尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)

Tsim Sha Tsui East Promenade海濱公園(ホイブンゴンユン)

閉店・移転、情報の修正などの報告

絶対お勧めの観光ポイント!昼間は心地よい風に誘われて、ウォーターフロントをのんびり散歩。夜はライトショーを満喫!

こんにちは、香港ナビです。もし『香港旅行で絶対1箇所しか観光できないとしたら、どこをお勧めしますか?』そんな質問をされたら、迷わずここ!とお答えしたい場所、それが今回ご紹介する『尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)』です。九龍の最南端をビクトリアハーバー沿いに、西は『天星碼頭(スター・フェリー・ピア)』から、『星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)』、尖東へと東西に続くプロムナード。そこからビクトリアハーバー越しに見る香港島のビル群の光景は、映画や雑誌で見るよりずっと圧巻です。目の前に広がるパノラマに心奪われながら、しばし潮風に吹かれてみると、『香港へ来たぞー』と叫びたくなるかも!?昼も、夜も美しいプロムナードを早速ご紹介しましょう。

時計台からスタート!


まずは、『天星碼頭(スター・フェリー・ピア)』のすぐ横にある、美しい時計台からスタートしましょう。ここには、昔、九龍と広州を結ぶ九広鉄道の九龍駅があり、この時計台はその当時の名残として現在も残されているものなんです。なんと1915年に落成されたものだそうで、100年近い歴史をもつ時計台なんですよ。その昔はこの鉄道、シベリア鉄道を経由してロンドンまで到達していたというので驚きですね。時計台の左には『香港文化中心』『香港藝術館』『香港太空館』など、文化施設が集まっています。
海をバックに記念撮影スポット

海をバックに記念撮影スポット

一般の船楊のピア

一般の船楊のピア

フェリー・ピアの東側

フェリー・ピアの東側

人が集まる憩いの場

人が集まる憩いの場


『香港文化中心』前の広場では、休日などにパフォーマンスが行われたり、中秋節に灯篭が飾られたりと様々なイベントが行われます。早朝に太極拳をする人やジョギングをする人も多く、人々が集まる憩いの場所でも有ります。また、この辺りには景色を展望できる高い歩道が作られており、この上を歩きながら眺めるのもいいですね。特に夜8:00から行われる光のショー『シンフォニー・オブ・ライツ』は、ここから見るのもお勧めです!
海沿いの展望台です

海沿いの展望台です

下には、一般の船乗り場があります

下には、一般の船乗り場があります

歩道は2本に分かれており、こちらは内側の広い道

歩道は2本に分かれており、こちらは内側の広い道

一段下がった外側の少し狭い道

一段下がった外側の少し狭い道

海に近い外側はベンチシートになっています。夜はロマンチック!?

海に近い外側はベンチシートになっています。夜はロマンチック!?

文化中心や時計台を振り返ると・・

文化中心や時計台を振り返ると・・

高いところからの眺めも格別! 高いところからの眺めも格別!

高いところからの眺めも格別!

ビクトリア・ハーバーの向こうに広がるのは、香港島側のビル群像。セントラルのIFCビルや、ワンチャイのコンベンションセンター、セントラルプラザが目を引きます。目の前を大きな船が通り過ぎるときは思わず興奮。また、ブルース・リーの映画に出てきたような小さな船も見掛けます。開放感たっぷりのプロムナード、海を眺めてボーっとするのも楽しい!でも、夏は日陰が少ないので、日射病にご注意ですよ。

香港藝術館付近

香港藝術館

香港藝術館


『香港文化中心』を過ぎて、お隣の『香港藝術館』の周辺は、観光客がもっとも多く記念撮影をしている場所で、プロムナードも一直線になっており、見晴らしが一番いい感じのところです。ウェディングドレスとタキシードに身を包んだ香港人のカップルが、グラビア写真さながらのポーズで写真撮影をしているところを見掛けたりします。香港人の結婚写真撮影スポットでもあるんですよ。また、大きな階段があるので、ここに腰掛けて一休みする人も。休日には蚤の市や似顔絵のブースがたち、夜は夜景の記念撮影のカメラマンがいっぱいいます。
様々なイベントも行われます

様々なイベントも行われます

階段に腰掛けて、海を眺める人も多いです

階段に腰掛けて、海を眺める人も多いです

夜には、写真撮影のカメラマンが並びます

夜には、写真撮影のカメラマンが並びます

記念撮影にイチオシ

記念撮影にイチオシ

実物よりかなり大きいです!?

実物よりかなり大きいです!?


2008年に北京で行われた夏のオリンピックの際に、香港でも馬術競技が行われたこともあって、聖火リレーがおこなわれました。それを記念して、オリンピック後に巨大なトーチがここに飾られました。

星光大道

香港の映画人が一度は手にしたい夢のトロフィー

香港の映画人が一度は手にしたい夢のトロフィー


さて、プロムナードの後半は、『星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)』です。最近はちょっと、香港映画は低迷していると言われていますが、それでも『アジアのハリウッド』と呼ばれ、ブルース・リーを始め、ジャッキー・チェン、チョウ・ユンファ、ジェット・リー、トニー・レオン、レオン・カーウェイ等の国際的な俳優やジョン・ウー、ツイ・ハーク、ウォン・カーワイ監督等世界的に知名度のある監督を輩出している香港ですから、この場所も映画ファンならずともチェックしておきたいところです。映画に関するオブジェや、ブルース・リーの銅像があり、3軒あるキオスクでも映画に関するグッズが購入できます。
インターコンチネンタル・ホテル

インターコンチネンタル・ホテル

ホテルの前にまっすぐ続くアベニュー

ホテルの前にまっすぐ続くアベニュー

ホテルのお隣は現在工事中

ホテルのお隣は現在工事中

アベニューの道には、香港を代表するスターの手形

アベニューの道には、香港を代表するスターの手形

ラストは、尖東へ続く


『星光大道』の終わりは、そのままこのプロムナードの終わりとなり、そこから歩道橋を渡って尖東へと続いていきます。その手前に、おしゃれな『スターバックス』がありますから、散歩に疲れたら一休みして英気を養うのもいいかもしれませんね。また、もし宿泊ホテルが尖東にあるなら、ご紹介したルートの逆をたどって歩いてみてください。この辺りは、クリスマスのイルミネーションがきれいなことでも有名ですよ!
おしゃれな海辺のスターバックス

おしゃれな海辺のスターバックス

尖東に続く歩道橋の上から

尖東に続く歩道橋の上から

夜景もスゴイ!

香港といえば「100万ドルの夜景」。ビクトリアピークからの眺めもすばらしいですが、九龍側から間近に見る香港島は今にも手が届きそうな迫力があって最高です。空気の澄んだ夜なら、感動の景色が見られますよ。ライトアップされた船が行きかうのにはウットリです。毎晩8時からは「シンフォニー・オブ・ライツ」が約13分間おこなわれます。高層ビルから放たれる光のショーは圧巻です。

マナーを守ってくださいね!

マナーを守ってくださいね!


いかがでしたか?香港滞在中なら、朝、昼、夜と通ってしまいたくなる場所です。なんとなく、散歩するもよし、ジョギングだって気持ちいいし、夜は断然ロマンチックです。(とはいえ、早い時間は人が多いのですが・・・)アクセスも簡単で、わかりやすいのでぜひぜひ訪れて見てください。以上香港ナビがお伝えいたしました。

記事更新日:2013-01-27

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    je2dya

  • photo

    megukanamay

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-12-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

アート&クラフト・フェア

アート&クラフト・フェア

日曜祝祭日に開催されている、人気の青空アート&クラフトマーケット。似顔絵や記念写真撮影も!

尖沙咀東海浜平台花園

尖沙咀東海浜平台花園

尖沙咀東のイチオシの展望スポット。高台から眺めるビクトリアハーバーの美しさ格別で、時のたつのを忘れてしまいそう!!