ウォーニーガンドンホテル香港

The Wharney Guangdong Hotel Hong Kong 香港華美粵海酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

2005年にほとんどの改装をおえ、明るくオシャレに生まれ変わりました!コンベンションセンターにも近く、ビジネスにも最適。このロケーションにもかかわらず料金がリーズナブルでうれしいホテル。

こんにちは、香港ナビです。 今日は灣仔(Wan Chai)にあるスタンダードホテルのひとつ、「ウォーニーガンドンホテル」をご紹介いたします。 このホテルは全室で358部屋ある規模としては中くらいのホテルです。クラスは4つ星(スーペリア)ですがスイミングプールやジムも完備しています。なんと言っても香港のオシャレなバー街に位置するので、夜には世界中の人たちが繰り出してきて国際色いっぱいの場所柄です。またMTR灣仔駅も徒歩数分、ビジネスによし、レジャーによし、たいへん便利なロケーションにあるホテルです。

~ホテルロビー~
ロビーの一方は上から下までガラス張りなので非常に明るく気持ちの良いホテルです。レセプションの上には大きなシャンデリアがきらめいていました。 ロビーは2004年に全面改装されたそうです。どうりで新しくて明るく綺麗なのですね。レセプションの中には沢山のスタッフがいて、てきぱきと仕事をこなしていました。

ホテル階層別案内

3/F     Fu Tung Cantonese Restaurant 富東粤菜 広東料理
1/F     Ginza Kuraudo Japanese Restaurant 銀座 蔵人日本料理
G/F     ロビー、ロビーラウンジ、ビジネスセンター
B1/F    The Canny Man バー
B2/F    会議室、バンケットルーム
4F~20/F  客室

スーペリア ダブルベッドルーム 約25平米

写真ではベッドの大きさがよくわかりませんが、サイズはクイーンサイズなのでゆったりとしています。お部屋はとても清潔で、お掃除が行き届いています。当たり前のようなことですが、とても大切なことですね。

デラックス ツインベッドルーム 約25平米

スタンダード、スーペリア、デラックスの違いは単にお部屋の階層だけです。写真のようにツインの場合、ベッドとベッドの間隔も十分に取ってあります。荷物を広げるスペースも十分にあります。


各部屋タイプ共通の備品
うれしいことに全てのお部屋にスリッパが完備されています。また湯沸しポット、無料のティパックも全室にあります。セーフティボックスは、設置されていないお部屋がありますが2006年内に全てのお部屋に取り付けられる予定です。もしお部屋にセーフティボックスが無かったらフロントで預かってもらってください。


バス・トイレ
全室にバスタブ有り。 アメニティは通常のお部屋の場合でも歯磨きなど必要最低限のものは用意されています。 シャワーはお部屋によって固定式であったりハンドフリーだったりします。バスルームも本当に清潔でキッチリ清掃されてました。またエクゼクティブフロアー(16階から18階)のお部屋には無料のミネラルウォーターと無料のプレスサービスがあります。(スラックス1本&スカート1枚)


お部屋の窓からの眺めの一例
周りはビルに囲まれていますが、大通りに面しているし採光は十分に入ってきます。

エクゼクティブルーム ヨーロッパスタイル 約26平米


バス・トイレ
アメニティは普通のお部屋よりかなり多くなります。またシャワーも全てハンドフリーです。こちらのタイプの部屋は去年全面改装が終わっており、新しくて何もかもピカピカでした。

エクゼクティブルーム ジャパニーズスタイル 約26平米

なんと16階はジャパニーズスタイルのデザインの部屋でした。こちらはこの階の宿泊客のみが利用できるラウンジ、その名も『鹿児島』。無料のドリンクを楽しみながら日本語新聞も用意されていました。
このジャパニーズスタイルのお部屋は西洋人のお客様からのリクエストが特に多いそうです。和のなごみがいいのでしょうか。

ジュニアスイート 約50平米

ベッドルームとリビングの分かれたワンベッドスイートです。エクゼクティブフロアー同様に無料のミネラルウォーターがついています。

ホテル内施設

富東粤菜 Fu Tong Cantonese Restaurant
あわび料理では地元でかなりの人気を誇る広東料理のレストランです。有名人も沢山このレストランを利用していて、沢山の写真が飾ってありました。

銀座 蔵人
最近とくに香港の若者たちの間で話題沸騰、香港で第2店舗となる『銀座 蔵人』がホテルの1階に入りました。 寿司カウンターや個室もあり、食べすぎでチョッと胃腸を休めてあげたいときに和食はいかがですか。

ロビーにあるチョコレートのお店。 パッケージも可愛いですが、一つ一つのチョコレートがとってもキュート!お土産にいいなって思いました。

プールとジムはホテルの隣のビルから入ります。専用のエレベーターがありますが、利用するときには一言フロントかセキュリティのスタッフに声をかけてください。入り口を教えてくれます。プールは20メートル弱くらいなのでしっかり泳げそうですし、またプールサイトにはジャグジーもありました。宿泊客はプール、ジム、ジャグジー、無料です。

ホテル周辺

ホテルは駱克道(Lockhart Road)に面しており、交通の便はとっても便利です。タクシーの乗り降りもホテルの前でできます。

あの有名なカーネギーも徒歩1分、オープンバーがいたる所にあるのでビール好きにはたまらないロケーションです。また殆どのバーでは8時くらいまでハッピーアワーなので仕事帰りのサラリーマン、特に西洋人が沢山集まってビールを楽しんでいます。

ローカル色いっぱいの下町、灣仔なので沢山のレストランがあります。またホテルの周辺半径200mにセブンイレブンだけでも数軒あります。

行き方
MTR港島線の灣仔駅下車、C出口からでると目の前が駱克道です。出口を背にして左に真っ直ぐ進みます

MTR港島線の灣仔駅下車、C出口からでると目の前が駱克道です。出口を背にして左に真っ直ぐ進みます

一つ目の大きな交差店に差し掛かると右手に見えます。

一つ目の大きな交差店に差し掛かると右手に見えます。

記事登録日:2006-09-11

ページTOPへ▲

関連タグ: 空港バス 改装

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-09-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供