スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

【旧暦新年】旧正月元旦の香港の街並み

旧正月に香港に遊びに来たら、街の様子はどんな感じ?お店は本当に全部閉まっているの?みんな外出しているのかな?

こんにちは、香港ナビです。香港をはじめ中華圏では新暦の元旦よりも、旧正月を祝うというのは、皆さんもうご存知ですよね。街中のお店も新暦の元旦(日本のお正月)はいつもと変わらず営業しているところがほとんどで、普段の祝日とほとんど変わりませんが、旧正月となるとどうでしょうか?百聞は一見にしかず、今回は旧正月元旦の香港の街の様子を撮影してきましたので、どうぞご覧ください。

旺角

★ネイザンロード
まずは、九龍で尖沙咀に次いで賑やかな街、旺角です。ほとんどの仕事は旧正月の連休中はお休みということで、道路には貨物車や業務用の車は見当たらず、自家用車とバス、そしてタクシーが行き交うのみ。いつもは車でいっぱいのネイザンロードもこの通りガラガラです。旧暦の元旦は、日本のお正月のように家族で過ごすのが一般的なので、街に出ている人々も家族連れがほとんどでした。
★西洋菜街~女人街
休日は歩行者天国になる旺角の西洋菜街ですが、今日は人もまばら。お店は、西洋菜街と奶姫臣街、山東街界隈を中心として、半分ほどのお店は元旦にも関わらず営業中。通菜街にある女人街はほとんどのお店が営業していました。
旺角に限らず、どこでもDVD屋さんは営業中。連休中、暇をもてあそぶ人々がDVDを買っていくため、書き入れ時のようです。

旺角に限らず、どこでもDVD屋さんは営業中。連休中、暇をもてあそぶ人々がDVDを買っていくため、書き入れ時のようです。

今日は新聞スタンドもお休み。コンパクトに片付けられています。

今日は新聞スタンドもお休み。コンパクトに片付けられています。

★花園街
ただし、旺角中心部をはずれて洗衣街やスポーツ用品店が軒を連ねる花園街まで行くとほとんどのお店が休業中。
★旧正月中の休業のお知らせ★
休業中のお店のシャッターにはこんな赤色の張り紙が貼られています。この張り紙には、いつから営業を開始するか、ということが書かれています。写真では「初六啓市」と書かれています。中国では、元旦を初一、その次の日を初二、という風にお正月
★拝年には手土産を★
旧正月中のコンビニエンスストアやワトソンズ、マニングス、スーパーなどの店の前には特設のラッピングカウンターが登場します。香港では旧正月中に親戚や友人の家に行くとき(拝年といいます)には、チョコレートやクッキー、健康食品などのプレゼントを持参する習慣があるためです。簡易包装の概念はまだまだここ香港には根付いていないみたい。
★油麻地~佐敦
ネイザンロードを南下して尖沙咀へバスで向かう途中の油麻地、佐敦周辺は休業中のお店がほとんど。道も空いているので、旺角から尖沙咀までバスで10分ほどで到着。いつもこんな風だったらいいんですけど…

尖沙咀

★スターフェリーピア
スターフェリーピアに到着すると、すごい観光客。それもそのはず、元旦の夜は尖沙咀でパレードが行われるのです。そのため、集まったテレビクルーたちは、パレード前に正月の様子をニュースで流すため、街の取材を始めていました。テレビに映りたい人はスターフェリーピアへGO!
ハーバーシティの前に人だかりが!近づいてみると爆竹に扮した切なそうな顔をした外国人が… ハーバーシティの前に人だかりが!近づいてみると爆竹に扮した切なそうな顔をした外国人が…

ハーバーシティの前に人だかりが!近づいてみると爆竹に扮した切なそうな顔をした外国人が…

★ハーバーシティ
スターフェリーピアからハーバーシティへ。オーシャンターミナル入口付近の化粧品カウンターはいつもどおりの営業。ブティックは半分ほどがお休みでした。
★広東道~海防道
広東道沿いのヴィトンなど、高級ブティックのほとんどは休業中。もともと高級店しかない通りなので、買い物客はほとんど歩いていません。海防道沿いの店は一部を除いてだいたいのお店が営業中。歩道が狭い上に通行人の数が半端ではなく、いつもは車道にあふれるほどの海防道ですが、今日は人を避ける必要なく、まっすぐ歩くことができます(海防道でこれは貴重な体験)。
アイスクリームの移動販売車もこの寒い中営業中です。現在、気温15度。でも海に近いため体感温度は10度前後のはず。毎年旧正月の前後は急激に気温が下がり、一年で一番寒くなります。道行く人もダウンコートなど厚手の上着で完全防備。そんな中でも西洋人観光客は半そでだったりするので不思議。
★旧正月中のレストランは特別料金にご注意★
麺屋や茶餐廳もこのエリアでは営業中のところが多い模様。とりあえず尖沙咀まで来れば、「営業しているレストランがない!」なんてこともないかも。ちなみに、旧正月中で営業しているレストランに入ると値段が高くなっていることが多いのでご注意ください。写真のように、手書きで正月料金を書いた赤い紙がメニュー表の上に貼られています。茶餐廳では、通常メニューに5ドルほど追加されます。決して観光客料金ではないのでご安心を。香港人も同じように支払っています。
小食はいつもどおりの値段です
★ネイザンロード
尖沙咀のネイザンロード沿いのお店はほとんどすべてのお店が営業中。いつもと変わらない光景ですが、街を歩いている人が少ないため、ストレスフリーの街歩き&ショッピングが楽しめます。今日ばかりは写真を撮るために急に立ち止まっても、後ろから突き飛ばされる心配も不要です。尖沙咀のネイザンロード沿いには、家賃が高いためG2000やジョルダーノ、SASAなど大型のチェーン店が軒を連ねています。大型チェーン店は日本の正月同様、ここ香港でも真っ先に営業を開始するんですね。これだけ営業していれば、ショッピングには十分です。
★グランビルロード
ローカルのおしゃれっ子が集まるグランビルロードは、この通り。ほとんどのお店が休業中。歩いている人もほとんどいません。まるでゴーストタウン…
いつもは行列ができる回転寿司「板長寿司」も今日はガラガラ。

いつもは行列ができる回転寿司「板長寿司」も今日はガラガラ。

縁起物?の赤い下着を今日はみんな身に着けているのでしょうか…

縁起物?の赤い下着を今日はみんな身に着けているのでしょうか…

尖沙咀東

コンビニとスターバックスや噴水近くのオープンテラスのレストラン以外のお店は、軒並みシャッターを下ろしています。繁華街では営業していたチェーン店のお店もここでは休業中。チェーン店もピンポイントで人の多いところのみをオープンしているという感じです。
さあ、海超えバスに乗って銅鑼湾へ向かいましょう。ホンハムトンネル周辺は、いつもと同じように渋滞。でも混雑しているのは、香港島へ向かう車線のみ。九龍へ向かう車線はスイスイです。

銅鑼湾

尖沙咀の通行人はほとんど観光客でしたが、銅鑼湾では観光客の姿はほとんどなく、ローカル一色。観光客の銅鑼湾訪問は、昨夜までビクトリアパークで行われていたフラワーマーケットで済ませてしまったのでしょうか?尖沙咀と比べると営業しているお店は少なめ。歩いている人たちも拝年の移動途中にちょっと寄ってみたという感じ。
★ビクトリアパーク
まずは、祭りが終わったビクトリアパークへ行ってみましょう。いつもよりアマさん(東南アジアからの外国人家政婦)が少ないものの、インドネシア人アマさんの本拠地?ビクトリアパークは、フラワーのフの字もないくらいにアマさんだらけ。昨夜まで屋台や露店が並んだグラウンドは現在急ピッチで清掃中。正月から本当にご苦労様です。
★タイムズスクエア
タイムズスクエア周辺のお店は予想に反してほとんどお休み。モール前の広場の人数もいつもと比べると少なめ。銅鑼湾はそごう周辺のお店はポツポツと営業していますが、それ以外はデパートかモール以外、ショッピング、食事をする場所はあまりなさそうです。
映画館にはお正月映画を観に来た人々が長い列を作っていました。

湾仔

湾仔へ向かう途中の軒尼詩道(ヘネシーロード)はこの通りガラガラ。バスくらいしか走っていません。銅鑼湾を出て湾仔に入る頃には軒尼詩道沿いでは9割以上のお店はお休みです。湾仔では「元旦に営業など、抜けがけ行為は断じて許さない」という協定が町内会で結ばれているのでは?と思うほどの静けさ。今日ならトラム道を欽ちゃん走りで駆け抜けることも可能かも…
★湾仔駅前~太原街
湾仔駅前に来て、やっと人が増えてきました。人の流れに乗って太原街のマーケットに入ってみましょう。いつも並んでいるお店とは明らかに違う雰囲気の、コピー製品を売る怪しい露店が並び、見張りの人たちが睨みを利かせているため、写真撮影は断念。いつもの下町風情あふれる太原街とは違う一面を見たようでちょっとドキドキです。ただ、そんな露天商が登場しているのもストリートの入口付近の人が一番多く集まる場所だけで、奥に入っていくと休業中のお店がほとんど。

セントラル

ビジネス街のため、こちらも湾仔とはまた違った静けさです。高級ブティックの中には営業している店も少しありましたが、全体的にお休みモード。通りを歩く人の数も交通の量も少ないため、フィリピン人アマさんの姿が異様に目立ちました。それにしても、寒い…。本当に毎年旧正月は気温が下がりますね。
★ランカイフォン~SOHO
皇后大道中(クイーンズロードセントラル)のマークスアンドスペンサーなど、大きなデパートは営業をしていましたが、それでも尖沙咀や旺角に比べると静か。ランカイフォンから威霊頓街(ウェリントンストリート)に入ると、ここは翡翠餐廳を除いて、ほぼ全滅。もともと個人営業の小さなブティックや雑貨屋、ヨンキーなどの老舗レストランが立ち並ぶ通りなので、旧正月中は仕方がないのかも。
坂道沿いのマーケットもお休みでひっそり… 坂道沿いのマーケットもお休みでひっそり… 坂道沿いのマーケットもお休みでひっそり…

坂道沿いのマーケットもお休みでひっそり…

ワンタンメンの有名店もお休みです

上環~西環

上環まで来ると、デパートの永安百貨も休みで、ゴーストタウン化。店を開けたら負け組、という雰囲気です(笑)。

いかがでしたか?写真で見る旧正月元旦の香港。ナビも毎年この日は拝年で香港中を駆け回っていたので、街中がいったいどんな感じなのか、じっくりと歩いたことはありませんでした。今回歩いてみて、尖沙咀と旺角の中心エリアの賑やかさにはびっくり。いつもの週末とほとんど変わりません。それに比べて銅鑼湾、セントラルなど香港島の中心エリアでは、営業しているお店が少なかったのが意外でした。ただし、日中は営業しているお店も元旦は夕方やいつもより早めに閉店することもあるので、お目当てのお店がある方は、必ず事前に営業時間を聞いておきましょう。それにしても、街に人がいないってステキ。こんなのんびりした香港もたまにはいいですね~。以上、香港ナビがお伝えしました。
関連タグ:旧正月春節

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2009-02-03

ページTOPへ▲

その他の記事を見る