スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ホテル 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


ミニ・ホテル コーズウェイベイ

Mini Hotel Causeway Bay迷你酒店銅鑼灣

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

おしゃれでコージーな都会派ホテルが大改装を終え、さらにブラッシュ・アップ!抜群の立地にも関わらず、リーズナブルで大注目のホテルです!

こんにちは、香港ナビです。今日は『ミニ・ホテル・コーズウェイベイ(Mini Hotel Causeway Bay/迷你酒店銅鑼湾)』をご紹介します。この『ミニ・ホテル・コーズウェイベイ』は立地条件を第一に考える方にはもちろん、おしゃれでコージーなホテルが好きな方、そして何より価格重視というりーズナブル志向の方にも当てはまる、とてもお勧めのホテルです。2012年9月にオープンしたホテルですが、2014年には全面改装を行って常にリフレッシュを重ねています。改装以前もお洒落な内装 でしたが、今回さらにバージョンアップをしたホテルの様子をお届けいたします!

ロケーション


コーズウェイベイ(銅鑼湾)といえば、東京の渋谷にも例えられる香港島サイドの繁華街です。銅鑼湾駅から少し離れたハイソなショッピングモールとして有名な『リーガーデンズ』のすぐ近くにホテルは位置しています。 ホテルの周りにはレストランやバー、お洒落なカフェなどが集まっていますが、繁華街にある割には静かで宿泊環境としては抜群といえます。
コーズウェイベイで一番大きなショッピングモール『タイムズスクエア』にも近く、周囲は見所がいっぱいのロケーションです。

『リーガーデンズⅠ』の希愼道(Hysan Ave,)を渡り、新曾道(Sun Wui Road)に入ります。新曾道を数メートル歩くと、左にホテルが見えます。
1.リーガーデン前の希愼道を渡り、新會道へ入ります。

1.リーガーデン前の希愼道を渡り、新會道へ入ります。

2.新會道を左へ数メートル歩くとホテルが見えます。

2.新會道を左へ数メートル歩くとホテルが見えます。

オシャレなロビー

ホテルはグレーのコンクリートでできた、とてもスタイリッシュな外観です。ロビーはホテルの地下に位置します。チェックインをするには、まずは階段を下ってロビーへ行きましょう。

ホテルを正面から見た様子。

ホテルを正面から見た様子。

グランドフロアのドアの前にあるカードキー専用のセンサー。ルームキーを翳さないと入館できません。

グランドフロアのドアの前にあるカードキー専用のセンサー。ルームキーを翳さないと入館できません。

ホテルを正面から見ると、右には通路、左には地下へ続く階段があります。
ロビーへ行くには、左にある階段を利用してください。
尚、 右側の通路は宿泊者専用の出入り口です。ルームキーがないとドアは開かないようになっていますので、安全ですね。

では階段を降りてロビーへ行ってみましょう!
ロビーは広く、至るところがアートでデコレーションされています。
またそれらのアートもエリア毎にテーマが違っていて、見る人を飽きさせません。 ロビー周りの写真を撮りましたのでみてくださいね。

階段を降りて地下の部屋に入るとすぐにあるチェックイン・カウンター。

階段を降りて地下の部屋に入るとすぐにあるチェックイン・カウンター。

チェックインカウンター以外のエリアは、宿泊者が自由に寛げる空間。

チェックインカウンター以外のエリアは、宿泊者が自由に寛げる空間。

パソコンもあります。利用の際はスタッフへ。

パソコンもあります。利用の際はスタッフへ。

ヨーロッパ超のお洒落なエリア。

ヨーロッパ超のお洒落なエリア。

照明一つとってもセンス抜群。

照明一つとってもセンス抜群。

このエリアはモダンですね。

このエリアはモダンですね。

ホテル館内には多くの写真が。

ホテル館内には多くの写真が。

緑もあり、気持ちのよい空間です。

緑もあり、気持ちのよい空間です。

ナビはこのブルー系のデコレーションを集めたエリアが気に入りました。

ナビはこのブルー系のデコレーションを集めたエリアが気に入りました。

ここは中国風のエリア。

ここは中国風のエリア。

このエリアはヨーロッパの美術館のよう。

このエリアはヨーロッパの美術館のよう。

多くの座り心地のよさそうな椅子が。

多くの座り心地のよさそうな椅子が。

ロビー入り口。

ロビー入り口。

ついたての奥はグループでも利用が出来る大きめのスペースも。

ついたての奥はグループでも利用が出来る大きめのスペースも。

お部屋を見てみましょう!

次に客室を見てみましょう。約3年前に大きな改装を終えているのでどの部屋も清潔で綺麗です。

部屋は全部で4つのカテゴリーに分かれています。
値段が安いものより、Mini Double room (ミニ・ダブル・ルーム)、Mini Twin room (ミニ・ツイン・ルーム)、Smart Queen Room(スマート・クイーン・ルーム)、MiniQ Room(ミニ・Qルーム)となります。
因みに、Mini Double room、Mini Twin room、Smart Queen Roomの3タイプはお部屋の大きさはすべて同じで 約10 sq.m です。

Mini Twin roomのみツイン・ベットがありますが、他のMini Double roomとSmart Queen Roomはベットが1つのみです。 また、Mini Double roomとSmart Queen Roomの違いは、”ベットの大きさ” のみです。
Mini Double roomのベットはセミ・ダブルベット (4” x 6”)で、 Smart Queen Roomのベットはクイーン・ベット (5” x 6”)となります。


お部屋までの廊下はこんな様子です。

お部屋までの廊下はこんな様子です。

廊下にも部屋の前にも額が多く飾ってありますよ。

廊下にも部屋の前にも額が多く飾ってありますよ。


こちらの部屋はMini Twin room (ミニ・ツイン・ルーム)です。部屋は10sq.mと小さめですが、このホテルを選ばれる方は部屋で寛ぐというより 朝から夜までアクティブに動くと思いますので、部屋にいる時間は無くあまり気にされないのではないでしょうか。

尚、ベットとべットの間にマットが1本挟んでありますが、個人スペースを重視される方はこのマットを取り、独立 したシングルベットに変える事ができます。

スーツケースはベット下へ収納できます。壁には薄型のテレビが備え付けて有り、全体的に色も白でまとめられているので狭い印象はさほど受けません。

面白いのは天井のファンです。コンクリートの白い天井にファンが取りつけられているなんて、とてもお洒落ですよね。
リゾート風で素敵だと思います。

部屋のアメニティーとしては湯沸しポット、コップ、無料の水ボトル、ドライヤー、歯ブラシが完備されています。足りないものがあれば、ロビーにある自動販売機や 町のコンビニですぐに購入できます。
また、セーフティーボックスはベットの下に備えつけてあります。

尚、湯沸しポットはケンウッド製、ドライヤーはパナソニック製でした。お洒落且つ機能的で、こんな部分にホテルのポリシーを感じますよね。

テレビは壁に備え付け。

テレビは壁に備え付け。

高い天井にはファンが。リゾートみたいでお洒落です。

高い天井にはファンが。リゾートみたいでお洒落です。

ベットの下にはセーフティーボックスが。またベット下はスーツケースを納められるようになっています。

ベットの下にはセーフティーボックスが。またベット下はスーツケースを納められるようになっています。

湯沸しポット、コップ、ヘアドライヤー、テレビリモコンは1セットになって設置されています。

湯沸しポット、コップ、ヘアドライヤー、テレビリモコンは1セットになって設置されています。

一式にまとめられたグッズと洗面台。

一式にまとめられたグッズと洗面台。

摺りガラス式のバスルーム。トイレとシャワーはカーテンで分かれています。

摺りガラス式のバスルーム。トイレとシャワーはカーテンで分かれています。

清潔なお手洗い。

清潔なお手洗い。


次は、Smart Queen Room(スマート・クイーン・ルーム)のご紹介です。
先ほどのMini Twin room (ミニ・ツイン・ルーム)と、部屋のサイズ・設備・アメニティー共に同じです。
違う部分は2箇所のみで、1つはベットがクイーン・ベットになり、また もう1つは、シャワールームが摺りガラスではなく、透明なクリアガラスとなります。
いずれの部屋もハンド・シャワーでしたので、とても便利だと思います。

クイーンサイズのベット。

クイーンサイズのベット。

ガラス張りのバスルーム。シャワーとお手洗いはカーテンで別れています。

ガラス張りのバスルーム。シャワーとお手洗いはカーテンで別れています。

壁備え付けのテレビ。こちらの部屋も、もちろん天井にはファンが。

壁備え付けのテレビ。こちらの部屋も、もちろん天井にはファンが。

湯沸かし器、コップ、無料の水、ヘアドライヤーとテレビリモコンのセット。

湯沸かし器、コップ、無料の水、ヘアドライヤーとテレビリモコンのセット。


最後に、家族連れなどに嬉しいMiniQ Room(ミニ・Qルーム)をご紹介します。
こちらの部屋タイプは全体で14室あり、2タイプの部屋があります。
今回写真でご紹介をしているのは2タイプのうちの1つ、2段ベット(クイーン・サイズのベット)のお部屋。
お父さんとお母さんが下のベットに寝て、小さなお子さまは2階というように、比較的若いファミリーやグループに適していると思います。 数が少ないので、早めの予約が必要ですよ!

クイーンサイズのベットが2段になった面白い造りです。上階へは、1段めのベット→壁の段に足をかけて登ります。

クイーンサイズのベットが2段になった面白い造りです。上階へは、1段めのベット→壁の段に足をかけて登ります。

ベットとバスルームの間に、アメニティーなどが揃っています。アメニティーの内容は他の部屋と同じです。

ベットとバスルームの間に、アメニティーなどが揃っています。アメニティーの内容は他の部屋と同じです。

バスルームのお手洗い。

バスルームのお手洗い。

部屋からバスルームを見た様子。

部屋からバスルームを見た様子。

グランド・フロア、ホテル内のカフェ

宿泊者はわざわざ地下から出入りせず、グランドフロアから直接ホテルの外へ出ること ができます。
エレベーターでグランド・フロアに出た様子。どこも本当にアートで満載です。

エレベーターでグランド・フロアに出た様子。どこも本当にアートで満載です。

グランドフロアのエントランスの様子。

グランドフロアのエントランスの様子。

また、ホテルの外には小さいながらも素敵なカフェがあります。バリスタがいる可愛らしいカフェですので、朝出かける前にコーヒーを飲みながらここで寛ぐのもよいですね。

Le Petit Salon
場所: ホテル・グランドフロア
営業時間: 08:00~21:00

いかがでしたか?

立地抜群にも関わらず、格安、しかもファッショナブルなホテルで驚かれたのではないでしょうか。
抜群の 立地を活かして、観光にショッピングと朝から夜まで行動をしたり、途中で一度ホテルに戻って休んだり、いろいろな過ごし方ができると思います。

ホテル内もフリーWIFIになっていますから、便利です。

ぜひこの夏の旅行で利用をしてみてくださいね。
以上、香港ナビがお伝えしました!



 

記事更新日:2017-05-23

ページTOPへ▲

関連タグ: ホテル

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-11-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供