砵典乍街(石板街)

ポッティンガー・ストリートPottinger Street

閉店・移転、情報の修正などの報告

香港島の中心、都会的なビル群の中環(セントラル)で、露店の連なる石畳のストリートと言えば、ここ!

こんにちは、香港ナビです。常に開発と改築が続く香港の中心である中環ですが、今回ご紹介するポッティンガーストリートは香港に今も歴史の面影が残る場所です。

ポッティンガーストリートとは

ポッティンガーストリートの入り口

ポッティンガーストリートの入り口

ポッティンガーストリート、(英名:Pottinger Street 広東語:砵典乍街(石板街)は中環のクイーンズロードからハリウッドロードに伸びる、今はすっかり珍しい石畳が特徴的な道です。
18世紀、香港でローマカトリックの教会が作られたのがキッカケで出来た通りで、その名は香港最初の政治家であるヘンリー・ポッティンガーに由来しているとのこと。その後、教会は別の場所に移動してしまいましたが、この石畳の道だけは今も残っているのです。

ポッティンガーストリートの位置

ポッティンガーストリートは、香港島側でパーティーグッズと裁縫用具の屋台が揃う場所として有名です。お裁縫もお料理も、ヘルパーと、テーラーと、ザラがある現代の香港ではすっかり関心が薄れてしまいましたが、趣味人にとっては希少な場所です。それとは相対的に、なにやら生活とはかけ離れたような、パーティーグッズのメッカでもあります。ハロウィンやクリスマスのパーティシーズンかなりの人で賑わい、かなりカラフルになります。最近は、ヘアアクセサリーなんかも見かけます!
お裁縫用品のお店

お裁縫用品のお店

パーティー用品のお店

パーティー用品のお店

ポッティンガーストリートはこの2つで知られる道です。

さあ、歩いてみよう


1ブロック目:お裁縫用品のお店
ポッティンガーストリートはやや急な坂道で、クイーンズロード側からの始まりはこんな歴史的な雰囲気が漂っています。
裁縫に使える、リボンを売る屋台

裁縫に使える、リボンを売る屋台


ポッティンガーストリートの下の方、クイーンズロードの近くは主にリボン、ファスナー、ボタンなどの裁縫用具が揃います。
ボタンのサンプル。品揃えは日本程ではありませんが。。。

ボタンのサンプル。品揃えは日本程ではありませんが。。。

お裁縫も、ヘルパーと、テーラーとがある現代の香港ではすっかり関心が薄れてしまいましたが、お裁縫が趣味の人にとっては希少な場所です。

文字通り、埋もれます!

文字通り、埋もれます!

2ブロック目:パーティーグッズのお店
最初のブロックを終えて道路を越えると、突然パーティー用品のお店がドッサリ!七色のカツラや、ハロウィーンコスチューム、付け髭みたいなグッズで文字通り埋もれています。
とにかくカラフルなパーティーグッズがひしめいています とにかくカラフルなパーティーグッズがひしめいています

とにかくカラフルなパーティーグッズがひしめいています

華やかなパーティーグッズで道がにぎわっていますよ 華やかなパーティーグッズで道がにぎわっていますよ

華やかなパーティーグッズで道がにぎわっていますよ

3ブロック目:休憩場所とイギリスの名残で写真映えする景色
スタンレーストリートを越えて、次のブロックへ上ると、アートが売られていたり、靴の修理やさんなど、伝統的な屋台が残っていますが、徐々に静かになっていきます。
最後は屋台が少なくなって、何処かイギリスの名残を感じる休憩所。ここを超えると、ポッティンガーストリートは終わり、SOHOのレストラン街の一角につながっていきます。

エリアにある名店達

沾仔記
常に行列ができる、ワンタンメンの超有名店。ワンタンが普通より断然大きい!とローカルに定評あり。また、300HKD 以下で楽しめるお奨めのお店の一つとして、ミシュランガイドにも毎年掲載されています。そんな素敵なワンタンメンはたったの25ドル。エスカレーター、SOHOの中という超一流立地で驚愕のお値段です。
店内の様子

店内の様子

お店の外にはミシュランの表示が

お店の外にはミシュランの表示が

試してみると、他と比べても更に固めの麺、器から溢れんばかりの具と、いつもは黄色いニラの薬味が青の小口ネギなのが印象的でした。器も、普通のお店は最早全てプラスチックですが、こちらは可愛くレトロな陶磁器を今も使っていました。
ワンタンメンが目玉商品です。 ワンタンメンが目玉商品です。 ワンタンメンが目玉商品です。

ワンタンメンが目玉商品です。

器も普通より大きく、オヤツでもお腹いっぱいになりますよ。日曜の午後5時という中途半端な時間にも関わらず、お店は満員御礼、行列が出来ていました。

陸羽茶室
超有名、伝統的な広東式メニューの飲茶が楽しめるレストラン。歴史を感じる店内の内装は圧巻です。何十年と変わらないメニューで飲茶発祥の地でもある広東式飲茶の起源を体験できる希少なお店です。こちらもポッティンガーからすぐそこです!一緒にためしてみては如何ですか。

翠華餐廳Tsui Wah
一般に、茶餐廳は家族経営で支店を持たない事が一般的ですが、翠華は香港で唯一、茶餐廳でストックマーケットに上場している(!)という超巨大規模の茶餐廳。香港を中心に、中国本土、マカオで20店舗以上の店舗を持って展開しています。ポッティンガーストリートからつながるWillington Streetにも一店舗あります。香港人は「翠華はそんなに安くない」と言いますが、香港人なら皆大好き、な、香港庶民食文化を代表するお店でもあります。

MANA!
対して、最近の新しいお店で人気のお店がこちらのMANA!(マナ)。香港では、本当に本当に珍しい、オーガニック、ローフードをテーマにしたファーストフードのお店です。中は一気に客層が変わって、欧米系駐在員の人たちが沢山。

お店の物はすべて環境を意識したものばかり。使う食材は勿論、食器や使い捨てのトレイも環境に配慮した素材を使っています。

食べ終わった後の分別もしっかりと呼びかけられています。経済についつい意識が集中しすぎてしまう香港ではとっても新鋭的な存在のお店です!
ハリウッドロード
観光誌には必ず!掲載されている有名ストリート。ポッティンガーストリートとも繋がっています。一番有名なのはアンティークや芸術品のお店ですが、最近はオシャレでトレンディーな雑貨やさん、レストランも増えました。
SOHO
ヒルサイドエスカレーターの周辺に広がった、中環でおしゃれな食事をするならここ、という存在。ポッティンガーストリートからもわずか1ブロックです。
他にも、ポッティンガーストリートの周りは名店がたくさんあります!

さてさて、ポッティンガーストリートを中心に、周辺エリアと名店たちをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?香港の中でも最も古い通りの一つであるポッティンガーストリート、これからもあのままで居続けてほしいなとナビはおもいます。香港ナビでも以前ご紹介したポッティンガーストリートの有名店であったChippyは閉店してしまったようですが、相対的にMANA!のような新しいコンセプトのお店も出来ているわけで、古きも新しきも、うまく共存していって欲しいですね。
以上、レトロな香港が大好きな香港ナビがお送りしました。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2014-07-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-08

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ここに行かずに香港は語れない名物ストリート集、其の壱!

ここに行かずに香港は語れない名物ストリート集、其の壱!

どっぷりディープな香港を堪能するもよし、時間つぶしにふらっと立ち寄って異次元空間を味わうもよし。値段交渉にくじけない勇気を胸に、いざ出発!