スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ナビが選ぶ! 香港に来たら訪れるべきスポットBEST10

香港ビギナーも香港リピーターも、香港に来たら必ず訪れて欲しいスポットを、ナビの独断と偏見でご紹介します!

ネイホウ!香港ナビです。
みなさんの香港旅行の目的は何ですか?ショッピングが目当ての人もいれば、おいしい料理をたらふく食べたい!っていう人、そして初めての香港で右も左もわからない・・・など、いろいろだと思います。でもせっかく香港に来たのだから、1ヵ所くらいは「これぞ香港!」と感じられる場所に行きたいですよね。
そんなわけで、今回は香港初心者もリピーターも、香港に来たらぜひとも訪れて欲しい場所を、ナビが「勝手に」10ヵ所チョイスしました!どれもこれもお勧めなので、特に順位は関係ありませんのであしからず(笑)。


勝手ついでに、スポットの横にナビがおせっかいマークをつけました。
初心者にお勧めのスポットには「♪」を、お勧め度に合わせて最高3個。
リピーターにお勧めのスポットには「!」を、お勧め度にあわせて最高3個

あくまでも独断と偏見です(笑)。それでは、早速紹介していくことにしましょう。

チムサーチョイ プロムナード :【♪♪♪】【!!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★★★


アクセスのしやすさ、昼でも夜でも「香港らしい」景色が堪能できるという点で、お勧め度はダントツ!初香港の人はもちろんのこと、何度香港を訪れている人でも感動すること間違いなし。
プロムナード沿いには香港文化中心、香港芸術館、アベニュー・オブ・スターズなどの観光スポットがあるだけでなく、夜にはシンフォニー・オブ・ライツもいちばんいいアングルで楽しめちゃいます。

空気が澄んでいれば、夕暮れにはこんな感動的な景色も。

空気が澄んでいれば、夕暮れにはこんな感動的な景色も。

香港文化中心。コンサートや演劇が行われます。

香港文化中心。コンサートや演劇が行われます。

香港芸術館。常設展示のほか、特別展示も見逃せません。※改修のため2018年(予定)まで休館中。

香港芸術館。常設展示のほか、特別展示も見逃せません。※改修のため2018年(予定)まで休館中。

アベニュー・オブ・スターズもプロムナードにつながっています。※改修のため2018年(予定)まで閉鎖中。

アベニュー・オブ・スターズもプロムナードにつながっています。※改修のため2018年(予定)まで閉鎖中。

昔ここに鉄道駅があった名残。クロックタワー。

昔ここに鉄道駅があった名残。クロックタワー。

毎晩8時から始まるシンフォニー・オブ・ライツもお見逃しなく。

毎晩8時から始まるシンフォニー・オブ・ライツもお見逃しなく。

.

ビクトリア・ピーク :【♪♪♪】【!】

利便性:★★★☆☆
独自性:★★☆☆☆
感動度:★★★★★


香港島も九龍半島も一気に見渡せる絶景スポット。香港に来たからには訪れる価値大アリです。ピークトラム、バス、ミニバスでのアクセスが可能ですが、初心者の方はぜひともピークトラムで上って欲しいところ。その際、右側の窓際をゲットしてくださいね。途中、眼下に素晴らしい景色が広がります!時間に余裕があれば、1時間ほどでまわれるピークトレイルやマダムタッソー蝋人形館もぜひ。

ピークギャレリアの中にはショップやレストランが。屋上には無料の展望台もあります。

ピークギャレリアの中にはショップやレストランが。屋上には無料の展望台もあります。

ピークタワー。マダムタッソー蝋人形館はこの中。

ピークタワー。マダムタッソー蝋人形館はこの中。

ビクトリア・ピークに来たら、まずはライオンズパビリオンからの景色を楽しんでみてください。

ビクトリア・ピークに来たら、まずはライオンズパビリオンからの景色を楽しんでみてください。

狭い展望台ですが、景色は最高。

狭い展望台ですが、景色は最高。

昔のピークトラムを利用したビジターセンターもありますよ。

昔のピークトラムを利用したビジターセンターもありますよ。

ピークトレイル。最短コースは1周約1時間です。

ピークトレイル。最短コースは1周約1時間です。

ピークルックアウトではお茶や食事も。外の席がおすすめ。

ピークルックアウトではお茶や食事も。外の席がおすすめ。

有名スターたちと記念撮影が可能!?マダムタッソー蝋人形館。

有名スターたちと記念撮影が可能!?マダムタッソー蝋人形館。

ここからの夜景はまさに100万ドル!

ここからの夜景はまさに100万ドル!

茶餐廰 :【♪】【!!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★★☆


香港の食文化を代表する茶餐廰(チャーチャンテン)は、喫茶店と食堂、ファミレスを足したようなレストラン。早朝から深夜まで開いている店が多く、朝、昼、夜でセットメニューもあります。メニューも豊富でローカルフードをはじめ洋食や店によっては和食(風)も。おすすめは各店オリジナルブレンドの紅茶。日本では味わえない深い味わいです。また紅茶とコーヒーをミックスした鴛鴦茶(インヨンチャ)も香港ならでは。

昔ながらの茶餐廰はローカル度満点。

昔ながらの茶餐廰はローカル度満点。

入りやすいカフェ風の茶餐廰も。

入りやすいカフェ風の茶餐廰も。

下午茶(アフタヌーンティー)は定番の西多士(香港風フレンチトースト)とミルクティをぜひ。

下午茶(アフタヌーンティー)は定番の西多士(香港風フレンチトースト)とミルクティをぜひ。

スターフェリー、トラム :【♪♪♪】【!!!】

利便性:★★★☆☆
独自性:★★★★☆
感動度:★★★★☆


夜景と並んで香港を代表するのが、香港島と九龍半島を約7分で結ぶスターフェリーと、香港島を東西に走る二階建電車のトラム。地下鉄が発達した今ではスピードという点では劣りますが、それでも運賃は驚くほど安く、特にトラムの場合は車窓からエリアごとに変わる景色とローカルの生活をのぞくことができます。トラムはどこまで乗っても均一料金なので、時間に余裕があれば端から端まで乗ってみるのも面白いかも。
乗船時間はわずかでも、海から見る香港島と九龍半島の景色は陸からでは味わえない美しさ。

乗船時間はわずかでも、海から見る香港島と九龍半島の景色は陸からでは味わえない美しさ。

上層と下層があります。ナビは夏場はエアコンのある上層に乗りますが、それ以外は潮風を感じられる下層が好きw。

上層と下層があります。ナビは夏場はエアコンのある上層に乗りますが、それ以外は潮風を感じられる下層が好きw。

2階席の最前列は押さえたいところ。最近は車内に停車駅が表示されるようになったので、乗り過ごしも減りました。

2階席の最前列は押さえたいところ。最近は車内に停車駅が表示されるようになったので、乗り過ごしも減りました。

ナイトマーケット(男人街、女人街) :【♪♪♪】【!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★☆☆☆
感動度:★★★★☆


夜遅くまで賑わう露店ストリート、それがナイトマーケットです。有名なところでは男人街と女人街があります。たいした物は売っていない、というのがナビの正直な感想ですが(笑)、それでも意外な掘り出し物があったり、冷やかしついでに値引き交渉を楽しんだりと、ぶらぶら歩くだけでも楽しいですよ。

男人街(テンプルストリート)は、夕方5時くらいから深夜0時くらいまでオープンしています。

男人街(テンプルストリート)は、夕方5時くらいから深夜0時くらいまでオープンしています。

ばらまき用のお土産にぴったりなUSBは、10個でナント100ドル(約1200円)!

ばらまき用のお土産にぴったりなUSBは、10個でナント100ドル(約1200円)!

油麻地(油麻地)に近いエリアは占いストリートになっています。日本語の話せる占い師さんもいますよ。

油麻地(油麻地)に近いエリアは占いストリートになっています。日本語の話せる占い師さんもいますよ。

若者に人気のエリア、旺角にある女人街はお昼過ぎくらいからオープン。

若者に人気のエリア、旺角にある女人街はお昼過ぎくらいからオープン。

男性物もたくさん売っていますが、やはりメインは女性物。

男性物もたくさん売っていますが、やはりメインは女性物。

こんなカラフルなポーチのほかにも、バッグや靴、アクセサリーや下着なども売っています。

こんなカラフルなポーチのほかにも、バッグや靴、アクセサリーや下着なども売っています。

■男人街(テンプルストリート/廟街)

.
■女人街

.

香港歴史博物館【♪♪】【!!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★★★


「え~!香港に来てまで博物館?」なんてあなどることなかれ!太古の昔から1997年の中国返還までの歴史をはじめ、香港に住む民族の文化などを実物大のジオラマを駆使して紹介しています。これを見るだけでも行く価値あり(笑)!香港好きの人ならなおさら訪れて欲しいスポットです。香港の歴史や文化の変遷を知ることで、また違った角度から香港旅行が楽しめること間違いなし。尖沙咀エリアにあるので、買い物や食事の合間に足を運べるのもポイント。
実物大のジャンクがド~ン!と。近くで触れることもできます。

実物大のジャンクがド~ン!と。近くで触れることもできます。

昔のお店を再現したジオラマも多数。もちろん中にも入れますよ。

昔のお店を再現したジオラマも多数。もちろん中にも入れますよ。

70年代や80年代のお店なども忠実に再現しています。

70年代や80年代のお店なども忠実に再現しています。

香港の歴史を知る上で、日本が香港を占領した事実も見過ごすわけにはいきません。

香港の歴史を知る上で、日本が香港を占領した事実も見過ごすわけにはいきません。

初代のトラムもそのまま展示。2階部分には上がれませんが、1階は自由に入れます。

初代のトラムもそのまま展示。2階部分には上がれませんが、1階は自由に入れます。

ゆったりとした空間で、のんびり見学。

ゆったりとした空間で、のんびり見学。

昔の建物もそのまま移築してあります。

昔の建物もそのまま移築してあります。

香港ブランドの工業品の広告。

香港ブランドの工業品の広告。

香港の歴史で忘れることのできない「返還コーナー」で展示は終了です。

香港の歴史で忘れることのできない「返還コーナー」で展示は終了です。

裕華國貨 :【♪♪】【!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★★☆☆
感動度:★★★★☆


かつては多数存在していた中国系のデパートも、今ではごく数軒を残すのみ。もしかしたら遠い将来、なくなってしまうかも?!それだからこそ、今のうちに訪れておいて欲しい場所w。ただし、ここにセンスや流行を求めてはいけません(笑)。それでもレアな物や笑える物が数多く揃っている上に、地下にはあまり見かけないような食料品や日用品が揃う地味目のスーパーマーケットもあるので、何かしら面白いものが見つかる・・・かも。とは言いながら、ここで販売されている中国工芸品はどれもこれも素晴らしいものばかり!中国の手工芸の技術の高さを改めて感じることができます。

地上階にある薬売り場には、あやしげな商品も多数。それでも何となく効きそうな気がするから不思議w。

地上階にある薬売り場には、あやしげな商品も多数。それでも何となく効きそうな気がするから不思議w。

地下の食料品売り場には、中国食品や台湾食品、健康食品、お茶、ふかひれなどがあります。

地下の食料品売り場には、中国食品や台湾食品、健康食品、お茶、ふかひれなどがあります。

値段も安いので、会社や友達に配るお土産にいかが?

値段も安いので、会社や友達に配るお土産にいかが?

カラフルなポーチや、きれいな刺繍の入ったハンカチ、中国民族工芸品なども揃っています。

カラフルなポーチや、きれいな刺繍の入ったハンカチ、中国民族工芸品なども揃っています。

小物から大きな置物や壺まで、幅広い陶器セレクション。値段もピンキリ。

小物から大きな置物や壺まで、幅広い陶器セレクション。値段もピンキリ。

中国系デパートならではのこんな服もw。旅の記念にどうですか?中華柄のカラフルなシルクスカーフなどもあります。

中国系デパートならではのこんな服もw。旅の記念にどうですか?中華柄のカラフルなシルクスカーフなどもあります。

サムスイポ :【♪】【!!!】

 

 

利便性:★★★★☆
独自性:★★★★☆
感動度:★★★★☆


街全体が問屋!と言っても過言ではない、香港有数の問屋エリア。洋服や生地、ボタン、アクセサリーなどの服飾品をはじめ、コンピュータ製品、デジタル商品などを多く取り扱っています。おまけに隠れたグルメの宝庫でもあるのですが・・・しかし思わず身を引いてしまうほどの超ディープな下町感は、初心者向けというよりは香港に何度も来ている中級者以上向け。さらに昼間の顔もさることながら、地下鉄の終電が終わる頃から開催されるガラクタ市はまさにアングラの極みw!ただし安全とは言いがたいので、夜中の散策はお勧めはしません。

長沙湾道の両側には、既成の洋服を売る店が並んでいます。流行を意識したこんなお店も。

長沙湾道の両側には、既成の洋服を売る店が並んでいます。流行を意識したこんなお店も。

驚くのはその値段の安さ!普通の店で買うのが馬鹿らしくなるほど安いです。

驚くのはその値段の安さ!普通の店で買うのが馬鹿らしくなるほど安いです。

1着20ドル(約250円)くらいからあります。100ドルもあればトータルコーディネートも可能???

1着20ドル(約250円)くらいからあります。100ドルもあればトータルコーディネートも可能???

ほとんどは女性服が専門ですが、わずかながらメンズの店もありますよ。

ほとんどは女性服が専門ですが、わずかながらメンズの店もありますよ。

生地を取り扱う店も軒を連ねています。店頭にある生地サンプルはご自由に。

生地を取り扱う店も軒を連ねています。店頭にある生地サンプルはご自由に。

リボンやビーズ、ボタン、金具、レースなどなど、服飾に関するものなら何でも揃います。見るだけでもワクワク。

リボンやビーズ、ボタン、金具、レースなどなど、服飾に関するものなら何でも揃います。見るだけでもワクワク。

安いのは服飾だけではありません。サムスイポは元祖コンピュータセンターが登場した街。日本より断然安い!

安いのは服飾だけではありません。サムスイポは元祖コンピュータセンターが登場した街。日本より断然安い!

ビルだけでなく、露店もたくさん。こちらは電気コードだけを取り扱ってる屋台。

ビルだけでなく、露店もたくさん。こちらは電気コードだけを取り扱ってる屋台。

AKBショップも入っている西九龍センター。見た目はおしゃれっぽいですが(?)中は小さな店がごちゃごちゃ入って超ローカルw。

AKBショップも入っている西九龍センター。見た目はおしゃれっぽいですが(?)中は小さな店がごちゃごちゃ入って超ローカルw。

.

廣東道(カントン・ロード) :【♪♪♪】【!!!】

利便性:★★★★★
独自性:★★☆☆☆
感動度:★★☆☆☆


買い物好きにはたまらない、尖沙咀の五番街(?)。道に沿って立ち並ぶ高級ブランド店の大型店舗の数々、1日かけても回りきれないくらい巨大なショッピングセンターのハーバーシティ、そして免税店のDFSショッパーズ、H&Mなどショッピングには欠かせないエリア。MTR尖沙咀駅からも直結しているので、雨の日でも楽々アクセスできるのもポイントです。

ズラリと並んだ有名ブランド店は圧巻!

ズラリと並んだ有名ブランド店は圧巻!

旗艦店が多く、店舗も超大型。

旗艦店が多く、店舗も超大型。

大抵の有名ブランドならほとんど揃っています。

大抵の有名ブランドならほとんど揃っています。

ツアーの場合お世話になることが多いDFSショッパーズも廣東道沿い。

ツアーの場合お世話になることが多いDFSショッパーズも廣東道沿い。

日本でも人気のH&Mもありますよ。

日本でも人気のH&Mもありますよ。

1881ヘリテージは買い物目的でなくても足を踏み入れたいスポット。

1881ヘリテージは買い物目的でなくても足を踏み入れたいスポット。

巨大ショッピングセンターのハーバーシティは、迷子になるほどの広さ!

巨大ショッピングセンターのハーバーシティは、迷子になるほどの広さ!

中に入っている店舗数も数百!(見づらくてすいませんw)。

中に入っている店舗数も数百!(見づらくてすいませんw)。

日本資本の高級スーパーやフードコートもあります。

日本資本の高級スーパーやフードコートもあります。

.

美荷樓生活館 :【♪♪】【!!!】

利便性:★★★☆☆
独自性:★★★★★
感動度:★★★★★

2013年10月にオープンしたばかりのスポット。昔の公団をホテルに改装した際、その公団の歴史を後世に伝える目的でいくつかの部屋を当時のまま残してプチ博物館に。部屋だけでなく、当時使っていた家具や小物、電気製品、調理器具、そして共同トイレまで(!)そのままの形で展示してあり、50年代、60年代、70年代の公団での生活を垣間見ることができます。入場料が無料とは思えないほどの完成度と充実度は、一見の価値あり!

昔ながらのレコードやパジャマ、広告、小物などをアート風に展示。

昔ながらのレコードやパジャマ、広告、小物などをアート風に展示。

当時の部屋を再現。住宅事情の悪さは今も昔も同じ?!

当時の部屋を再現。住宅事情の悪さは今も昔も同じ?!

改装前の部屋を現状のまま保存した展示コーナー。さりげなく置かれた小物は興味深いものばかり。

改装前の部屋を現状のまま保存した展示コーナー。さりげなく置かれた小物は興味深いものばかり。

いろいろな部屋をミニチュアで再現したコーナーもあります。

いろいろな部屋をミニチュアで再現したコーナーもあります。

併設されているギフトショップ内にもさりげなくアンティークが飾られています。センスが光るオリジナルグッズも多数。

併設されているギフトショップ内にもさりげなくアンティークが飾られています。センスが光るオリジナルグッズも多数。

見学の後は、お茶や食事も楽しめる、気持ちいいい空間のレトロ風カフェでひと休み。

見学の後は、お茶や食事も楽しめる、気持ちいいい空間のレトロ風カフェでひと休み。

.

いかがでしたか?
中には、「そんな場所は何度も行ってるよ!」とか、「何をいまさら」とかっていうスポットもあったかもしれませんが、長年香港に住んでいるナビでさえ、何度訪れても素晴らしいと感じるスポット、また何度見ても飽きない景色があります。そんな場所も含めて、香港に来たらぜひ訪れて欲しいスポットを紹介させてもらいました。次回、香港旅行の際の参考になればナビ冥利に尽きます(笑)。

以上、香港ナビがお伝えしました。

その他情報

■2015年11月12日
スター・オブ・アベニューおよび香港藝術館は改修のため開放していません。
再開はいずれも2018年以降を予定しています。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-11-14

ページTOPへ▲

その他の記事を見る