ペンタ・ホテル・ホンコン・カオルーン

Penta Hotel Hong Kong Kowloon香港九龍貝爾得酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

香港のカルチャーとカジュアルなおもてなしがコンセプトのユニークな4つ星ホテルがオープン。思わず記念写真を撮りたくなるゲストルームが魅力。

ユニークなホテルの入り口

ユニークなホテルの入り口

こんにちは、香港ナビです。旧啓徳空港の北東周辺にある工業ビルが集まるエリア『新蒲崗』に、スタイリッシュでカジュアルな大型4つ星ホテルが2013年8月にオープンしました。『ペンタホテル・ホンコン・カオルーン(Penta Hotel Hong Kong Kowloon/香港九龍貝爾特酒店)』です。まわりは工業ビル一色なのですが、ホテル内は、エントランス、ロビー、レセプション、レストラン等隅々までユニークでウィットに富んだ様々な趣向が凝らされていて、ホテルに滞在している時間にも、香港にいるんだな~といたるところで実感できる、おもしろーいホテルなんです。早速ご紹介していきましょう!

ロケーションは工業ビルエリア

外観は工業ビル風

外観は工業ビル風

タクシー乗り場

タクシー乗り場

車寄せ&エントランス

車寄せ&エントランス

ホテルは、MTR鑽石山(ダイヤモンドヒル)駅から、徒歩7,8分程の工業ビルが集まるエリアに位置しています。駅にはショッピングモールが直結していて便利ですが、ホテルの周りは工業ビルばかりですので、平日の日中はここで働く人や車が多いですが、夜や休日はひっそりとした雰囲気です。交通のアクセスとしては、九龍の中心の旺角や九龍塘などにもタクシーでHK$30ほどですし、九龍城や黄大仙等の観光スポットにも近いです。

テーマは『カジュアル&カルチャー』

このホテルは『カジュアル&カルチャー』がコンセプトになっており、ホテルのある場所の文化を知ってもらいたいという気持ちと、そこを訪れた人が自宅にいるようなくつろぎを感じてほしいという願いがこもっています。ホテルに入る前から、すでにエントランスの壁に描かれた影を思わせるユニークなデザインが目を引きます。一歩ホテル内に足を踏み入れたら、そこはスタイリッシュでモダンなセンス溢れる空間と、香港の昔懐かしい文化を伝える風情が入り混じったミックス&マッチ感覚が不思議な世界観をかもし出しています。ホテルに着いたとは思えないですね。チェックインカウンターは上階ですが、中間階にはグループ・チェックインのエリアとジュースやお菓子などの自動販売機のスペースがあります。じっくり、見学したいほどのインテリアですね。
壁に描かれた昔の香港の風景

壁に描かれた昔の香港の風景

コンシェルジュ

コンシェルジュ

グループ・チェックインのスペース グループ・チェックインのスペース

グループ・チェックインのスペース

エレベーターはレンガ風の壁

エレベーターはレンガ風の壁

チェックインカウンターを中央に、ロビー、フードコート風のレストラン、バー、カフェ等が全て黒のイメージで統一されたデザインでとても斬新です。スタッフも黒のパンツとシャツにコンバースといったカジュアルスタイルで、一瞬どの人がホテルのスタッフの人??と戸惑ってしまうかも。また同じフロアには、宿泊客なら誰でも気軽に利用できるゲームルームやパソコンのスペースがあり、ビリヤードやテーブルサッカー、Wii等も用意されていますので、グループやファミリーでの利用なら、ホテルでも十分楽しめちゃいます。
フロアの案内板もオモシロイ! フロアの案内板もオモシロイ!

フロアの案内板もオモシロイ!

チェックインカウンター

チェックインカウンター

カウンター前のソファ

カウンター前のソファ

ロビーのフロアには遊びのスペースも

ロビーのフロアには遊びのスペースも

ビリヤード台やゲームも

ビリヤード台やゲームも

自由に使用できるパソコンスペース

自由に使用できるパソコンスペース

客室情報

5階から32階までが客室フロアで、全695室あります。部屋タイプは、5階から17階までがペンタルーム、18階から32階がペンタルームプラスとなり、いずれもベッドがツイン、キングのタイプになっています。部屋の大きさは、22㎡から44㎡となっています。喫煙、禁煙でフロアが分かれていますので、希望がある場合は、予約時にリクエストしておくほうがいいですね。


ペンタルーム(ツイン・キング) 22㎡

客室にも、香港らしさとおしゃれな感覚がマッチしたデザインがふんだんに見られます。ベッドスペースは、シンプルで飾り気のない空間重視のつくりになっていますが、シャワールームやテーブル、クローゼット等を合わせたスペースの考えられたデザインアイディアや、壁に描かれた香港らしさを物語る看板の風景は、思わず記念写真撮影したくなる程!
ツインベッド

ツインベッド

ダブルベッド

ダブルベッド

部屋のライトも個性的

部屋のライトも個性的

テーブルのスペース

テーブルのスペース

コンパクトながら使い勝手のいいシャワールーム コンパクトながら使い勝手のいいシャワールーム コンパクトながら使い勝手のいいシャワールーム

コンパクトながら使い勝手のいいシャワールーム

部屋からの眺めは、ダイヤモンドヒルの駅に直結したモールと、周辺の高層住宅エリア。

共通のアメニティー&設備

インターネット情報


部屋でのケーブル接続や、wifi接続とも無料です。また、ホテル内はどこでもwifi接続が可能になっています。パソコンの利用はロビーでもできます。

その他の設備

ジムのイラストに注目!

ジムのイラストに注目!

3階 ジム&プール

ジムは24時間利用が可能です。プールは屋外プールなので、冬はクローズします。正確な日程、時間等は宿泊時にホテルでご確認ください。
最新のマシーンが揃っています

最新のマシーンが揃っています

屋外プール

屋外プール


4階 ビジネスセンター

パソコン、コピー等が利用できます。利用する場合は、レセプションへ連絡してください。

ロビー イートストリート@ペンタラウンジ

香港ならではの麵や粥、点心等の中華から、洋食メニューまで、何でも楽しめるレストラン。フードコートのようなオープンキッチン形式で、どんな時間帯でも大丈夫です。230席あります。また、バーやカフェとしての利用もできます。

エントランス ピザ・バー

ホテルに入ってすぐの入り口にテイクアウトも可能なピザ・バーがあります。デザートや夜食にもぴったり。

周辺には、観光スポットがあって、散歩気分で歩いていけます。また、九龍の中心なら、ホテルからタクシーで移動しても料金はそれほどかかりません。

いかがでしたか?ロケーションは、繁華街の中心エリアではありませんが、ホテル自体がとってもユニークで興味をそそられますね。ぜひ、一度宿泊をお勧めします。以上香港ナビがお伝えいたしました。


記事登録日:2014-03-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-03-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供