香港島を1日でぐるっとひと周り!名所の数々をがっちり押さえたコースです!ピークトラムやアバディーンのサンパン船にも乗れ、一世を風靡した映画「慕情」の舞台となったレパルスベイにも行けちゃう、香港島の魅力満載のツアー!