ノボテルセンチュリー香港

Novotel Century Hong Kong世紀香港酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

香港のコンベンションセンターに近く、香港の下町も楽しめるホテル。(再取材)

こんにちは、香港ナビです。今日は湾仔(ワンチャイ)の真っただ中にあるノボテル・センチェリーホテルをご紹介します。ホテルがある謝斐道(Jaffe Road)は、バーやクラブが軒を連ねる繁華街。平日でも地元の外国人や観光客で夜遅くまで賑わっています。2年前にナビでご紹介したこちらのホテルですが、その後改装をしたということなので、再取材に行って参りました!

高い吹き抜けの天井が作り出す大きな空間に、ガラス張りの外壁からは太陽の光がさんさんと入って、とても気持ちの良いロビー。3年かけて行われた大改装で、とてもモダンなレセプションに変身しました。

-客室情報-

総客室数は511室、うちスイートが23室という大規模なビジネスホテル。客室のカテゴリーはスタンダード、デラックス、プレミアム・エグゼクティブ・フロア、スイートとなっています。スタンダードからプレミアム・エグゼクティブ・フロアまでの客室サイズはすべて同じで23㎡。香港では階数で部屋のカテゴリーが変わるホテルが多いですね。喫煙フロアは3、4、5、9、16、23階にあります。

スーペリアルーム (ツインベッド) 23㎡

9階から19階までがスーペリアルームです。ナビが見せてもらった客室は16階。部屋に入って階数でカテゴリーをわけるのが理解できました。だって景色が良いんです。スタンダードルームは、3~8階の低層階なので、窓の外には古いマンションしか見えないのかも。

改装したばかりでとっても清潔な客室内、シンプルだけど機能的なお部屋です。ツインベッドルームはシングルサイズベッドが2台、ダブルベッドルームはクイーンサイズベッドになります。クローゼットの中には予備の枕が2個用意されているので、1個では低すぎるという方にうれしいですね。枕はフォームとフェザーの2種類用意されているそうです。必要な方はルームサービス係に聞いてみてください。客室内のテレビではNHK放送が見られます。また客室内でのインターネット接続ももちろん可能です。
基本的にシティビューになりますが、この客室からはビルの間から少しだけ海が見えました。

基本的にシティビューになりますが、この客室からはビルの間から少しだけ海が見えました。

ベッド横にある読書灯は飛行機の中で使用されているものと同じで、とても高価なものだそうです。

ベッド横にある読書灯は飛行機の中で使用されているものと同じで、とても高価なものだそうです。

ツインベッドルームの客室は全てバスタブ付きで、ダブルベッドルームはシャワーブースのみとなっています。日本人ゲストの場合、特にリクエストがなければ、バスタブ付きのツインベッドルームを用意してくれるそうです。
各フロアには製氷機があります。


■共通の備品

■バスルーム共通の備品

■インターネット情報
全室ワイヤレス接続とケーブル接続の両方を使用できます。エクゼクティブフロアは、ケーブル接続は無料、ワイヤレス接続は有料です。
エクゼクティブフロア ケーブル接続無料、ワイヤレス接続 HK$120(24時間)。
その他の客室 ケーブル接続HK$95(24時間)、ワイヤレス接続 HK$120(24時間)。
LANケーブルはライティングデスクの中に収納されています。


プレミアム・エグゼクティブ・ルーム  23㎡
ホテルの80%以上の利用客がビジネス目的での滞在だそうで、エグゼクティブルームは世界を飛び回るビジネス客に特に人気があるそうです。客室の内装はスーペリアルームとあまり変わりませんが、家具の色調がダークトーンになり、落ち着いた大人な印象です。このフロアの宿泊客は、インターネットのケーブル接続が無料になり、ビジネスツールが揃ったプレミアム・エグゼクティブ・ラウンジを使用することができます。
エグゼクティブルームには無料のお水やバスローブがついています。

エグゼクティブルームには無料のお水やバスローブがついています。

モザイクの色とりどりタイルが張られて明るいバスルーム

モザイクの色とりどりタイルが張られて明るいバスルーム


ジュニアスイート  46㎡
開放的なリビングルームには、ライトカラーの家具や植物が置かれ、旅先にも関わらず、まるで我が家に戻ってきたかのような気分になれそう。数室あるスイートのうち2部屋のみがツインベッドルームで、その他すべての客室はダブルベッドルーム(キングサイズベッド)です。
DVDプレーヤーもありました。

DVDプレーヤーもありました。

モダンなデザインのバスルーム。

モダンなデザインのバスルーム。


スカイウォーク
ホテルからスカイウォークを通ってコンベンションセンターまで歩いて行けます。コンベンションセンターでタクシーの長蛇の列に並ぶことを考えたら、歩いて帰れるなんてちょっと嬉しいですね。通行可能時間07:00~24:00。

~ホテル内付帯施設~


プレミアム・エグゼクティブ・ラウンジ
エグゼクティブフロアに宿泊の方のみ使用できるラウンジ。ロビーのレセプションではなく、こちらでチェックイン、アウトができます。会議室やパソコンを無料で使用でき、新聞や雑誌なども読むことができます。無料の朝食、アフタヌーンティー、カクテルも用意され、滞在期間中を通して常にワンランク上のサービスを受けることができます。
場所:23階
営業時間:6:30~23:00

Delicious
平日の午前11時30分から午後2時30分までのランチタイムには、サンドイッチが食べ放題の『サンドイッチバー』が設置されます。値段は一人HK$88(サービス料別)!
場所:G階
営業時間:7:30~21:00

Pepino's Cucina Italiana 
本格的なイタリアンのレストラン。デザートも充実しています。
場所:1階
営業時間:月~土12:00~15:00、18:00~23:00、日祝 18:00~23:00
電話番号:2598-4599

Le Cafe
広い!なんと160人が一度に食事ができるそうです。ビュッフェラインも充実してました。やっぱりホテルのビュッフェは種類も豊富でいいですね。でも、すごい人です。よっぽど人気があるのですね。
場所:1階
営業時間:日~木曜日6:00~23:00、金・土6:00~深夜24:00

AK's Lounge 
中二階にあるラウンジ、お昼はLe Cafeのビュッフェを食べることもできます。
場所:M階
営業時間:12:00~深夜1:00

ジム/プール
泳ぎ応えのありそうなプール。夏場だけのオープンです。水着を忘れても大丈夫、ジム/プールの受付で販売しています。コンパクトなジムは最低限の機器は揃っています。ジム、プール、サウナは、宿泊客は無料で使用できます。
場所:P階
営業時間:6:00~22:00

~周辺情報~

簡単な食事が楽しめるローカルな食堂がたくさんあり、周辺をぶらりと散歩しても楽しめます。夜になると周りのバーが活気付き、特にハッピーアワー(18:00~21:00位まで)には、割引サービスや、BUY1GET1FREEなどのサービスをしているところがほとんど。お酒好きの方はぜひ足を運んでみてください。コンビニも徒歩圏内と言うより目の前です。
コンベンションセンターにも近く、ローカルな繁華街にも面している、ノボテルはビジネスにも観光にも便利です。以上、香港ナビがお送りしました。

記事登録日:2008-08-12

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-03-09

スポット更新日:2008-08-12

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供