コスモホテル香港

Cosmo Hotel Hong Kong麗悦酒店

閉店・移転、情報の修正などの報告

築7年余りのブティックホテル。リノベーションで新築ホテルにも負けない新鮮さを維持!!


こんにちは、香港ナビです。香港島の銅鑼湾は、東京の渋谷によく似たショッピング天国。観光のメッカでもあり、周辺にはホテルもたくさん集まっています。新しいホテルも年々建設されてきていますが、築10年以内のホテルもリノベーションを繰り返し、新築のホテルに負けないように模様替えを行うところが多いですね。今回は、ハッピーバレーの手前、競馬場のすぐ近くにある『コスモポリタン・ホテル』の姉妹ホテルとして、2005年10月にオープンした『コスモ・ホテル』へお邪魔してきました。7年余りの月日を経て、入り口ロビーやレセプション等もリノベーションされています。カジュアルで、おしゃれな要素は変わらずに、常に清潔で新鮮な感覚を失わないために、変化している2013年2月現在のホテルを再取材してきました。早速ご紹介いたしましょう。

おしゃれ気分でチェックイン&アウト!


以前は、イエロー、グリーン、オレンジの3色のテーマカラーを前面に押し出し、ポップアートのようなかわいらしささえ感じられるようなデコレーションでしたが、カジュアルで気取らない若者向けのインテリアデザインはそのままに、パステルっぽさを排除して、テーマカラーの使用も印象付け程度に収めました。決して広いとはいえないロビーですが、天井が高く最小限の家具やインテリアの配置によって、すっきりしていますね。
カウンターの色も鮮やか!

カウンターの色も鮮やか!

コンシェルジュ

コンシェルジュ

自由に使用できるパソコン

自由に使用できるパソコン

ロビーの椅子もシンプルですが、カラフル

ロビーの椅子もシンプルですが、カラフル


しかし、何といってもロビーで一番印象的なのが、正面にあるこの大きな門構え、赤門!?です。実は、この奥にバーがあってその入り口になっているのです。ドアが開いた状態もなかなか興味深いのでドアを開けて写真撮影しました。バーのオープンする17:00からは、ドアも開閉できます。(朝は、ここで朝食も食べられます。)
印象的な赤門!?

印象的な赤門!?

出入りは、ドアを押して

出入りは、ドアを押して

客室情報

フロアは無垢な白

フロアは無垢な白


客室は、全142室。5階から27階までが客室フロアで、客室はワンフロアに7室あります。5階から15階までがスタンダード(南向きの客室はビューなで、すりガラス使用)とスーペリア(シティービュー)、15階から27階までにはエグゼクティブ、トリプル、スイート等の部屋タイプがあります。客室は、ホテルの3つのテーマカラー別になっています。各階イエローが3室、オレンジが2室、グリーンが1室となっています。細かいリノベーションはされても、この色のコンセプトだけは変わりません。


スーペリア・ルーム 約12㎡

今回は、全てシティービューのスーペリア・ルームを拝見しました。こちらは、イエローがテーマカラーで、ダブルルームです。イエローと言っても、クリーム色に近く、眼に優しい暖かい印象を受けました。室内も、ベッド周りに適度なスペースがあり、トランク等荷物を置ける余裕は十分あります。必要最低限のアメニティや設備が揃っており、シンプルですが、シャワールームまでイエローで、とってもカラフルだからでしょうか、気分が明るくなります。ちなみにシャワールームのバスタブは、フロアの部屋の配置等によって、ある部屋とない部屋があります。

シティ-ビューは、部屋の窓の方向によって違ってきますが、銅鑼湾、湾仔等周辺の高層ビルを眺める感じになります。ホテルの前に高いビルがないので、景色はきれいに見えます。


オレンジがテーマカラーの、ツインルームです。イエローの客室と比べて、グレーと組み合わせることによってビビット感がアップして、よりファッショナブルですよね。なんとなく、インテリア雑誌に出てくる、まねしてみたい部屋作りのお手本みたいです。どちらかというと女性が好みそうなデザインかもしれませんね。部屋の大きさやアメニティ等、イエローの客室と変わりませんが、テーマカラーが違うだけでも、印象が違いますね。


最後は、グリーンがテーマカラーの客室です。カラーの配置は、オレンジと同じですが、グリーンだと自然やエコ的な印象を受けるからなのか、オレンジの客室ほど強いイメージがありません。ちなみに可能な限りリクエストベースで、同じ部屋タイプであれば、宿泊したいカラーの部屋を選択できるそうです。お好みのカラーやラッキーカラー等、こだわりのある方は、リクエストしてみては?

共通のアメニティ&設備

インターネット情報


インターネットは、ブロードバンドインターネットに接続可能。ランケーブルが標準装備されています。ワイヤレスでも接続可能ですが、客室でのインターネットには、料金が必要です。1時間HK$33、3時間HK$66、24時間HK$132です。詳細はフロントでご確認ください。 ロビーやバー、5階のBreezeは、wifi接続が無料になっています。また、ロビーには無料で使用できるパソコンが1台あります。
部屋にはケーブル完備

部屋にはケーブル完備

ロビーにはパソコンがあります

ロビーにはパソコンがあります

その他の設備


Breeze  5階

こちらのホテルは全室禁煙になっていますので、喫煙者の方にはちょっと不便かもしれません。でも、この5階に有るオープンスペースなら喫煙が可能です。飲み物もあって、24時間利用できます。緑がいっぱいで、気分も爽快です。wifiも無料になっています。宿泊客なら、自由に利用できます。
喫煙可能

喫煙可能

セルフサービスの飲み物

セルフサービスの飲み物



Nooch Bar ロビー

17:00-深夜2:00までオープンしているバーです。ロビーの大きな扉を開けて入ります。パーティー等の貸切もよくあるとか。朝だけ、6:30-10:30まで、宿泊客向けの朝食を用意しています。

無料シャトルバス

姉妹ホテルのコスモポリタン・ホテルと共同の無料シャトルバスを上手く利用しましょう!注意することは、実はシャトルバスの出発場所はコスモポリタン・ホテルの駐車場からなんです。だから出発時間までにコスモポリタン・ホテルのロビーで待っていてくださいね。近いですが、時間になったらとっとと出発してしまいますから余裕を持って待っていたほうがいいですね。コスモポリタン・ホテルのロビーでスタッフの人にシャトルバス???って聞いたら教えてくれます。
MTRの駅からの距離や往復の仕方をみると、ちょっと不便に感じてしまうかもしれませんが、実はいろいろなエリアに15分くらいで行けるロケーションなんですよ。湾仔の下町の青空マーケットにも、銅鑼湾の中心の繁華街にも、ハッピーバレーの高級住宅エリアにも、見所いっぱいですよ。


いかがでしたか?ホテルは日々いろいろ変化しているんだなーと感じました。一度宿泊したことの有るホテルでも、以前宿泊したことがあるからこそ、違いがわかると言うもの。また、リノベーション後のホテルにもぜひ宿泊してみてください。以上香港ナビがお伝えいたしました。

記事更新日:2013-03-28

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-12-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供