スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法

旅行の醍醐味は『街ブラ』。香港のどの辺りをブラブラすればギュッと香港を満喫できるのか?そんな初心者にも、勿論香港在住者にもお薦めの上環(ションワン)から中環(セントラル)までのブラブラ歩き方。

こんにちは、香港ナビです。海外旅行をゆったり楽しむ最高の方法は、街をブラブラ『街ブラ』ではないでしょうか?香港は、2泊3日、3泊4日かなり短期間での旅行が主流。短い滞在でも『街ブラ』できっと香港を満喫できるはず。しかし、どの辺りを『街ブラ』するは、かなり重要ですよね。今日、ご紹介するお薦めエリアは、上環(ションワン)から中環(セントラル)。上環(ションワン)の地元感満開のエリアから、中環(セントラル)の超高級・金融エリアまでをお伝えします。目印にコンビニよりも支店数が多いのでは?香港上海銀行(以下、HSBCと表示)の支店を盛り込みながら進んでいきましょう。地下鉄(MTR)を拠点にブラブラしますので、まずオクトパスカードを手に入れましょう。
ちなみに、赤と白を基調にし白い蝶ネクタイのようなこのマークが、目印のHSBC看板です。ここで少しHSBC豆知識。香港上海銀行、略称は英語でHSBC、中国語で滙豐銀行。イギリスの金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行で、 香港に本店を置き、チャーターバンク、中國銀行と合わせて香港ドル発券銀行の1つです。HSBCグループは、ロンドン、香港、ニューヨー ク、パリ、バミューダの証券取引所に上場し、時価総額規模では、アメリカのシティグループ、バンク・オブ・アメリカに次ぎ世界第3位(ヨーロッパでは第1 位)に君臨しております。残念ながら日本には支店がありません。

上環(ションワン)駅からスタート!

文華里(マンワーレーン)

文華里(マンワーレーン)

地下鉄(MTR)港島ライン(青ライン)の上環(ションワン)駅がスタート地点です。駅には、数カ所出口がありますが、A2出口を出た辺りから。この辺りをブラブラするだけでも、もう地元感がグッと伝わってきます。駅を出てすぐに文華里(マンワーレーン)は、早ければ即日受け渡し可能の最速判子屋がぎっしり店を構えています。お土産にいかがでしょうか?50Mほどのこの通りを抜けると目印のHSBCのBonham Strand 支店があります。HSBC向かい側には、オシャレで素敵な飲食店が軒を連ねています。
HSBCの向かい側には、飲食店

HSBCの向かい側には、飲食店

オシャレなカフェ

オシャレなカフェ

素敵なお店

素敵なお店

永吉街(ウインカッツストリート)


駅周辺を南へ東へになりますが、こちら永吉街(ウインカッツストリート)は、九龍サイドの女人を更にぎゅっと凝縮した感じの衣類・アクセサリーの問屋街。勿論香港人は、固い事は言いません。だれでも、小売りから対応してくれます。安くてキッチュなものが、きっと見つかります。またまたお土産になるもの発見ですね。と、またこちらにも、HSBCの128 Queen’s road central 支店があります。この距離で既に2件目のHSBC。それも新たな驚きです。
ビルとビルの谷間にテント村

ビルとビルの谷間にテント村

もちろん、男性も楽めます

もちろん、男性も楽めます

こちらの支店のATMは並び易い屋外

こちらの支店のATMは並び易い屋外

.

荷李活道(ハリウッドロード)の先端目指して!


上環駅(ションワン)付近を散策し終わったら、一路上環(ションワン)と西營盤(サイイップン)の境界エリア=荷李活道(ハリウッドロード)のスタート地点、今ひそかに注目のおしゃれエリアに格上げ中。そこへ向かうまでの路地にも素敵なカフェや、飲食店が目白押し。このあたりは、雑多な雰囲気で、庶民的なのが特徴です。そしてまたもよ、HSBC発見です。こちらは、ATMのみですが急な出金時に便利です。
おしゃれカフェここにも!

おしゃれカフェここにも!

ごちゃごちゃ感がいい

ごちゃごちゃ感がいい

クーイーンズロード西に到着

クーイーンズロード西に到着

イタリアン

イタリアン

パン屋さん

パン屋さん

オーガニック レストラン

オーガニック レストラン

シックなお店も!

シックなお店も!

金物屋さんも!

金物屋さんも!

ケーキ屋さん!

ケーキ屋さん!

ATM機だけのHSBCです。

ATM機だけのHSBCです。

大きな看板が目印でしょ。

大きな看板が目印でしょ。

.

カフェと時計?!「HULACAMP」

荷李活道(ハリウッドロード)のスタート地点に最近できた、カフェを併設する時計ショップ。なかなかユニークなコンビネーション。それもそのはず、オーナーは、香港の業界屈指のビジネスマン・パキスタン人のザファーさん。日本の新しいものに目のない彼が手がけるビジネスが遊び心満載でここに集結しています。お店の広さに負けない、品揃え。メインは、カシオの時計とハリオガラスです。それが違和感なく1店舗に融合しています。彼のショールームは、この先の楽古道(ロックーロード)や尖沙咀東(チムサーチョイイースト)にもあります。日本のブランドなのに、日本で手に入りにくい限定モデルがここには、ずらり。日本にない日本を楽しんでみて。
巨大店内に時計・時計!

巨大店内に時計・時計!

ハリオガラスでコーヒータイム

ハリオガラスでコーヒータイム

金ぴか限定モデル?!

金ぴか限定モデル?!

スタートにふさわしく”新街”(ニューストリート)から!


荷李活道(ハリウッドロード)に対して平行に細い新街(ニュースストリー)があります。こちらは、ギャラリーからレストラン、アンティーク家具やまでそろう隠れ家スポット。セントラルの高級志向な方は、歩ける距離ながらここまで足を伸ばしてきません。ですからリーズナブルでアットホーム、そしてお宝がある香りがしてきます。アンティーク家具の"CHEN MI JI "は、以前湾仔(ワンチャイ)の星街(スターストリート)付近にお店を構えてましたが、先人を切ってこの新街(ニューストリート)にやってきました。
CHEN MI JI

CHEN MI JI

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン 香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン
ギャラリー併設の素敵レストラン

ギャラリー併設の素敵レストラン

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン 香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン

新街(ニューストリート)と普仁街(ポーヤンストリート)の交差点エリア


新街(ニュースストリート)から進み、普仁街(ポーヤンストリート)に入った交差点。交差点といっても車が往来するような交差点ではないのですが、360度見渡しても楽しい景色が広がります。交差点の角という角に違ったお店が。そのまま進行方向をみれば、お寺らしきものが数件。山側には、のどかな風景も望めます。
お寺らしきものが・・・

お寺らしきものが・・・

え?判子屋を装ったBAR?

え?判子屋を装ったBAR?

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン
右に左にお寺が。

右に左にお寺が。

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン 香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン

太山街(タイペンサンストリート)


新街(ニュースストリート)と普仁街(ポーヤンストリート)の交差点から太平山街(タイペンサンストリート)に進みます。いわずと知れた、ソーホーSOHOエリア発祥の地。South of Hollywood road =サウス オブ ハリウッドロードの略式です。ただ、このあたりの、家賃の高騰で路面店の入れ替わりは激しさを増しています。ここにご紹介するお店も永く営業が続いてくれるといいのですが。土日には、観光客だけでなく香港人のデートスポットしても賑わいが健在。
道路に向かったカウンター席

道路に向かったカウンター席

シンプルな外観

シンプルな外観

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン
.

壁面アートを探してみては?!


太平山道(タイペンサンストリート)の脇道の壁には、アーティーストが描いたのでしょう?お店の人がデコレーションしたのか?斬新で、面白いモチーフのアートがたくさん。通りぬけてしまうだけではもったいない路地アートが満開。旅行で時間に追われることのない街ブラなら、ゆっくり鑑賞できるのでは?いつ消されてしまうか、なくたってしまうわ分からないのを覚悟で描いたアートたちを、写真に心に焼き付けてみてはいかがでしょうか?それは、香港という中華圏のど真ん中にいることすら忘れさせてくれます。

続いて、必列者士街(ブリッジエス ストリート)


太平山道(タイペンサンストリート)は、進んでいくうちに、この必列者士街(ブリッジエス ストリート)につながっていきます。古い建物や、学校が並び、映画の撮影などにもよく使われる地区。車の交通量も少ないので、リラックスしたぶらぶら街歩きがこの辺できるナンバー1ではないでしょうか。この通りは、更に士丹頓街(スタントンストリート)へつながり、2014年に開業した、PMQを楽しめちゃいます。PMQは、食事から、ショッピングまでなんでもござれですので、疲れた時にも休憩場所にお薦めです。
プライベートハウス!オシャレ!

プライベートハウス!オシャレ!

学校のカラーも、ここならでは。

学校のカラーも、ここならでは。

街灯の下に、お薬?

街灯の下に、お薬?

絶好の写真スポット

絶好の写真スポット

アンティーク店!

アンティーク店!

オープンスタイルのレストラン!

オープンスタイルのレストラン!

これが、PMG!

これが、PMG!

香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン 香港の上環から中環(セントラル)のお薦め街ブラ法 上環 中環 セントラルションワン

街のあちこちアート気分!


先ほどの壁面アートは、どう見てもアーティストの仕業?こちらは、そんなつもりはないけど、見ようによればアートです。なんだかお洒落にみえません?マンションのポストに無造作に張られたステッカー、改装工事の店舗の壁に貼られたポスター、日本の色とはちがい、すべてが主張しようとし、ごちゃ混ぜのなかにちらりと輝くセンスが。これが香港の魅力なんだろうなと、私自身も再認識。

続いて中環(セントラル)地区に突入!

士丹頓街(スタントンストリート)、この辺りからすでに地名は中環(セントラル)になっています。旅行雑誌などに多く取り上げられて、有名店も多いのでご存知の方も多いかもしれませんね。士丹頓街(スタントンストリート)から嘉咸街(グラハムストリート)へと下ってみましょう。下った先は、荷李活道(ハリウッドロード)です。もう少しでこの荷李活道(ハリウッドロード)も名前が(ウィンダムストリート)に変わります。ということで、荷李活道(ハリウッドロード)を端から端まで散策したことになりました。有名なエッグタルトや、ミルクティー片手に散策を続けては?そして、勿論ここにもHSBCがありました。小さい支店ながらATM機もいつも、かなり込みあいますので、利用の際は、身の回りには、ご注意を。
フレンチなインテリア

フレンチなインテリア

ペーパーショップ!

ペーパーショップ!

有名ウィエディングドレス店!

有名ウィエディングドレス店!

日系鞄店!

日系鞄店!

GOD

GOD

アメリカンテイストのキャンディー屋!

アメリカンテイストのキャンディー屋!

行列のエッグタルト

行列のエッグタルト

行列のミルクティー

行列のミルクティー

そして、HSBC

そして、HSBC

下って下って、中環(セントラル)ど真ん中へ!

ここからは、どんどん下って中環(セントラル)でもさらに中心を目指します。この辺りから、なにやら道行く人もビシッとスーツの人が増えます。世界有数の金融街でもあり、高級ブランドはここにくればなんでも手に入る、それが中環(セントラル)。しかし、香港は狭い場所で、他民族、生活をうまく共にしています、怖気づくことなく散策をぶらぶら。『街ブラ』でここまで幅の効いた香港の顔を体験できるのも、このコースだから。そして、中環(セントラル)駅を越えて、少し東へ進みます。見上げれば必ず見つかるHSBC本店を最終地点にしてみましょう。進行方向にそびえる建物を目指せば絶対道に迷うことはないはず!
エスカレータ下

エスカレータ下

オープンバーのある商業ビル

オープンバーのある商業ビル

有名中華!

有名中華!

威靈頓街

威靈頓街

安蘭街

安蘭街

皇后大道中

皇后大道中

有名ブランドが増えてきます

有名ブランドが増えてきます

有名セレクトショップ

有名セレクトショップ

こちらも、有名セレクトショップ

こちらも、有名セレクトショップ

中環(セントラル)にもオアシスが!


HSBC本店に進む、皇后大道中(クイーンズロードセントラル)には以外にオアシス的な空間、緑の茂るエリアがあります。香港政府関係の建物や、最高裁判所、セントジョーン教会などもあり、本当に小さな場所でのさまざまな共存がなされていることが感じられます。HSBCの正面向かい側にも、地下鉄中環(セントラル0駅K出口に隣接して、旧立法会ビルや、ステートスクエアーがあり、憩い・政府・金融街が入り混じった高級感と、緊張感そして、オアシスの融合エリアで散策を締めくくります。
雪廠街

雪廠街

炮台里

炮台里

中環にジャングル!

中環にジャングル!

ステートスクエアー

ステートスクエアー

HSBC本店の獅子

HSBC本店の獅子

これがHSBC!

これがHSBC!


いかがでしたか?上環(ションワン)から中環(セントラル)まで、このコースをゆっくり・ぶらぶら散策すると、1日・2日でも楽しめるかもしれません。勿論いろんなポイントをつまみ食いしながらだと数時間にでもアレンジできます。道に迷うような複雑なルートでもありませんので、ガイドブックはカバンに入れてしまい『街ブラ』をお勧めします。地下鉄では一駅だけですが、香港のほかのどこにもない庶民的から超高級を味わうのには最適。今回散策しつくせなければ、また次回。そして次回の散策時には、きっとまた新たな発見がある回転の速い香港も楽しめます。今日は、それでも歩き過ぎた感じ。ゆっくりお休みください。以上香港ナビでした。
関連タグ:上環中環セントラルションワン

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-12-18

ページTOPへ▲

その他の記事を見る