ハイアットリージェンシー香港尖沙咀

Hyatt Regency Hong Kong Tsim Sha Tsui香港尖沙咀凱悦酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

九龍一の繁華街、尖沙咀に2009年にオープン。知名度が支える超一流のサービスとロケーションが注目です。


こんにちは、香港ナビです。今回は、九龍イチの繁華街、尖沙咀に2009年オープンした『ハイアットリージェンシー香港・尖沙咀(Hyatt Regency Hong Kong Tsim Sha Tsui / 香港尖沙咀凱悦酒店)』をご紹介します。香港には同じハイアット系列のホテルとして、香港島の『グランドハイアット香港』、ニューテリトリーの『ハイアットリージェンシー沙田』があり、いずれも香港の豪華5つ星として多くの観光客に利用されていました。そして、満を持しての九龍でのオープンですから、注目せずにはいられませんよね。

超便利なロケーション


MTR尖沙咀駅、尖東駅の両駅から、直結しているというロケーションの便利さがうれしいですね。駅からは、ホテルビルの一部にある6フロアのショッピングモール『K11』を目印に中を通っていけば、簡単にたどり着けます。ショッピング、グルメと香港の観光を満喫するのに抜群ですよね。もちろん、ビジネスでの利用なら、どこのエリアにオフィスがあろうともこの立地なら問題ありません。
地上階ですぐ直結 地上階ですぐ直結

地上階ですぐ直結

ロビーまではエレベーターで ロビーまではエレベーターで

ロビーまではエレベーターで

客室情報


ホテルの客室は10階から24階にあたり、全381室あります。一般客室は21階以上はリージェンシークラブフロアとなっています。部屋タイプは、スタンダード、デラックス、ハーバービュー、クラブ、スウィートという段階に区別されています。各階によって若干異なりますが、1フロアにだいたい10室の客室があります。


スタンダードルーム(ツイン・ダブル)  約28㎡

88室あるスタンダードルームです。ツインベッド、ダブルベッドの使用は、リクエストになっっていますので、予約の際に確認してください。(ちなみに、ダブルベッドはキングサイズです。)現代的でハイセンスな室内デザインは、必要以上に豪華さを誇示せず、モノクロ写真を飾ったり、ガラスやカラーを統一させたインテリアをアクセントにしながら、シンプルに仕上げられています。また、この部屋タイプでは、エキストラベッドのご利用はできませんので、ご注意ください。
ベッドのツイン、ダブル葉リクエストで

ベッドのツイン、ダブル葉リクエストで

部屋とシャワールームがオープンに

部屋とシャワールームがオープンに

クローゼットは入り口すぐの壁に備え付け

クローゼットは入り口すぐの壁に備え付け



客室の窓からの眺めは、尖沙咀の中心を見下ろすシティービュー。香港ならではの、立体感あふれる街並みが特徴的です。

この部屋タイプのバスルームには、残念ながらバスタブはなく、シャワーブースのみの利用となっています。でも、シャワーブースとトイレの間隔が広く、ユニット形式に慣れて以内日本人にも使いやすくなっています。また、バスルーム内は、ガラスを使用して仕切ってあるので、明るくて、清潔感がより一層引き立つ印象です。また、部屋とバスルームの間の壁が開閉式になっているので、使用していないときにオープンにしておくと、奥行きを感じてさらに広々とするかもしれません。

デラックスルーム(ツイン・ダブル) 約31㎡

この部屋タイプは、150室あります。室内のデザインやアメニティ設備などはスタンダードルームとあまり変わりませんが、広さと、バスタブの有無に違いがあります。また、エキストラベッドの利用が可能となっています。

窓からの眺めは、シティービューが主ですが、フロアの場所によっては、その奥のほうに目を凝らすと、ビルとビルの隙間から微かににビクトリアハーバーが・・・・見えたりすることもあります。

この部屋タイプのバスルームには、バスタブとシャワーブースがあります。バスタブは、大きめでゆったりと旅の疲れを癒してくれそうですね。

共通のアメニティ&設備

インターネット情報


お部屋でのインターネットの利用は、ワイヤレス、ケーブルともに接続が可能で、料金は1日HK$150です。WIFIも可能です。必要の際には、フロントまで確認ください。

スウィートルーム拝見!


今回は特別に『リージェンシースウィートルーム』を拝見させていただきました。約51㎡の広さで、バスルームには大きな丸いジャグジーがあります!ベッドルームは一面の大きなガラス張りで、リビングのソファーもおしゃれです。フロアの角に当たり、ビルの構造上、部屋は全体的に半円を描くようなユニークな形になっているのが、特徴です。

リージェンシークラブフロア


22階から24階までは、『リージェンシークラブ』専用のエグゼクティブフロアとなっています。利用者はこのフロアで直接チェックインとチェックアウトができます。また専用ラウンジも完備しており、朝食や軽食、カクテルなどが楽しめます。

その他の設備


CAFE(咖啡廳)
営業時間:6:00-深夜1:00
予約電話:37217700

ロビーフロアにあるオープンキッチン形式のカフェです。朝食(6:30--10:00))、昼食(12:00-14:30)、夕食(18:00-22:00)とビュッフェスタイルで提供しています。またそれ以外の営業時間内は、アラカルトメニューを提供しています。


HUGOS
営業時間:12:00-14:30(月ー金)12:00-15:00(土・日) 18:30-23:00
予約電話:37217733 

ロビーフロアにあるクラシックヨーロピアンレストランです。本格的な伝統料理と、雰囲気のマッチしたおしゃれなインテリアが自慢です。


このほかにホテル内には、1920年代の中国の伝統的な茶室をイメージしたインテリアが定評のある中華レストラン『凱悦軒(The Chinese Restraunt)』と、ゆったりとくつろげる中国風バー『請請吧(Chin Chin Bar)』があります。利用できる設備として、ビジネスセンター、フィットネスセンターと屋外温水プール、ザ・スカイガーデン(中庭)も備えています。


いかがでしたか?信頼できる5つ星のホテルだから、サービスは間違いないし、設備も客室も申し分なし!その上、この立地条件とくれば、ほかに何も文句の付け所がありません!!ぜひ次の香港旅行では、このホテルに宿泊してくださいね。以上香港ナビがお伝えいたしました。

記事登録日:2012-02-13

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    yangyawen

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-02-13

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

K11

K11

香港初の『ショッピングモール美術館』が刺激的にオープン。『アート・ナチュラル・カルチャー』をマッチさせた新しいショッピングモール。

キッチン・M

キッチン・M

流行のブランドだけをセレクトした大型ブティックの中にある、隠れ家的なレストラン。バルコニー席も人気です。