スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

香港でネット接続!電源&WiFiが使えるカフェ&スポット特集

今やフリーWi-Fiは常識になりつつありますが、困るのは外出先でのバッテリー切れ。そんなわけで、ここではフリーWi-Fiに加えて充電もできるカフェやスポットを紹介します。

ネイホウ!香港ナビです。
日本同様、香港も世界有数のモバイル社会。ちょっとした情報の検索はもちろんのこと、友達や知り合いとのやり取りもスマホが中心。今やスマホやタブレットPCなくしては生活が成り立たないほどに普及しています。こんな状況を踏まえ、香港政府は現在無料で利用できるWi-Fiネットワークを今後さらに拡大していくことを発表。在住者のみならず、香港を訪れる旅行者の利便性はますます向上していくことでしょう。
ところが、こんなに便利なモバイル製品ではありますが、当然のことながら使えば使うほどバッテリーが少なくなっていきます。無料Wi-Fiに気をよくしすぎて、気がついたらバッテリー切れ・・・なんてことも。バッテリーチャージャーを常に持っていればいいですが、そうでない場合は充電用の電源を探すのにもひと苦労。そんな状況にならないためにも、今回は無料Wi-Fiに加えて、さらに充電までできちゃうカフェやスポットをご紹介します。ぜひとも次回の香港旅行に役立ててくださいね。

●香港のWi-Fi&電源事情

無料Wi-Fiでも高速を導入している施設が増えてきています。

無料Wi-Fiでも高速を導入している施設が増えてきています。

香港では無料Wi-Fiが比較的以前から普及しており、例えばホテル、ショッピングセンター、カフェ、レストランなどをはじめ、地下鉄駅、バス、電車内に至るまで多くの場所で無料Wi-Fiを提供しています。さらに2014年からは、Wi-Fiのさらなる普及を目指して香港政府が中心となって推し進めている「Wi-Fi.HK」政策により、格段にその範囲が広がりました。そのおかげもあり、無料Wi-Fiがある程度定着した現在では、利用者のさらなる要求に応えるべく、より速いスピードのWi-Fi環境を提供する一歩上の段階に入っているようです。
ところが充電設備となると、残念ながらまだまだこれからといった感は否めず、ほとんどは依然としてお店にある電源を探して拝借することになります。それでも徐々に充電専用設備を設ける場所が増えつつあり、そうでない場合でも充電サービスやバッテリーチャージャーを貸与してくれるところも出て来ました。今後、このようなサービスを提供してくれる場所が多くなってくることでしょう。

香港の電圧は220Vです。モバイル製品のほとんどは100-240Vに対応していますが、念のためにお手持ちの製品の再確認を。また香港のプラグの形状はBFタイプです。日本のプラグ形状はそのままでは使用できないのでご注意ください。

●観光客でも気軽に入れる無料Wi-Fi&電源のあるカフェ

無線充電まで完備!向かうところ敵なしの完全無敵カフェ
■□■ マクドナルドネクスト ■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:あり(無線充電もあり)

簡単に見つけることができ、なおかつ気軽に入れるご存知「マクドナルド」。その形態には2種類あって、ひとつはハンバーガーなどのファーストフードを中心とした「マクドナルド」、そしてもうひとつは本格的なコーヒーやスイーツが楽しめる「マックカフェ」。香港ではそのいずれもほとんどの店舗で無料Wi-Fiを提供していますが、中でも飛びぬけて利用価値が高いのがこの「マクドナルドネクスト」です。なにせ充電設備を備えたカウンター席やボックス席、テーブル席などが多数あるだけでもすごいのに、USB充電だけではなく無線充電設備まで用意しているというすばらしさ!おまけにそのいずれも無料で利用できちゃうところに、マクドナルドの懐の深さが感じられます。これだけ充実した設備を備えているのは今のところ香港でもここだけと言えるでしょう。
●ネットワークへのアクセス方法
ネットワーク名:McDonalds
パスワード:不要
利用可能時間:60分 ※1日4回まで。
※マクドナルド、マックカフェ共通
ネットワークから「McDonald's」を選択し、利用条件に同意したら右下にある「Get Online Now」をタップ。中国語と英語の表示の切り替えは、右上に出てきます。 ネットワークから「McDonald's」を選択し、利用条件に同意したら右下にある「Get Online Now」をタップ。中国語と英語の表示の切り替えは、右上に出てきます。 ネットワークから「McDonald's」を選択し、利用条件に同意したら右下にある「Get Online Now」をタップ。中国語と英語の表示の切り替えは、右上に出てきます。

ネットワークから「McDonald's」を選択し、利用条件に同意したら右下にある「Get Online Now」をタップ。中国語と英語の表示の切り替えは、右上に出てきます。


Wi-Fiは1日1回30分との制限はあるものの、利用しやすさが魅力
■□■ スターバックス ■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:店舗により使用可能な電源あり

マクドナルドネクストと比較すると、決してWi-Fiフレンドリーと言うことはできませんが、それでも香港のいたる場所で見つけることができ、なおかつ旅行者にとっても敷居が低いのがスターバックスの魅力。ただし残念ながらWi-Fiは1日1回30分までと制限があり、なおかつ充電専用の電源はないため店舗にある電源を拝借することになります。また店舗によっては電源がない場合もあるのでご注意を。
●ネットワークへのアクセス方法
ネットワーク名:StarbucksHK WiFi
パスワード:必要。商品購入の際のレシートに印字。
利用可能時間:1日1回30分(非メンバー)
※香港国際空港店、アジアワールドエキスポ店、MTR中環駅および香港駅店はWi-Fi提供なし。
ネットワークを選択したら、レシートに記載してあるパスワードを入力し、「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。 ネットワークを選択したら、レシートに記載してあるパスワードを入力し、「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。

ネットワークを選択したら、レシートに記載してあるパスワードを入力し、「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。


本格的なイタリアンやスイーツを味わいながら、ネットや充電ができる
■□■ caffè HABITŪ (カフェ・ハビツ) ■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:店舗により使用可能な電源あり

気軽に立ち寄れる「ブティック・カフェ」をコンセプトにしたイタリアンカフェ・ハビツは、尖沙咀や中環、銅鑼湾など観光客がよく行くエリアや、メジャーなショッピングセンターなどに入っているのでアクセスは良好。本格的なコーヒーやデザートをはじめ、パスタ、サンドイッチなどのフードメニューも豊富です。Wi-Fiは無料ですが、利用にはスターバックスと同様に、商品購入時のレシートに印字されているパスワードが必要になります。またすべての店舗に電源があるわけではありませんが、一部の店舗では利用可能な電源があります。
●ネットワークへのアクセス方法
ネットワーク名:CaffeHABITU_Guest
パスワード:必要。商品購入の際のレシートに印字。
利用可能時間:無制限
ネットワークは「Guest」の方を選択してください。

ネットワークは「Guest」の方を選択してください。

パスワードの入力を要求されます。

パスワードの入力を要求されます。

パスワードはレシートの一番下に印字されているので、間違って捨てないように。

パスワードはレシートの一番下に印字されているので、間違って捨てないように。


休憩スペースにある充電ステーション。飲みものは自動販売機でご自由に
■□■ 旺角電脳中心 ■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:あり

カフェではありませんが、旺角電脳中心のレベル3(店番号:317A)にある休憩スペースに設置された充電ステーションはなかなか優秀。さすがコンピュータセンターだけあってWi-Fiの速度も速く、動きはサクサク。USBケーブルさえあれば充電もし放題です。スペース自体は決して広くありませんが、テーブルや椅子のほか、自動販売機も置いてあります。穴場的な存在なので、覚えておくといざというときに便利かも。
]●ネットワークへのアクセス方法
ネットワーク名:mkcc
パスワード:不要
利用可能時間:無制限
ネットワーク名mkccを選択すると、すぐに接続します。

ネットワーク名mkccを選択すると、すぐに接続します。

充電にはUSBケーブルが必要。電脳中心内にあるので、万一忘れても購入可能。

充電にはUSBケーブルが必要。電脳中心内にあるので、万一忘れても購入可能。

狭いスペースですが、飲みものやスナックの販売機、テーブル、椅子もあり。

狭いスペースですが、飲みものやスナックの販売機、テーブル、椅子もあり。

●Wi-Fiも使えて、充電専用設備のあるスポット

さすがアジアを代表するハブ空港。充実しすぎるほどの設備が自慢
■□■ 香港国際空港 ■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:あり

香港を訪れるほとんどの人は香港国際空港を利用すると思いますが、ここでも無料Wi-Fiと無料の充電設備に困ることはありません。到着ロビー付近にはあいにく充電専用設備はほとんどありませんが、出国の際のチェックインカウンター付近、搭乗ゲート周辺には、充電できるコンセントや専用のカウンターが続々と増えています。
なお一部のエアポートバスでは無料Wi-Fi、そしてエアポートエクスプレスでも無料Wi-Fiのほか、一部車両には充電用のUSBポートが設置されています。
◎チェックインカウンター周辺
比較的初期に設置された設備なので、設置台数や電源数が少ないのが欠点。 比較的初期に設置された設備なので、設置台数や電源数が少ないのが欠点。

比較的初期に設置された設備なので、設置台数や電源数が少ないのが欠点。

◎搭乗ゲート周辺
従来の充電ステーションに加え、ASUSが提供している充電ステーションでは、設置してあるPCやタブレットも無料で利用できます。<br>さらにゲート付近のシートにも充電ステーションがあるほか、随所に電源あり。 従来の充電ステーションに加え、ASUSが提供している充電ステーションでは、設置してあるPCやタブレットも無料で利用できます。<br>さらにゲート付近のシートにも充電ステーションがあるほか、随所に電源あり。 従来の充電ステーションに加え、ASUSが提供している充電ステーションでは、設置してあるPCやタブレットも無料で利用できます。<br>さらにゲート付近のシートにも充電ステーションがあるほか、随所に電源あり。

従来の充電ステーションに加え、ASUSが提供している充電ステーションでは、設置してあるPCやタブレットも無料で利用できます。
さらにゲート付近のシートにも充電ステーションがあるほか、随所に電源あり。

●ネットワークへのアクセス方法

ネットワーク名:#HKAirport Free WiFi、Wi-Fi.HK via HKAirport
パスワード:不要
利用可能時間:1セッション2時間。再接続で継続使用可能。
#HKAirport Free WiFiまたはWi-Fi.HK via HKAirportを選択します。

#HKAirport Free WiFiまたはWi-Fi.HK via HKAirportを選択します。

「Agree and Continue」をタップで接続します。速度も快適。

「Agree and Continue」をタップで接続します。速度も快適。


尖沙咀で電池がなくなったら、迷わずここへ!人も少ない穴場的存在
■□■ 中港城(チャイナ・ハーバーシティ)■□■

Wi-Fi:あり
充電専用電源:あり

尖沙咀のハーバーシティのすぐ隣にある中港城は、九龍サイドからマカオや中国へ向かうフェリーターミナルだけでなく、ホテル、ショッピングモール、アウトレットモールなどを備えているだけあって連日たくさんの人たちで賑わっています。実はここには3ヵ所の充電ステーションがあるのですが、場所が少しわかりにくいせいか意外と利用者が少なめ。いざというときに役に立ちますよ。
ゆったりしたスペースで充電できるのがうれしい。

ゆったりしたスペースで充電できるのがうれしい。

主なUSBケーブルは揃っています。

主なUSBケーブルは揃っています。

充電ステーションは、フェリーの到着ロビに1ヵ所、出発ロビーに2ヵ所の合計3ヵ所にあります。 充電ステーションは、フェリーの到着ロビに1ヵ所、出発ロビーに2ヵ所の合計3ヵ所にあります。

充電ステーションは、フェリーの到着ロビに1ヵ所、出発ロビーに2ヵ所の合計3ヵ所にあります。

●ネットワークへのアクセス方法

ネットワーク名:sinoproperty_open
パスワード: 不要
利用可能時間:無制限
「sinoproperty_open」を選択するとすぐに接続。

「sinoproperty_open」を選択するとすぐに接続。

状況にもよりますが、速度はあまり期待できない感じです。

状況にもよりますが、速度はあまり期待できない感じです。

●充電サービスやバッテリーチャージャーの貸与も!ショッピングモールは困ったときの心強い味方

ここ数年、顧客サービスに力を入れている香港のショッピングモール。フリーWi-Fiはもちろんのこと、主なモールではカスタマーサービスデスクやコンシェルジュデスクを設置しています。あまり知られていませんが、実はこのデスク、大概の問題なら対応してくれるんです。そのひとつが、携帯電話の充電サービスやバッテリチャージャーのレンタル。ショッピング先でバッテリー切れになった場合は、まずはコンシェルジュデスクに相談してみてください。

●フリーWi-Fiおよび充電サービス/バッテリチャージャー貸与(要保証金)サービスを提供している主なショッピングモールやショッピングセンターは以下のとおりです。

◎香港島
.
◎九龍
.

●充電はできないけれど、知っておくと便利なWi-Fiスポット

香港全域を網羅する無料Wi-Fiサービス
■□■ Wi-Fi.HK ■□■

ネットワーク名:Wi-Fi.HK via xxxxなど頭にWi-Fi.HKがついたネットワーク名
パスワード:不要
利用可能時間:サービス提供会社により異なる

香港住民だけでなく、香港に訪れる人たちのために快適な無料Wi-Fi環境を提供すべく2014年に新しく始まったサービスです。参加企業は香港政府をはじめ、香港を代表する大手インターネットプロバイダのCSL、香港ブロードバンドのほか、各種学校、エンターテインメント施設など多数、中には電源のある施設も。利用条件はどの企業が提供するサービスを選択するかで異なりますが、いずれもパスワードは不要でネットワーク名の最初に「Wi-Fi.HK」がついています。もちろん利用は無料です。なおホットスポットはホームページまたは専用アプリでも確認できるので、香港に来る前に事前にダウンロードしておくといざというときに役に立ちますよ。

1日1回しか利用できないのが欠点。でも、どこにでもあるので安心
■□■ セブンイレブン ■□■

ネットワーク名:7‐Eleven Free WiFi
パスワード:不要
利用可能時間:30分。1日1セッションのみ。
※一部店舗では提供していません。

急にメールやメッセージをチェックしなきゃいけないのに、無料のWi-Fiがどこにあるのかわからない・・・なんていう非常時に便利なのがセブンイレブン。利用できるのは1日1セッションに限られていますが、最大30分まで利用可能なので時間的には充分。少し電波は弱くなりますが店の外でもアクセスできるので、いざというときはちゃっかり利用しちゃいましょう!
ネットワークを選択したら「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。 ネットワークを選択したら「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。

ネットワークを選択したら「同意及連接」をタップします。中国語、英語の表示切替は右上に出てきます。


Wi-Fiスポットが続々と増加中。街中でも使えるのがウレシイ!
■□■ 3Y5AdWiFi ■□■

ネットワーク名:_FREE 3Y5 AdWiFi
パスワード:不要
利用可能時間:35分。再接続で継続利用可能。

このところカバー範囲が広がり、ダンゼン便利になってきたのがこの3Y5AdWifiです。ほかの無料Wi-Fiと異なるのは、特定の施設内ではなく街中で飛び交っている点。つまり、観光やショッピングの最中に道を歩いているときでも、ふと思い立ったときにWi-Fiに接続できるところ。おまけに1セッションが35分と長い上に、もしセッションが切れても再度接続すれば無制限に利用できます。利用可能な場所は特に公表されていませんが、銅鑼湾、旺角など主なエリアはほぼカバーしている様子。まずはWi-Fi機能をオンにして、このネットワークがあるかどうかを探してみてください。
ネットワークを選択したら、下にある「同意」をタップしてください。「遊客Traveler」「本地用戸Local User」と表示されることもあります。 ネットワークを選択したら、下にある「同意」をタップしてください。「遊客Traveler」「本地用戸Local User」と表示されることもあります。 ネットワークを選択したら、下にある「同意」をタップしてください。「遊客Traveler」「本地用戸Local User」と表示されることもあります。

ネットワークを選択したら、下にある「同意」をタップしてください。「遊客Traveler」「本地用戸Local User」と表示されることもあります。


いかがでしたか?
無料Wi-Fiをウリにする場所はたくさんありますが、いまだに充電用の電源設備を大々的に宣伝している場所はほとんどありません。しかしながら、ショッピングセンターなどでは既に充電サービスやバッテリーチャージャー貸与のサービスを開始しており、今後は無料Wi-Fiに加えて充電設備を備えた施設やお店がますます増えてくることと思います。
とはいうものの、旅行中も頻繁にメールのやり取りをする人や重要な連絡が来る可能性のある人は、ポケットルーターなどを用意して常にモバイル環境にアクセスできるようにしておいたほうがいいかもしれませんね。
以上、香港ナビがお伝えしました。




その他情報

※上記情報は香港でWi-Fiに接続するための方法を紹介したものであり、携帯電話会社からの高額請求を回避することを保証するものではありません。海外でのスマートフォンのご利用は自己責任でお願いいたします。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-04-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る