エンパイヤーホテル香港 ワンチャイ

Empire Hotel Hong Kong - Wan Chai港島皇悦酒店 灣仔

閉店・移転、情報の修正などの報告

2006年9月、全室完全リニューアルを終えたばかり。5つ星ホテルの立ち並ぶ便利な立地条件でも、価格はリーズナブルがうれしいホテル。

こんにちは、香港ナビです。今回ご紹介するのは、香港島の灣仔(ワンチャイ)にある“Empire Hotel Hong Kong(港島皇悦酒店)=エンパイヤーホテル香港”です。灣仔(ワンチャイ)といっても、5つ星ホテルに隣接する金鐘(アドミラリティ)寄りに位置していますので、とても便利な立地条件です。お買い物にも便利だし、また会議などで訪れるビジネスマンの方にも調度いいですね。2年越しの全室リニューアルを完全に済ませたばかりということもあって、新しい気分で宿泊していただけます。早速、行ってみましょう。

ロビー

ホテルの入り口は、軒尼詩道(ヘネシーロード)沿いではありません。こちらからどうぞ!
向かって左手に、レセプションがあります。広々としていますね。シャンデリアも豪華な感じがします。明るい中にも、木目調に彩られた柱に趣きがありますね。
右手が、ロビーラウンジ。営業時間は、7:00-24:00 (月-土) 12:00-24:00(日、祝日)となっています。ケーキやコーヒーなどちょっとした休憩にリッチな気分になりますね。
葉巻も販売中。さらにリッチ度アップ!
全体に空間を感じさせるロビーですから、チェックインやアウトの利用客が重なっても、人の多さをあまり感じません。壁の照明もきれいですね。
フロントも、シンプルで広さを保っています。後ろには、世界の主要都市の時間に合わせた時計が掛けてあります。さすが、ビジネスマンの利用度が高いだけあります。

早速、客室へ

それでは、ロビーのすぐ脇にあるエレベーターに乗って、客室へ行きましょう。このホテルは、21階建てで、客室は全358室です。3階から上が客室となっています。

デラックスルーム 約25平米

デラックスルームは、181室あります。2年前に最初に改装が始められたのがこのタイプのお部屋です。
廊下の照明も、凝っていますね。<BR>芸術作品みたい。

廊下の照明も、凝っていますね。
芸術作品みたい。

17階のお部屋を拝見しましょう!

17階のお部屋を拝見しましょう!

デラックスルームのツィン・タイプです。清潔感漂う白で統一されたベッドカバーと、深い色合いのベッドが調和しています。天井が高く、圧迫感がまったくありません。
テレビやテーブルなどの家具は、コンパクトに場所をとらないようになっていますから、スペースが有効に使用できます。冷蔵庫も低め。
クローゼットを開けると、中に金庫があります。小さい棚もあります。全身鏡は、入り口脇に。
シャワールームも、大理石調の色合いでとても明るいです。バスタオル、ハンドタオル、コップまで白で統一されています。タオルのふかふか感が伝わるでしょうか?
バスタブも広めです。

エグゼクティブルーム 約25平米

エグゼクティブルームは、全51室です。
20階のお部屋にお邪魔しました。

20階のお部屋にお邪魔しました。

ダブルベッド・タイプのお部屋

ダブルベッド・タイプのお部屋

シャワールームの壁がガラスになっています。でも、ご安心あれ。ブラインドを下ろせば目隠しできます。こちらはの内装は、デザインがモダンですね。

モダンといえば、照明のランプもかっこいいですね。軽いワンタッチでつきます。力を入れて、ボタンを押す必要はありません。
香港のコンセントは、三つまたが普通です。日本の電化製品をご使用の場合には、こちらのコンセントを使用ください。ただし、電圧に注意してください。香港は220Vです。変圧器が必要な場合は、フロントに連絡すれば、無料で借りられます。
このお部屋はあえてクローゼットを作らず、オープンにハンガーで掛けるだけにしてありますので、圧迫感がなく、かえって広々とした感じです。
スリッパと蒸気式アイロンは全室に備えてあります。
冷蔵庫は扉がガラス式で、ドアを空けなくてもひと目で、中身が確認できます。

冷蔵庫は扉がガラス式で、ドアを空けなくてもひと目で、中身が確認できます。

金庫はその上に。

金庫はその上に。

湯沸しポットとお茶のセットも、全室あり。お茶は無料です。

湯沸しポットとお茶のセットも、全室あり。お茶は無料です。

壁が少しシックな色合いのシャワールーム。 壁が少しシックな色合いのシャワールーム。 壁が少しシックな色合いのシャワールーム。

壁が少しシックな色合いのシャワールーム。

シャワールーム側から見たガラスの向こうのお部屋はこんな感じです。
ドライヤーも全室に備え付けてあります。
バスタオル、ハンドタオルのほかに、歯ブラシセット、シャワーキャップも全室揃っています。日本語で書かれた、フェイシャルとマッサージのルームサービスメニューがあります。

エグゼクティブスィート 約50平米

エグゼクティブスィートは、全3室です。 
20階のお部屋をご紹介します。 20階のお部屋をご紹介します。 20階のお部屋をご紹介します。

20階のお部屋をご紹介します。

どうですか、この広さ!照明の数が多くて、その明るさにびっくり。そして、床がフローリングというホテルには珍しい内装なので、“ただいま”といってしまいたくなるほど、家に帰った気持ちになります。家具もシンプルで無駄がないところが、モダンな感じです。色調の調和も落ち着きますね。豪華という派手さではなく、シンプルモダンな高級感が漂っていますね。
大き目の冷蔵庫は、やはりガラス式。
ベッドルームまでの間に、全身を映す鏡とちょっとしたスペースが。トランクなど荷物を置くのに、奥まっているので気になりませんね。
ベッドルームには、あえてカーペットを敷いてあります。広々とした空間が、おしゃれなランプやソファを際立たせます。
テレビは、360度回転式。ソファでみるもよし、ベッドでみるもよし!

テレビは、360度回転式。ソファでみるもよし、ベッドでみるもよし!

ソファでガイドブックをみる時も、こんなおしゃれな照明があれば、言うことなし!!

ソファでガイドブックをみる時も、こんなおしゃれな照明があれば、言うことなし!!

クローゼットの中には、バスローブと蒸気式アイロンが備えてあります。 クローゼットの中には、バスローブと蒸気式アイロンが備えてあります。

クローゼットの中には、バスローブと蒸気式アイロンが備えてあります。

全室インターネットも繋げます。日本語の電話の掛け方の説明書や、ホテルの便箋封筒など、一式あります。
シャワールームは、シャワーとバスタブが別々になっていますので、広くて使いやすくなっています。
20階からの眺めは、高層ビルのスカイスクレーパー!! 20階からの眺めは、高層ビルのスカイスクレーパー!! 20階からの眺めは、高層ビルのスカイスクレーパー!!

20階からの眺めは、高層ビルのスカイスクレーパー!!

プール&ジム

21階には、プール、ジム、サウナなどがあります。宿泊客の利用は無料です。
オープン時間は、7:00―20:00です。
プールの深さは、浅いところで1.2M、深いところで1.5Mです。チェンジングルームやロッカーもありますし、バスタオルもその場で借りられます。
プールサイドで、空を見上げれば……??
ジムです。係りの人はいませんので、自由にでもお気をつけてご使用ください!?
ジムの奥にあるシャワー、チェンジングルーム内にはサウナがあります。

ビジネスセンター


PM/Fにあります。レセプションで申し込みをすれば、使用できます。オープン時間は、8:00-18:00(月―金)、8:30-13:00(土)また日曜、祝日はクローズですので、ご注意ください。
いろいろな設備が揃っていますので、お仕事の続きもホテルで完了! いろいろな設備が揃っていますので、お仕事の続きもホテルで完了! いろいろな設備が揃っていますので、お仕事の続きもホテルで完了!

いろいろな設備が揃っていますので、お仕事の続きもホテルで完了!

業界紙、雑誌も充実しています。その他、会議室など必要に応じて使用可能です。

Cafe 33 on Hennessy

地下にあるレストランです。7:00-22:00まで年中無休です。お昼や夜にはビュッフェスタイルの食事が楽しめます。
さすがに大勢で楽しめる雰囲気のワイドなレストランです。 さすがに大勢で楽しめる雰囲気のワイドなレストランです。

さすがに大勢で楽しめる雰囲気のワイドなレストランです。

ビュッフェのお料理は盛りだくさん。和洋中と揃っています。 ビュッフェのお料理は盛りだくさん。和洋中と揃っています。 ビュッフェのお料理は盛りだくさん。和洋中と揃っています。

ビュッフェのお料理は盛りだくさん。和洋中と揃っています。

ジュースバーも充実!
こちらは、団体やグループのためのスペース。 こちらは、団体やグループのためのスペース。

こちらは、団体やグループのためのスペース。

ロビーに続く階段には、かつてこのホテルを訪れた国際的スターの写真やサインがいっぱい飾られています。 ロビーに続く階段には、かつてこのホテルを訪れた国際的スターの写真やサインがいっぱい飾られています。 ロビーに続く階段には、かつてこのホテルを訪れた国際的スターの写真やサインがいっぱい飾られています。

ロビーに続く階段には、かつてこのホテルを訪れた国際的スターの写真やサインがいっぱい飾られています。

ホテルまでのアクセス

ホテルのすぐ横から、エアポートエクスプレスの駅、香港駅まで無料のシャトルバスが出ています。
空港から直通のバスなら、A11のバス。
MTR港島線なら、灣仔(ワンチャイ)駅で下車して、C出口をでます。 
そのまま、左手方向に駱克道(Lockhart Rd)沿いにまっすぐ歩いていきます。この辺りには、バーやパブなど密集しています。夜はにぎやかですよ!
ここまでくれば、もう正面にホテルは見えています。5分ほどの距離です。 ここまでくれば、もう正面にホテルは見えています。5分ほどの距離です。

ここまでくれば、もう正面にホテルは見えています。5分ほどの距離です。


以上、香港ナビがお伝えいたしました。

記事更新日:2007-11-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    卵豆腐

  • photo

    卵豆腐

  • photo

    卵豆腐

  • photo

    卵豆腐

ページTOPへ▲

関連タグ: 改装 空港バス 湾仔

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-11-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供