水上レストラン とビクトリアピーク 100万ドルの夜景 【夕食なし・片道ピークトラム乗車付き】

Victoria Peak + Jumbo (No Meal)E1

閉店・移転、情報の修正などの報告

香港島の2大夜景スポット「ビクトリアピーク」と「アバディーン」を網羅した夜景観賞だけのナイトツアー。夜景を堪能した後は、自由に街へ繰り出せる短い時間のツアーだから便利です。

こんにちは、香港ナビです。
香港観光に来たら、これをしないと香港観光をした気にはなれません。これとはもちろん「100万ドルの夜景」のことです。海抜373メートルの山頂(Victoria Peak)』からの見る中環(Central)の摩天楼とその奥に広がる九龍(Kowloon)のネオンは自分の目に焼き付けておきたいところです。また、香港島の南側にある香港仔(Aberdeen)に水上レストランとして有名なJumboがあります。こちらもその美しさに目を奪われます。この2つを回るツアーを紹介しましょう。

集合場所は4カ所

ツアーの集合場所ですがいくつかありますので、一番便利な場所に集まってください。バスは赤い車両のバスですのでホテルに到着すれば一発でわかりますのでご安心を。ガイドさんに簡単な確認をしてバスに乗り込みます。バスの中では、日本語が堪能の香港人ガイドさんが香港のトリビアをこれでもかというほど連発。個人旅行ではなかなか得ることができない香港を知ることができます。(補足:2017年は記事内のニューワールドミレニアムは集合場所ではありません。)
ミレニアム香港ホテルは前日航ホテルです

ミレニアム香港ホテルは前日航ホテルです

ミレニアム香港のロビー

ミレニアム香港のロビー

バスが到着しました。すぐ認識できるバスです

バスが到着しました。すぐ認識できるバスです

乗り込んでいくツアー客

乗り込んでいくツアー客

優先レーンから乗車で時間短縮

このツアーである意味一番の利点はピークに向かうトラムに乗車するまでの時間をセーブできることかもしれません。大勢の人は夜景を見に来るのですから夕方の時間帯は本当に大勢の人が列をなしています。当たり前のように1時間から2時間待つことになります。しかしこのツアーに参加しますと有名テーマパークのアトラクションのように乗車の優先レーンに行くことができるので、どれだけ待っても30分です。もし1時間半も違いがあったら・・・その間に食事やお土産を済ますことも十分可能ですから大きな違いですね。
トラムのチケット

トラムのチケット

専用レーンは左側です

専用レーンは左側です

見てください、この並んでいる人の数

見てください、この並んでいる人の数

左が専用レーン、右手が通常レーン

左が専用レーン、右手が通常レーン

ガイドさんに従って最高の座席を確保

ガイドさんはどこの席に座ればいいのかしっかりと説明してくれますし、その座席確保のためにがんばってくれます。実は、ピークとラムは乗降口が多くありませんので、ドアが開いたとたんによい席を確保しようと押し合いになることがあります。ですので、一眼レフカメラ、さらにその上にフラッシュをつけている方は乗車前にカメラとフラッシュをカメラ用のかばんに一時的に入れておくことをお勧めします。ほどなくしてトラムが出発します。ルート上、右手にきれいな夜景が広がってきます。総延長1.4キロ、時間にしてわずか8分ですがそこに広がる夜景をみるだけでも十分楽しむことができます。また、道中はこんな急角度の勾配(最大27度)を上っていくことにびっくりするかもしれません。
ぐんぐん急勾配を上っていきます

ぐんぐん急勾配を上っていきます

入線してきたところ

入線してきたところ

結構な高速で走ります

結構な高速で走ります

絶景の夜景を堪能

ピークとラムの駅に到着します。そこに接続しているピークタワー内のお土産店を抜けていくとマダムダッソーの蝋人形の博物館の入口が出てきます。ここで一度、トイレタイム。トイレに行きたい人はここで行くといいでしょう。トイレ後の待ち合わせは博物館の前に立っているブルース・リーの蝋人形前です。
ガイドさんに後についていって、タワーの外にでます。まっすぐしばらく歩くと左手に香港のダイパノラマが広がります。ガイドさんが説明してくれますが、左手が西、奥が北、右手が東と覚えておくといいかと思います。「逆にあのビルは何?」ガイドさんに聞いてみるのもいいでしょう。
帰りはピークトラムではなく、先回りしてきたバスの再び乗り込み、次の目的地であるアバディーンに向かいます。坂道を下るとき、Jumboが眼下に見えたり、左手に夜景が見えます。夜なのでわかりにくいですが、道中は香港でも有数の高級住宅街で億ションばかりの物件です。
トラム駅と展望台があるピークタワー

トラム駅と展望台があるピークタワー

終点に着きました

終点に着きました

絶景ポイントに向かいます

絶景ポイントに向かいます

これが100万ドルの夜景です

これが100万ドルの夜景です

奥までネオンが広がっています

奥までネオンが広がっています

獅子亭展望台。こちらからの景色もきれいです

獅子亭展望台。こちらからの景色もきれいです

帰りのピークトラム前の行列

帰りのピークトラム前の行列

ツアーは行列にはいかずここのショッピングモール内にあるバスターミナルに向かいます

ツアーは行列にはいかずここのショッピングモール内にあるバスターミナルに向かいます

バスでジャンボ水上レストランに向かいます

バスでジャンボ水上レストランに向かいます

水上レストランのネオンにも驚き

そうこうしているうちにJumboの水上レストランに到着です。こちら交通の便ががあまりよくなく、旅慣れている人なら公共バスでもいいですが、タクシーを使ってもなかなかいきにくい場所なので、このツアーはそういう意味でも非常に便利です。
こちらもネオン全開で、レストランに向かうサンパンの埠頭のところで記念撮影をします。埠頭の先にはJumboが浮いていますがそびえ立っているかのようです。こちらでの撮影を堪能し、バスに戻ります(なお、香港ナビではJumboで食事をできるツアーも用意しています)。バスに揺られてMTR金鐘(Admiralty)駅で解散となります(20:30ごろ)。ここは乗り換え駅ですので、中環、銅鑼湾(Causeway Bay)、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)に簡単に向かうことが可能です。〔補足: 2017年は、解散場所は香港島、九龍の指定箇所となります。)
サンパンの埠頭の入口

サンパンの埠頭の入口

埠頭内も豪華です

埠頭内も豪華です

このようにサンパンに乗り込みます

このようにサンパンに乗り込みます

船もド派手です

船もド派手です

水上レストランに向かいます

水上レストランに向かいます

レストランが浮いているのは信じがたいですね

レストランが浮いているのは信じがたいですね


いかがでしたか?  香港の2大夜景ともいえるピークと水上レストラン。1つのツアーで両方を訪れることが可能でしかも時間の節約にもなるという一石二鳥のツアーです。以上、香港ナビがお伝えしました。

記事更新日:2017-04-25

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    8888BBBB

  • photo

    8888BBBB

  • photo

    8888BBBB

ページTOPへ▲

送迎場所

集合場所:下記ホテルでピックアップ(下記ホテルよりお選びください)

[17:15] カオルーンホテル グランドフロア ロビー(九龍酒店)
[17:45] パークレーンホテル グランドフロア ロビー(柏寧酒店)

スケジュール

時間 内容
17:15 九龍半島尖沙咀・カオルーンホテル出発
17:45 香港島銅羅湾・パークレーンホテル出発
18:30 優先レーン利用でピークトラム乗車(往路のみ/復路はバスで移動)

ビクトリアピークから「100万ドルの夜景観賞」

アバディーンにて、水上レストランの夜景観賞
20:00 夜景鑑賞後、ドライバーが市内までお送りします。(ガイドの同行なし)
20:30頃 香港島指定箇所、もしくは九龍半島側指定箇所にて解散

注意事項、その他条件

【集合時間に関して】
集合時間に集合場所にいらっしゃらなかった場合、原則バスは待たずに出発します。集合時間5分前にはお越し頂けますようご協力お願い致します。当日時間に間に合わないなどございましたら予約確定書に記載の緊急連絡先までご連絡くださいませ。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-01

利用日
大人 子供

関連記事

ザ パーク レーン 香港  ア プルマン ホテル (旧ザ パークレーン 香港)

ザ パーク レーン 香港 ア プルマン ホテル (旧ザ パークレーン 香港)

MTR銅鑼湾(Causeway Bay)の駅から徒歩数分、ショッピングやグルメの足場として最適のホテルです。

ザ・カオルーン・ホテル

ザ・カオルーン・ホテル

これほど絶好なロケーションのホテルはめったにありません!DFSもハーバーシティも徒歩圏内!どこに行くにも、何をするにも便利なのが魅力!

ビクトリアピーク

ビクトリアピーク

『東方の真珠』といわれる美しさを実感するならここを訪れるしかない!?香港を見下ろす眺めは、昼夜を問わず圧巻です!

ピークトラム

ピークトラム

ビクトリアピークへと続く、香港で最も古い公共交通。最大23度の急勾配を、力強く駆け上ります。

コタイジェット香港往復+アバディーンと100万ドルの夜景【マカオ発着】

コタイジェット香港往復+アバディーンと100万ドルの夜景【マカオ発着】

せっかくマカオに来たのだから、香港に足を延ばして世界3大夜景の一つ、100万ドルの夜景観賞を逃す手はありません!

香港仔(アバディーン)

香港仔(アバディーン)

香港の名前の由来となった漁師町、地元の人たちに混じって香港仔(アバディーン)を散策してみませんか?

ニューワールドミレニアム香港ホテル(旧ホテル日航香港)

ニューワールドミレニアム香港ホテル(旧ホテル日航香港)

日本人にやさしい日系ホテル「ニューワールドミレニアム香港ホテル(旧ホテル日航香港)」。言葉がわからなくても安心して宿泊できます。【注】現在運営者、ホテル名も変更されております。

香港おすすめ夜景スポットBEST5

香港おすすめ夜景スポットBEST5

香港の夜景をめいいっぱい楽しめるイチオシスポットのご紹介